「ほっ」と。キャンペーン

『ウミウシ 不思議ないきもの』 今本淳撮影・文(二見書房)

巻き貝の一種だが、模様と形状が複雑で、変異体が多く、しかも小さくて、種類も豊富。その色鮮やかさ、美しさから「海の宝石」とも呼ばれる―それがウミウシです。へんなやつ、でも、美しい。日本で初めての写真集。 (Amazon.jp)


というわけで、これがウミウシです。
じゃん。
d0075857_22413737.jpg


いかがですか。
色がとても美しいでしょう。
でもって、形がすんごく、かわいいでしょう!!?(←無理矢理「うん」言わせる顔で)

撮影した著者の方は、生まれも育ちも神奈川県なのにウミウシに惚れて奄美大島へ移住されたとか。
世界に2000種類もいるというウミウシは日本に1200種、つまり半分以上が日本の領海にいるということですね。
1999年にフルカラーのウミウシ図鑑が紹介されるまで、日本では知らない人の方が多かったとのことです。
かく言うわたくし、中学生のころからウミウシスキーだったことははっきりしているのですが(あんまり好きでマンガ描いたりしてましたが、あれどこへ行ったのかな…)、そう言えばなんでウミウシを知ったのか、覚えておりません。

この写真集では、日本の1200種ものウミウシたちの中から101種類をすべてカラーで紹介されていて、ながめているだけでうっとりするような美しい色彩と、おっかしな形に、もう、なごみになごみます。
うーん、かわいいなあ。

そんなに好きだったくせに何も知らなかったのですが、ウミウシは巻き貝の仲間で、貝殻を持たないいわば「裸の巻き貝」だそうです。
クリオネもアメフラシ(この名前もいいですよねえ…vvvv ちょっと妖怪っぽい名前だけど。)も仲間だそうですが、『ウはウミウシのウ』の宮田珠己さんによれば、アメフラシはウミウシとは厳格に分けたいヤツなんだそうですよ。

表紙のウミウシ以外にも、もっとたくさん、もっとかわいいウミウシが紹介されていますので、興味のある方はぜひお手にとってご覧下さい。
この写真集はお値段も手頃です。
最近ウミウシ写真集ラッシュのようで、お高いめの写真集も出ています。
今、あまぞんさんを見たら、DVDも出ているんですね! ほしいなあ…。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10059377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by n_umigame | 2009-08-02 22:57 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧