*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『王立警察 ニコラ・ル・フロック』#5~放送日決定!

■王立警察 ニコラ・ル・フロック

【字幕版】5月7日(金)スタート
毎週金曜10:00pm~深夜0:05am ※2話連続放送
※日本初放送エピソード(#5~)は、5月21日(金)スタート
2008年~2009年/フランス/全8話(4エピソード)

激動の18世紀、ルイ15世統治下のパリを舞台に、王国高等警察の警視と宮廷に出入りする侯爵という2つの顔を持つニコラ・ル・フロックが陰謀はびこる数々の事件に挑む、フランスの人気ドラマ。日本独占初放送の最新エピソードとあわせて、第1話からオンエア。(TVGrooveより)


マダム・サイドワインダーこと縁側昼寝犬さまと、華麗なる燃料投下隊Marieさん(こんなところでコンニチハ!)の情報で知ったのですが、ついにSaison 2の日本放送日が決まったようです!
やったー!!\(>∇<)/ わっしょーい!!
(ただ、AXNミステリーでの情報公開はまだみたいです。遅いですよ、AXNミステリーさん。)

ソースはココです☆→http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/2/nid/3060.html

さて、縁側昼寝犬さんがジェローム(・ロバート)さんの写真をケータイの待ち受けにされると伺い、「おお、ではわたしならさしずめコレがいいな!」と思った画像がこれ。
(*/∇\*)キャッ☆

じゃん。→uniFrance






誰が遺影だ。(言ってない)
てゆうか、
ジェロームさんじゃないじゃん。
そうです、この人は、フランソワ・カロンさんです。
いやー、びっくりしましたよ、バッハ鬘をかぶっていたらもうせんだみつおにしか見えなくなっていて、
「アメリカのいかりや長介、モーガン・フリーマン、
フランスのせんだみつお、フランソワ・カロン。
ここ、テストに出るからなー」と言いふらそうと思っていたその矢先に、なんというヅラマジック。
ただのステキオヤジでした。
というわけで、にせみ(仮)さん、瞬殺でした。めんぼくない。うふふふふふふふvvvvv
でも初めて見たときから、ジェロームさん演じるニコラよりエレガントなお辞儀をする人だなあと思って、こっそり心の片隅にいたです。

でもきっと、また動いているのを見たらジェロームさんにめろめろになっちゃうんだろうな…。フゥ…。この浮気者めー。

ところで、上の画像を待ち受けにしたものの、結局かわいいウサビッチのプーチンに戻してしまいましたことをここに告白し、やっぱりおうちでPCででっかい画面で見ることにしたことを白状いたします。
[PR]
by n_umigame | 2010-03-29 20:59 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/10912626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 縁側昼寝犬 at 2010-03-29 23:49 x
ニセミさま、コンバンハ。(*ノノ)

リンク、ありがとうございます。m(_ _"m)
もう私たちの暴走は誰にも止められないですね。ええ、5月まで突っ走りたいと思いまっす。

そうそう、uniFranceで「ニコラ」の主要人物を順番に見に行ってるんですが、セマギュース先生役のVincent Winterhalterさんをご覧になりまして~? これまたオヤジスキーのツボにはまるかも、という予感大であります。ちょいわるおやじっぽいので必見です。(*゚∀゚)=3あ、カロンさんは待受じゃなくて、壁紙に昇進ですか! ちょっと対抗するために、新しい携帯の4インチ画面をばっちり飾るジェロームさんのお写真を探しに行ってきます。"8-( *゜ー゜)カタカタカタ--..   
Commented by n_umigame at 2010-03-30 22:23
マダム・サイドワインダーに敬礼っ(^-^)/
縁側昼寝犬さま、こんばんは! もう、芋づる式にどこまで行くのかという状態ですね、私たち……でもいいのですよね、幸せなら(´∀`)。うんうん。
で、奥さま、なんでございますか、またオヤジスキーの鼻先においしそうなニンジンをぶらさげにいらしてくださったんですか?また後ほど全速力で見て参りますが、うっかりしていました色男セマギュース先生を忘れていたなんて!彼はあれですね、脱いだらすご…じゃなくてカツラがあってもああなら、なかったらもうという感じで想像しただけで血圧あがりますね。
よし、行ってまいります!(^O^)/
Commented by Marie at 2010-04-05 12:17 x
ニセミさま、こんにちは!遊びにきてしまいました♪
アマゾンフランスで購入して以来、お勧めのDVDの宣伝メールが来ますわ。
サルティンもセマギュス先生もジュリー・レスコーに出たことあるんですよね。以前ミステリーチャンネルで原作アガザ・クリスティのフランス版のドラマではノーブルクール氏とブルドーが共演していましたが、俳優が少ないですよね。
私の希望としてはジュリーの部下でジェロームがレギュラー出演してくれたら、ずーっとみられるのに・・・と。
TV5mondeでは「ニコラ・ル・フロックの事件簿」となっていましたが、字幕担当者が違うのですね。
Commented by n_umigame at 2010-04-05 15:39
Marieさん、こんにちは!
ようこそいらっしゃいましたv どさくさにまぎれて失礼なあだ名をつけてしまい申し訳ございませんm(_ _)m
『ジュリー・レスコー』はご長寿番組ですよね。また新シリーズも放送が日本で始まるようですが、わたくしはジュリーとポールがよりを戻すや戻さんやと、うにょうにょしていたあたりまでしか見ておりませんで、いつの間にかジュリーは署長になってる! 新しい彼氏ができてる! ポールは再婚してる!とか、ウンゲマはどこへ行ったんだ??とかすっかり隔世の感がございます。
ジュリーの娘さん二人も大きくなったでしょうねえ…(近所のおばちゃんか)
ジェロームさんがジュリーの部下。それ、いいですねえ。刑事つながりで。あっ、でも顔の系統?がカプランとかぶる、か??(^^)じゃあカプランに異動してもらうとか殉職してもらうとか(っておーい!!)
"L'Affaire Nicolas Le Floch"が原題ですので、おっしゃるとおり直訳だと「ニコラ・ル・フロックの事件簿」が正しいですよね。 海外ドラマや洋画の邦題って、けっこう「いかにも」なお安いタイトルになちがちなので、いっそ直訳の方がいいのに~って思う例が多いです。
Commented by Marie at 2010-04-05 18:09 x
ニセミさま、こ、こんにちは。

縁側昼寝犬さまもジュリーをご覧になったことがないそうですが、ニセミさまもジュリーの情報が古すぎますわ。いやーん。
ポールはシンガポールで仕事をしていて、次女も一緒に(という設定で二人は消えた)カプランは育児休暇を取って(そのまま消えた)、ウンゲマは突然いなくなった。サラだけ残っています。ジュリーは新しいピエールという弁護士と一緒に暮らして、ブルガリアの養子をもらいました。でも今はパリに拠点を移し、ピエールとも別れました・・・・・
ウンゲマですが、実際は2度も脳内出血だかくも膜下で入院していますので、俳優どころではないようです。
ジュリーは、はまると楽しいのですが、かなり言葉が汚いので、うっかりつかってフランス人教師に「それはエレガントではないからやめなさい。」と言われました。えーん。
ニコラの原作者がDVDの特典でインタヴューに答えていますが、ジャック・ペラン、いや日本でいえば、若いころの二谷英明を思わせるおじさまです♪ゆっくりと話してくれるからフランス語の勉強にもなり、、しかも品がよろしく、なかなかすてきな方でした。さすが外交官!
Commented by n_umigame at 2010-04-05 18:28
Marieさん、welcome back! …って、早っ!!Σ(゚д゚;)
まままさかわたくしをストーキnげほげほん、いやーん。なんでやねん。
とノリツッコミしている場合では(笑)。
ははは、「ジュリー・レスコー」ネタ古すぎですよね、面目ない。だって見たいドラマがありすぎるんですもの。ウンゲマさんはリアルご病気でしたか…それは心配ですね。ふとした拍子がボブ・サップ似でなかなかいい役者さんだなあと思っていましたのに。(褒めてるのかそれは)
刑事ドラマはいずこのお国も言葉はキタナイかもしれないですね(^^;)そもそも警察官の隠語がキタナイですし…。きれい事を言っていたら務まらないお仕事なんだろうなあとはお察しできるのですが。