*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『王立警察 ニコラ・ル・フロック』#4「ブラン・マントー通りの謎 : 後編」

L'énigme des Blancs-Mateaux 2ème partie

ラルダン失踪事件の捜査中にニコラが命を狙われたことから、サルティンヌは観念し、事件の背景をようやく説明する。ラルダンはフランスの存亡に関わるほど重要な王の手紙を横領していたというのだ。あらためてニコラには、迅速かつ極秘に手紙を奪還する命令が下されるが…。(AXNミステリー)



つめこみすぎじゃないかなあ…というのが、見終わった感想でした。

まあ原作があんなに分厚いということはありますが、原作にあったニコラと侯爵の娘さんとのエピソードなどは全部省かれているわけなので、やっぱり、物理的に時間が足りないのではないかという印象です。
せっかくだから3回くらいに分けてもよかったかもしれませんね。

原作とドラマとが前後しているので、やはり回を重ねるとキャラクターのドラマの部分ももう少し期待していたのですが、プロットを破綻させないように事件を解決するだけでいっぱいいっぱい!という感じでした。
もったいないー。

本国では製作済み(?)の、続編の放送も期待しております!

いやー…それにしても、今回は、やばかったですね、ニコラの脚が。(そこなのか)
何ですか、その、きれいな脚。
皆さん、びっくりなさいませんでしたか。そんなスケベはあんただけです。そうですか。ごめんなさい。
あの衣装はああなっているんですねえ。お勉強になるな。
ヨーロッパのドラマって、このあたりのことは確信犯なのか、それともまったく気にしていないのか、やっぱりアメリカのドラマと同様のシーンがあっても受ける印象が違って、あざとさは感じないのですが、心臓に悪いですよドキドキ。
えーと、あのシーンはもしかして、はいてな(以下自粛)。

下着は日本人男性は飛鳥時代からはいていたらしいので、ある意味、ニッポン男児は世界のモードの最先端ですよ。下着だけだけど。(しかも正確に表現すると褌だけど)これについては詳しくは司馬遼太郎さんと陳舜臣さんの愉快な対談集をお読み下さい。

それから、イギリスなどの歴史ものより、子どもを描く視線が優しい印象を受けます。

ノーブルクールの評したとおり、セマギュスは「恋愛には全速力で走る男」でしたね。
メグレ警視ものとか読んでいて、何度読んでもよくわからないのが、フランスの人の恋愛観です。(ラポワントとか)(いや日本人の恋愛観だってわかっているわけではないけれども。)

ニコラがまっすぐ下宿先に帰らないからどこへ行くのかと思っていたら、「彼女」の所でしたね。
「あした拷問しなくちゃならないんだ。自分を弟のように思ってくれてる人なのに……(しょぼーん)」なニコラがとても可愛かったです。
まったく、4回も見ていて、毎回毎回その感想しかないのかという感じですが、可愛いとしか言いようが。
「彼女」も回を重ねるたびにおもしろキャラになってきていたのに、中途半端な感じでドラマが終わってしまって残念です。
やっぱり、次回に期待ですね!
[PR]
by n_umigame | 2009-12-03 21:01 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10521771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 縁側昼寝犬 at 2010-01-06 23:35 x
初めまして。「ニコラ・ル・フロック」つながりで飛んできました。^^
私も久々にぽこんとこのドラマにはまってしまいまして、今、この熱意を飛ばさないように他のドラマは対極にあるものだけにしています。ベルバラも一時は考えましたが、自粛しました。(考えることは皆同じ…)
取り敢えずは公式サイトを見に行って、ブログにメイキングビデオがいくつもあるので、日本からカウンターをがつがつ回しております。特に私が気に入ったのは26/10/09の冒頭でブルドーさんとセマギュース先生が休憩中で何やらお話している様子。しかしブルドーさんはあのズラに黒いグラサン、セマギュース先生のこめかみにはピンがあるというなんじゃこの絵は、でした。
今年は原作本の第3巻も翻訳されますし、あとはシーズン2を待つばかり!  待ち遠しいですねっ!!!
Commented by n_umigame at 2010-01-07 23:51
縁側昼寝犬さま
コメントありがとうございます。
瞬時になごむステキなハンドル・ネームでいらっしゃいますね(=^▽^=)
このドラマおもしろいですよね!続編が本当に楽しみな作品です。わたくしもこの渇きを少しでも癒やそうと本国の公式HPをストーキングしております。うふふ。HPもステキですよね~。
ブルドーetセマギュスのそんなおもしろツーショットがあったとは…ブログはノーマークだったので、見に行きますね!
邦訳3作目情報もありがとうございます!もう来月出るんですね!走って買いに行かねばo(^-^)o