*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『Torchwood 秘密情報部トーチウッド』 シーズン1 第2話「新メンバー」 Day One

トーチウッドのメンバーとなったグウェンだが、警察と勝手が違って役に立てない。カーディフ市に墜落した隕石を調査中に、グウェンは不注意から隕石内のガス状エイリアンを逃がしてしまう。(Super! Drama TV)

……早くも食傷気味です。(笑)

だいじょうぶなのかな、これ、いろいろと(笑)。

『ドクター・フー』は笑うところ、怖がるところ、怒るところ、と、制作者のねらいが非常にわかりやすいドラマでしたが、やはりセクシャルなネタで笑いを取るというのは文化が違うと厳しいものがあるな、というのが第2話を見た正直な感想です。

今ひとつドラマに入り込みにくい原因のひとつに、レギュラー陣(つまりトーチウッドのメンバーですが)に謎があるのは良いのですが、その謎に求心力がないということではないかと思いました。
何か謎をかかえていることはわかるんだけれども、別にそれを知りたいと思わないと言いますか。
もっと言ってしまうと、キャラクターそのものに、そんなに魅力を感じません、今のところ。
だから何か事情がありそうだな…と思っても、それ以上興味をそそられない、というのが正しい順序かもしれません。

巻き込まれてメンバーになることになったグウェンが、彼氏がいるのに新しいミステリアスな男性にちょっと惹かれつつある、というのは『ドクター・フー』と同工異曲ではあります。
これも『ドクター・フー』のときは、彼氏にはすまんけど彼女(ローズ)の気持ちがちょっぴりわかるよ、と思ってしまったのですが、今回はあまりわかりません。すまん。「がわ」だけで言うとこちらのキャプテン・ジャック・ハークネスの方が男前なのですが、やっぱり手で包み込んでも光が漏れるというか、内側からあふれるような魅力という点でドクターに水をあけられている気がするのはわたくしだけでしょうか。
まあ、ドクターは地球人ではないけれども(笑)。

もう少しいろいろとわかってくるとおもしろくなるかもしれないので、しばらくは見ます。

それより、『ドクター・フー』の続きまだーNHKさーん。
[PR]
by n_umigame | 2010-01-16 20:38 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10670266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。