*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『さらば愛しき女よ』 レイモンド・チャンドラー著/清水俊二訳(ハヤカワミステリ文庫)早川書房

前科者大鹿マロイは、出所したその足で以前別れた女を捜し始めたが、またもや殺人を犯してしまった。たまたま居合せた私立探偵マーロウは、警察に調べられる。その後彼はある事件を依頼された……。全篇に流れるリリシズムとスリルと非情な眼は、既に探偵小説の域を超え独自の世界を創り上げている。(早川書房HPより)


今さら改めて感想を書くのも気が引けますが、久しぶりにチャンドラーを読んだので。

読了後思い出し笑いを禁じ得ず思ったことは、「フィリップ・マーロウてこんなにおもしろい(笑える意味で)キャラクターだったっけ???」…でした。
ダンディで貧乏でやせ我慢の代名詞みたいに言われていますが、貧乏でやせ我慢で口から先に生まれた男、という印象を新たにしましたね。(あれ? 何か抜けた?)

よくよく後ろ頭の頑丈な人だと思っていましたが、マーロウ…こんなに弱かったっけ? 
あと、「ここで泣くぞ」はどういった持ち芸なんですかと思いつつ、本当に笑いました(笑)。2回も使ってますよね、女性に対しても男性に対しても。
チャンドラーの初読は清水訳『長いお別れ』だったので、やはり多少マーロウのキャラクターが変わったのかもしれません。

ハードボイルド御三家のうち、ハメットとは1冊だけで、それが何だかキャラクターが全員品性下劣というか、どうにも好きになれず「あなたとの関係はなかったことに」となってしまいました。ハメットの文章は翻訳を通しても生臭さを感じます。(なぜだか思い出したのは黒岩重吾でした。生臭ーい…。)
そのあとはロス・マクドナルドがおもしろく、本格ミステリファンの中にはロスマクのファンもけっこう多いようで、ハードボイルドの中では何か相通ずるものがあるのかもしれません。

出版社の紹介文にあるような「非情」と言うよりは、マーロウはむしろ感傷的で感情的で、損得だけで言うと何の得にもならないような、けれども自分が良しとする道、自分がこれしか納得できないという道を、一人で進んでいきます。本格ミステリの「名探偵」の方が、よほど(時には情緒に障害でもあるんじゃないのと思うほど)非情なキャラクターが多いように思います。非情と言って語弊があるなら酷薄と言い換えてもいいかしれません。
本格ミステリは人間が駒で良いという人もいるので、人としてどーなのというようなキャラクターが何様かと思うような振る舞いをしていても気にならない人もいるのでしょうが、それが気になるわたくしのような者にとっては、ハードボイルドの方が”文学”に近い、という主張も一理あると思ってしまいます。
裏を返せば、「だからどうした」ということで、本格ミステリはあのバカバカしさ(←褒めてます)が良いので、そこにエンタテインメント魂がこれでもかと発揮されている限りにおいて、これはこれでわたくしは大好きです。

一人称で書かれる形式にも因るのかもしれませんが、主人公が物語世界全体を見る「カメラ・アイ」のような役割をしていて、マーロウの見ている1930年代から1940年代のロサンゼルスの街の風景、与太者、乱暴者、前科持ち、汚職まみれの警官、そんな中でも孤高を保つ警官、カネに弱い女、カンタンにマーロウに惚れる女(笑)、などなどが、流れる風景のように登場しては消えていきます。
ロス・マクドナルドのリュウ・アーチャーの方が極端ですが、だんだん「ホントにそこにいるの?」という感じに。

なので、さすがにこういう作品ばかり立て続けに読むと飽きそうだなあと思いましたが、久しぶりに半分酔って車窓から夜の街をながめるような、そんな読書で気持ちが良かったです。
やっぱりいいです清水訳。(って村上訳は未読ですが)


ところで、チャンドラーのファンのことを「チャンドラリアン」と言うのだそうですね。
初耳です。
なんか、インド料理店の名前みたい思いました。(すまん)

そして「ニンテンドーDSで“超名作推理アドベンチャー”としてゲーム化」されたんですってね。
「推理」でも「アドベンチャー」でもないだろうという気がするのですが、どうだろう。
[PR]
by n_umigame | 2009-08-20 22:48 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10119727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。