*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

スパークするチョコレート

年末年始フランス革命フェア(自分内)がひと段落ついたわと思っていたところへ、スチュアート・M・カミンスキーさんの訃報を遅蒔きながら知って、ただいまは絶賛カミンスキーさん祭り(得にエイブ・リーバーマン・シリーズ)開催中(自分内)です。

もう続きは読めないとわかるとなおさら五臓六腑にしみわたるぜ、あら、目から何か熱い水が……とハンカチ絞りながら既訳本フルマラソンをしていると、リーバーマンの孫たちが「チョコレート風味の炭酸水」を飲んでいるというシーンが出てきました。
このシリーズはリーバーマンを中心とするユダヤ文化をいろいろと堪能できるシリーズでもあり、登場するユダヤ料理がとてもおいしそうで、でも日本ではあまり聞いたことがないようなお料理だったりで、材料すらどこへ行けば手にはいるのかわからないものもあります。が。

なんだよ、「チョコレート風味の炭酸水」って。

しかしいくらなんでも「チョコレート風味の炭酸水」はユダヤ風の食文化ではないのだろうな、まったく、メリケンさんたちの食い物と来たら…とルート・ビアを飲んだときのそう遠くない思い出をたぐりつつ、近所のコンビニに立ち寄ったついおとつい。

売ってるよ。
d0075857_16493119.jpg


しばしフリーザーの前でたたずんでしまいましたが、隣に若いカップルがやってきて、彼女の方がわたくしの目線の先を見、
「へー、”チョコレートスパークリング”だって~」
彼「(………)」無言でフリーザーのドアをばふっと開けると、おもむろに1本つかみ、カゴへがこっと投入しました。
その彼は彼女がコメントしたものを全部カゴへ投入しており、そのあとも「へー○○だってー」と言ったものを次々にカゴへごんごん入れていました。
男前だ。それとも貢くん(死語すぎる)か。単価の安い彼女で良かったな、その場合。
いや、そんなことはどうでもよくて。

わたくしもなんとなくつられて買って帰りました。

わたくしはあまり炭酸が好きではありませんで、なおかつ、この写真を撮るために手に持っているだけで凍えそうですが、飲んでみました。

チョコレート風味の炭酸水でした。

パッケージだけ見ていると色がわかりにくいのですが、透明の炭酸水です。
でもお口に含むとチョコレートの香りがうわーっと広がりますよ。
そう言えばわたし、チョコレートにもそんなに愛がないのでした。
[PR]
by n_umigame | 2010-01-25 16:58 | 日々。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10699804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-01-25 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_umigame at 2010-01-26 18:57
こんばんは!
ああっ、まぎらわしい書き方をして申し訳ありません!!
「ひと段落」ついただけで実はまだ隠し球があれとかこれとかそれとかあって、でも記事にできてないだけなんです!!というか、「もーニコラ萌えいいかげんにしろよなアンタ」と思われてるかと思って控えてました……モジモジ(。_。*)))
なので情報ありがとうございますー!! LaLaTVか…なんともマダムなかほりのするチャンネルだと思っておりましたのでノーチェックでした!(最近『名探偵ポワロ』も放送してるって知って、どびっくり。) 録画録画ー.。゚+.(・∀・)゚+.゚