*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

"The Last Dark Place" Stuart M. Kaminsky(An Abe Lieberman Mystery) Tom Doherty Associates


d0075857_22355413.jpg

しんぼうたまらずあまぞんさんでポチったテキストが早速(1冊だけ)届きましたよ。

リーバーマン・シリーズの8作目に当たるようです。

Abe Lieberman series
1. Lieberman's Folly (1990)  『愚者たちの街』
2. Lieberman's Choice (1993)  『裏切りの銃弾』
3. Lieberman's Day (1994)  『冬の裁き』
4. Lieberman's Thief (1995)  『人間たちの絆』
5. Lieberman's Law (1996)  『憎しみの連鎖』
6. The Big Silence (2000)
7. Not Quite Kosher (2002)
8. The Last Dark Place (2004) ←:今回はコレです。
9. Terror Town (2006)
10. The Dead Don't Lie (2007)


小一時間で飛ばし読み、イエス!
ネタバレ、イエス!
ただし、ミステリ部分はまったく筋を取れていませんのでネタバレなし、イエス!
合計110歳(強)コンビ萌え、イエス!!
萌えポイントだけカモン!!

…という方は、

↓moreからお入りください。















今回は1969年の7月16日から始まり、現代へ戻ります。
冒頭から、リーバーマンは所用でユマへ出かけており、ハンラハンはオニールという、同じアイルランド系の刑事と組まされています。

が、ハンラハンはそれが気に入らない。上司の命令だからでしょうがないけどな!!という感じです。
でもハンラハンが気に入らないのも理由があって。

オニールはレイシストで人種差別的な発言がぼこぼこと飛び出し、二人で話していても「おまえのその話は聞きたくない。聞きたくないつってんだろゴラー!!」とハンラハンはキレそうです。(いやキレてます)
ハラハラして読んでいたら、ケータイに「ダニー・ボーイ」の着メロが鳴ります。アイリッシュで着メロ「ダニー・ボーイ」ってどんだけベタなんだよと思う隙もあらばこそ、
第一声、"Father Murph, I've got a delay."
キャー!!リーバーマン、おかえりー!!今どこー!!
二言三言会話して、
"Keep in touch, Rabbi,"とハンラハンが答えたのに、いきなりぶちっと電話を切るリーバーマン。
(欧米のドラマなどを見ていると、唐突に電話を切りますよね? なんだかずいぶんぞんざいな気がするのですが、こんなもの??)
しかし、"Father Murph""Rabbi"と呼び合う二人が出てきただけで、血圧上20、下30くらい上がりましたね!!(バカ)
で、ハンラハン、なんでリーバーマンからの着メロは「ダニー・ボーイ」なの?
(この着メロは後半、緊迫したシーンでの伏線になっています。)

家に帰って、新妻アイリスとラブラブ(死語)なところを見せていただき、家を出かけたら別の事件を知らせに来たオニールにどばったり出くわし、「うっ、おまえに紹介するのすんげーいやだけど、紹介するわ、おれのハニー」という感じのハンラハン。
アイリスは中国系なので、レイシストのオニールに紹介したくないという気持ちもわかりますが。
"(...)Mrs.Hanrahan, I'm your husband's partner, Sean O'Neil."
と言ったオニールにすかさず、
"Temporary partner,"
とつっこむハンラハン。大笑い。
リーバーマン、早く帰ってきてあげて(笑)。

しかし、そんなオニールにも複雑な過去があったらしいということがわかります。

さて、上司のオフィスで久しぶりに再会したリーバーマンとハンラハンですが、またまたまたこんなファンが身もだえするようなステキな再会を!!
わざわざ椅子をリーバーマンの隣に持ってきて座るハンラハンも可愛いですが、
"Just found out my wife's pregnant,"Hanrahan said, sitting.
Lieberman smiled and patted his partner's face with an open palm. Their eyes met again and Lieberman's were full of questions. Do you want this at your age? Is Iris too old for children? Are you all right with this? And by the way, congratulations.
リーバーマンがほほえむだけで、なんか、すごい(笑)のですが、このあとオニールがハンラハンを見もしないで「おめでとう」と言うのがいかにも社交辞令っぽくて、リーバーマンが心から「とにかくおめでとう」と祝福しているのが伝わってきて、良い対比になっています。

このあとまあいろいろとあって、ハンラハン夫妻はアイリスの、ストーカーと化した元婚約者につきまとわれるし、 リーバーマンは相変わらず奥さんのベスとラブラブ(死語)だし、うっかりしているとやっぱりひっくり返しそうになります。(「今のはキス?」は日常生活でも使えるかもしれない名ぜりふですな!)

やっぱりいいです、このシリーズ。

あともう一つめちゃくちゃ笑ったシーンがあるのですが、もう少し読み込んでからにします!
[PR]
by n_umigame | 2010-01-14 23:42 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10664654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。