*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

内田樹さんの『レヴィ=ストロース追悼』

追悼文なのに、こんなに笑っていいのだろーか……というくらい笑ってしまいました。

レヴィ=ストロースの訃報を先日新聞で目にした際、必ず内田樹さんが何かブログにお書きになるだろうと思っていたら…(笑)。

興味のある方は、ぜひご一読ください。
でも、大声で笑えるところでね?(笑)

「追悼レヴィ=ストロース」(内田樹さんのブログに飛びます)

世界には、陳腐に響きがちだけれども、やはり「知の巨人」と呼ぶべき人が過去にいた、ということを、本を読んだり人のお話を聞いているときに、つくづく思うことがあります。

それは、トリビアを嬉々として垂れ流すメッキの「物知り」や、「ただ理屈をこねて人をへこませるのが上手いだけ」の人とは、まるっきり次元の違うところに存在する「知性」であろうことは想像がつくのですが、いかんせん、自分がその「知性」を理解できるほどの知性がないため、その「知性」に感応できる「知性」の持ち主であるというだけでもとてもうらやましいです。

内田樹さんの愉快な想像どおりの「けっこうヤなヤツ」だったかもしれませんけれどもね?(笑)
そして、そのような「強烈な自我」が育つ土壌なのでしょうね、フランスというお国は。
[PR]
by n_umigame | 2009-11-08 16:32 | 日々。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10431924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。