*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

AXNミステリー春の新作、ネロ・ウルフとニコラ警視(新作!!)

3月からネロ・ウルフが始まるんですね。
全話見たことがなかったのでウレシイです! チェックチェック。

AXNミステリーをかけっぱなしにして別のことをしていたらネロ・ウルフのCMが始まって、耳だけで聞いていたら「仕事嫌いでデブ」とか言われているじゃありませんか?
そりゃあスマートとは言えないかもしれないけれども、客観的事実を述べているかもしれないけれども、本当のことだったら何を言ってもいいわけじゃないと思わないのAXNミステリーさん、ひどいッ!(゚m゚*)プッ(←コラー!!) と思って、先日、今度はちゃんと座って改めて見ていたら「仕事嫌いで出不精」でした。

ひどいのはだれだ、まったく。(ネロ・ウルフよ、超ごめん。)(ファンの皆さんにも超すみません。)

でも、わたくしのイメージするネロ・ウルフはモーリー・チェイキンさんよりもっと巨漢で百貫ですよ。

ティモシー・ハットンのアーチーもいいですよね~。1930年代から1940年代頃の衣装をとても良く着こなしていてカッコイイです。でもこのドラマの本命はフリッツですvvvvvv 次点はクレーマー警視正ですv
これで『エラリー・クイーン』を再放送してくれたら親子で見られて楽しいのにー。(やっぱり似てます、ハットンズ。)

AXNミステリー HP「グルメ探偵ネロ・ウルフ」→http://mystery.co.jp/program/nero_wolfe/


ニコラ警視の新作はまだ情報がAXNミステリーのサイトには上がっていないようですが、原作3作目の邦訳『ロワイヤル通りの悪魔憑き』の帯に「ミステリー専門チャンネルAXNミステリーにて、今春、新エピソード日本独占初放送!」とあります!
いやっほーいvvvvv

今月はエラリイ・クイーンのドラマシナリオ集も出るし、春にはニコラ警視の新作とモンクの新作と、今年中にはエラリイ・クイーンのDVDも出る予定だし、もう、大漁旗掲げて国道2号線をぶっとばしたい気分ですね!
(やめなさい)

d0075857_0252035.jpg

[PR]
by n_umigame | 2010-02-14 00:27 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10767714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yuseum at 2010-02-14 17:57 x
ははは、確かに仕事嫌いのデブ、、、いやいや出不精ですね(^◇^;)
このシリーズ、結構好きだったのですが、2ndシリーズで打ち止めっていうことは、本国ではそんなに人気が出なかったのかなぁ(´・ω・`)
Commented by n_umigame at 2010-02-14 20:16
つい心の中で思っていることを言われると、そうだと思いこむんでしょうね。
(ー_ーゞ イヤァ…オソロシイ…。
原作はいまひとつはまれなかったのですが、このドラマは好きでした。2ndシリーズで打ち止めになってしまったんですか? もったいないですね。時代物は衣装とか小道具にお金がかかるからTVシリーズで続けるのはたいへんなのかもしれません。(D・スーシェのポワロも古道具屋さんで1930年代の電話を探したり、たいへんだったそうですね。)
Commented by 縁側昼寝犬 at 2010-02-15 22:47 x
 ニセミさま、ボンソワ~。(^・^)
 ニコラの第3巻、きましたよー。帯が、帯が~っ、ジェロームさんではありませんかー!! 血圧が上昇しました。(*゚∀゚)=3 こんなサービスがあったとは。たまらーん。両脇の二人は眼中にナシ。文庫本1冊で幸せになれました。
なだいなだ先生のフランス人の奥様の話、教えてくださってありがとうございます。本国でも大人気、というところがフランス人の心意気みたいなものを感じますね。フランス万歳! 
 しかしフレンチマダムの心も掴むし、ジャポネーゼマダム et マドモワゼールの心も鷲掴みとはニコラ恐るべし。
 私も大漁旗掲げて国道17号線をぶっとばしたい気分です。

 ネロ・ウルフも楽しみですね。^^ 一昔の探偵物、好きですわ~。
Commented by n_umigame at 2010-02-16 22:06
ボンソワ、マダム縁側昼寝犬さま! 
3巻届きましたかご覧になりましたか帯!!(*>д<*)=3 楽しみですね楽しみですね!!
なだいなだ先生のお話は筑摩書房のPR誌『ちくま』1月号「人間、とりあえず主義;外交官作家」でした。「外交官作家だって~、ニコラの原作の人(名前覚えなさい)みたい~」と思って読み始めたらば!! 仕事中に歌って踊り出しそうになりました。(*^.^*)エヘ。テーマはタイトルの通りですが、「先生、ドラマ、ドラマの話はっ!?」と激しく心の中でつっこみました…。(ちなみに最新号の「少子化対策ってなんだ」も首がくがくになるほど頷きながら読みました。なだ先生の著作は要チェックですねっ)