*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

ロバート・B・パーカー、逝去

スペンサー・シリーズの著者ロバート・B・パーカー氏が、2010年1月19日(日本時間)に死去されました。マサチューセッツ州ケンブリッジの自宅でデスクに向かったまま心臓発作で亡くなったと報じられています。享年77歳。

 ロバート・B・パーカー氏は1932年生まれ。
 ボストン大学でハードボイルド作品に関する論文で博士号を取得し、1973年に私立探偵スペンサーが初登場する『ゴッドウルフの行方』で作家デビューしました。
1976年の『約束の地』でアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞を受賞し、2002年には同賞の巨匠賞を受賞しています。
 スペンサー・シリーズは、世界的な人気シリーズとなってTVシリーズ化もされ、2009年の『プロフェッショナル』までで長篇37作が発表されています。
 他にも、警察署長ジェッシイ・ストーン・シリーズ、女性探偵サニー・ランドル・シリーズのほか、ウェスタン小説やヤングアダルト向けの単発作品など、精力的に作品を発表してきました。36年におよぶ作家生活で50作以上の長篇作品を発表した氏は、最後のプロフェッショナル作家であったといえましょう。

 謹んで、氏のご冥福をお祈りします。(早川書房・ハヤカワオンラインより)



心よりご冥福をお祈りいたします。

あまりきちんと追っていなかったスペンサー・シリーズですが、スペンサーはどうなったのでしょうか。
[PR]
by n_umigame | 2010-01-31 19:17 | ミステリ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10721328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 縁側昼寝犬 at 2010-01-31 22:28 x
最初、死因が不明と報道されていたので、「ロバート・B・パーカーってリアル生活でもハードボイルドなのね~(*ノノ)」と思ってしまいました。
私もスペンサーシリーズ読んでました。シリーズ途中で銃撃戦があったあたりでついていけなくなり、その後は読んでません。やはりここはスペンサーのその後を確認しに行かねば。
私はカッコイイ大人になりたかったのですが、まさにスペンサーってそのお手本のようだった気がします。

あ、フランス革命とその周辺祭りにお帰りなさいませ~。^^
Commented by n_umigame at 2010-01-31 23:12
上の書き方でも「と報じられています」なので、はっきりしたことはわかっていないのでしょうね…。
スペンサー・シリーズはいい感じ(途中の記憶)でしたよね。スペンサーが料理がうまいというところが個人的にポイント高かったです(笑)。たしかスペンサーのレシピ本みたいなものも出ていましたよね。わたしは恋人のスーザンがさしたる理由もなく離れていくと知ったあたりから急激に冷めました。シリーズものに起伏を持たせる方法ほかにないんか、ったく芸のない!(# ゚Д゚)とか思いまして。
作家が飽きたからって主人公がまだ惚れてる女を捨てるんじゃないフンガー!!(いや主人公が飽きたら捨ててもいいってことでもないんですが)…と一人で怒ってました。あほですね。

あ、教えていただいた『悲劇の王妃マリー・アントワネット』見ましたよ!マリー・アントワネット役の役者さん、可愛かったですねーv 『ポンパドゥール夫人』の方は録画、失敗し て ま し た…せっかく教えていただいたのに、もうしわけありません! こちらも見たかったです!
祭りの残りもんは、まだあります…うふふ。