「ほっ」と。キャンペーン

『本当はちがうんだ日記』 穂村弘著(集英社文庫)集英社

自意識が強すぎて身のこなしがぎくしゃくしている。初対面の人に「オーラがない」と言われてしまう。エスプレッソが苦くて飲めない。主食は菓子パン。そんな冴えない自分の「素敵レベル」を上げたいと切望し続けて、はや数十年。みんなが楽々とクリアしている現実を、自分だけが乗り越えられないのは何故なのか?世界への違和感を異様な笑いを交えて描く、めくるめく穂村ワールド。(Amazon.jp)


歌人でしょ?
歌人ですよね?
なのに、なんでこんなにエッセイおかしいの?(笑)

…と、某PR誌連載を読んで思いました。フェイントでした。

ヘタレネタというか自虐ネタというか、そういう感じなので、あまりたくさん続けて読みたいとは思いませんが、たまに読むとおもしろいと思います。

でもまあ、この、あふれんばかりの自意識過剰というか感受性の鬼というかなところは、確かに歌人だと思います。(ちょっと)

このエッセイ集に収められている作品では、「キスの重み」が好きです。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10803453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by n_umigame | 2010-02-24 00:43 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧