*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

1935年 デューセンバーグ・モデルJ 限定版(ミニカーのおはなし)

以前からちょっぴり欲しかった、フランクリン・ミント社のミニチュア・カー。

ミニチュアの世界は奥が深く、マニアもたくさんいらっしゃるでしょうし、「きれいだなあ」とか「かっこいいなあ」とかその程度のことしかわからないのですが、このフランクリン・ミント社の製品は、そんなど素人のわたくしが見ても、どれも見ているだけでうっとりするような精巧さです。

中でも、エラリイ・クイーン(探偵)の愛車、デューセンバーグのミニチュアがなかなかなくて、あってもちゃちかったりで、しばらくフランクリン・ミント社でも在庫がなかったようで残念に思っておりました。

ら。
「1933年型 デューセンバーグ・トゥエンティー・グランド」「1935年 デューセンバーグ・モデルJ 限定版」がいつのまにやら在庫が有りになっているではありませんか。

エラリイの車は1928年型の中古車ということになっていますが、申し訳程度の幌がついているそうなので、どちらかというと後者に近いデザインなのでしょうか。
「トゥエンティー・グランド」のほうもすごいですね…これは自分で運転する車ではないというか、運転手くらいいないとダメなお家の車という感じですね。

欲しいなあ…欲しいけれども、お値段が……。
「ちょっぴり」欲しい程度の人間が買うお値段じゃありませんよね。

ウサビッチのモスクビッチのプルバック・トイの隣に並べてみたい気が猛烈にしていますが、いやいやいや…。
これだけあったらとりあえず調子の悪い炊飯器(9800えんだった)を買い換えることができるのだよ、わたしよ。

「買いましたよ、イエーv」という方、見せてください!!
[PR]
by n_umigame | 2009-08-10 20:08 | *ellery queen* | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10088478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。