*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『こまねこのクリスマス : 迷子になったプレゼント』(2009)

山の上のおうちにおじいと暮らすこまちゃんは、
ものづくりが大好きなこねこの女の子。
クリスマスにパパとママに会えるのを
楽しみにしていたこまちゃんのもとに、
2人からちょっと早いプレゼントが届きます。
かわいいお人形に大喜びのこまちゃんでしたが、
そこには「クリスマスには帰れない」と
書かれた手紙も同封されていました。
すっかり元気をなくしたこまちゃんに、
友達の発明少年ラジボーがある提案を持ちかけて・・・。(公式HP)


大阪でも公開されているのですが、結局予約していたDVDが先に届いてしまい、もちろん、我慢できずに見てしまいましたとさ。

せっかくのクリスマスなのに、今回のこまちゃんには悲しいクリスマスです。
おかげでこまちゃんが何度も泣くシーンがあるのですが、ふつうの表情のときもこまちゃんってちょっとさみしそうな顔じゃないですか?
そんなこまちゃんが声を殺して泣くシーンとか、合田監督、反則ですよー!! 
はー、かわいかったvvvvvv

届いたその日に本編のみならず、合田監督とアニメーターの峰岸さんのコメンタリーもコンテも特典映像は全部見てしまいました。
それでも1時間半もないくらいの長さです。

ものがたりはあっさりめで、物足りないと思われる方もあるかもしれませんが、これはあれですよ、「エンドクレジットが終わるまで席を立たないでください」ものです!

↓以下、ネタバレです!(@DVD。DVD未見の方もご注意ください。)








コメンタリーで峰岸さんにもつっこまれていましたが、「これで終わり?」「熱出して終わりってことはないでしょー」と思った方も多かったのではないでしょうか(笑)。

前作の「ほんとうのともだち」に比べると、お話の完成度という点ではやはり、今回の方があっさりぎみでした。

ただ、これだけ凝ったものを作る合田監督とそのチームですから、時間がなかったとか、そういう理由でこうなったわけではなく、やはり「こういうお話」なんだと思います。
本編で語られなかった部分、こまちゃんとパパとママの再会はどうなったのか、とか、クマの子くんはあのプレゼントはもらったものではなくて実は…とか、いろいろと細かいところが全部エンドクレジットでオチてるのがすごいなーと感心しました。
最近の映画とかドラマとか、小説でもそう思うことが多いのですが、「説明しすぎ」です。
想像の余地がないとおもしろくない、むしろ、わざと描かれない部分があると、「それは見た(読んだ)方が好きに想像していいってことですね、ラジャー!!」と、わたくしなどはかえって興奮するのですが(それもどうか)、全部説明してもらわないと気が済まないという観客が増えているのかもしれませんね。
(「わざと描かなかった」のではなくて、いろいろ力及ばずプロットが破綻したとかいうのは別ですが(笑))

こまちゃんが泣くところもきゅーんと来ましたが、さらにきゅぅううんと来たのは、ラジボーが泣くところですね。
こまちゃんのためにパパとママのところへ連れていってあげよう! と思ってがんばったのに、そりカー(と呼ばれていたらしい)が故障して止まってしまって、そりゃあ、男の子としてくやしいよね!! 女の子になぐさめられると、さらに悲しいよね!! うんうん!! という感じで。
「え、ラジボーとこまちゃんって友達じゃないの?」わたくしもそう思っておりましたが、やっぱりこまちゃんにチョコもらうとものごっつうれしかったみたいなんで(笑)。(@ショートショート「バレンタイン」)(てゆうか、子どもやがな)
おかげでステキなものを二人で見ることができたから、よかったね、なのですが。


ひとつだけ不満を言わせていただけるなら、合田監督がお好きそうな「あなた、「何」ですか」というキャラが出てこなかったことですかねー。どーもくんとか、前回のイエティみたいな(笑)。

あ、あと、あの雪の中から一瞬だけ出てくるあのうさぎさん、もしかして、うさじ……?? メガネの色が違うので別人かもしれませんが。


*追記
ラジボーがドライバーをくるくる回しているのを見て、プーチンがスパナをくるくる回すところを思い出し、また『ウサビッチ』シーズン2を通しで見てしまいました…。
[PR]
by n_umigame | 2009-12-06 17:01 | 映画・海外ドラマ | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10531015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from うさぎの昼寝 at 2009-12-08 23:12
タイトル : 映画「こまねこのクリスマス」
 クリスマスに両親と会えるのを楽しみにしていたこまちゃん。しかしクリスマス前に両親からプレゼントが届く。2人に会えないと知ったこまちゃんは、プレゼントを投げつけ、部屋で泣きくれる。  落ち込むこまち...... more
Commented by atsuko at 2009-12-06 23:52 x
こんばんは〜

さすがニセミさま、鋭い考察が!
確かにこの映画はエンディングまで見ないと落ち着かない映画ですよね。
セリフがないので余計な台詞がないだけに、気持ちが伝わってくるというか…。こまちゃんが人形を投げつけるシーンだけでなく、こまちゃんの背中にまで語らせているところがスゴイと思います。
私も不満をいうなら…あっという間に本編が終わってしまうことですね〜。おかげで何度も繰り返してみられるのですけど(笑)
Commented by n_umigame at 2009-12-07 20:23
平さん、こんばんは!
そうそう、背中!! あのシーンもすごいですよね。そのあとの怒って泣き出すシーンとの緩急のつけかたとか、ふつうのドラマみたいで。
人形のこま撮りアニメなんですよね…ほー。

あーあと、短いのは、確かに。
でも、何回見てもあきないし、新しい発見があって、ある意味めちゃめちゃコスト・パフォーマンスいいですよね(笑)。

あっ、そう言えばTB来ていないです~(泣)。
ちょっといったん解除しますね。
こちらのTBもだめでしたか?
Commented by atsuko at 2009-12-08 23:14 x
TBするたびにご迷惑をおかけしているような……(汗)
いかがでしたか?

こちらも確認してみましたが、TB届いていませんでした。
Commented by n_umigame at 2009-12-09 18:04
いえいえ、迷惑だなんてとんでもない。こちらの方こそ…
TBの設定をゆるくしてみましたら、だいじょうぶでした!
ありがとうございます。

そちらにも届いていませんでしたか。もう一度トライしてみますのでよろしくお願いします!/( ゚∀゚)☆