*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『孤高の警部 ジョージ・ジェントリー』#2:「裏切りの末路」

額に銃弾を受け、焼けて骨だけが残った遺体が発見される。非番だったジェントリー警部は、知らせに来たバッカスと現場に急行。唯一の証拠品は、ワンダ・レーンという刻まれた指輪だった。同じ頃、警視庁公安課のエンプトン警視長が当地を訪れていた。(AXNミステリー)


今回は、"Hustle"(『華麗なるペテン師たち』)の”当たり屋アッシュ”こと、Robert Glenisterが出演していました。
何の役かなあと思っていたら、悪徳警官でしたよ、似合うなあ(笑)。しかも公安かい。
アッシュの声(青野武さん)がぐるぐるめぐりながら見ていました。

1960年代を時代設定にした理由が毎回いろいろと「ああ…」と想像されるドラマですが、今回はIRAでしたね。
バッカスが「アイルランドはなんでこんなにイギリスを目の敵にするんだろう、土地はだいたい返したじゃん」みたいなことを言うシーンがありましたが、歴史上イギリスがアイルランドに対してしてきたことを思えばどこを押せばそんなセリフが出るんじゃいと極東の島国で一人ぽつんと思いました。しかしそう思う自分の国だってあれやこれややらかしているわけで、どこもお隣の国との関係はむずかしいなあと思ったものでございます。

でも、それをきちんと批判的に見せるところに、彼我のテレビ局の姿勢の違いを感じました。(このドラマ、制作がBBCなんですね)

そんなこんなで今回も重い内容でしたが、やっぱりユーモアも忘れないブリティッシュ・ドラマ。
今回は、聞き込みに行った先で誘惑されちゃったジェントリーが、バッカスにそれを車の中で話すシーンです。
".....and?"
"What do you mean and!"
が、わたくし的大爆笑ポインツでした!
モテるな、ジェントリー(笑)。(いや正確に言うとあれはモテではないか…)

あと、空軍基地に聞き込みに行って、いきなりいちびりなバッカスがジェントリーにたしなめられ、全然調子が変わって「すみません…」と言うところも笑いました。
銃の横流しがジェントリーたちの聞き込みで発覚し、「今さら責任取って辞めたってしょうがないじゃないですか」みたいなことを言うバッカスに、「政治家と違って『知りませんでした』は軍人には通用しないんだ」というジェントリーのセリフに、イギリスでは軍人がどう見られているか、というのもかいま見えて興味深かったです。(そして世界中政治家がおんなしなのはなぜ…?(笑))

イギリスの田舎の方が舞台のドラマは、絵の色もいいですね。
いかにも太陽の陽の射す日が少なく、陰鬱な感じの背景に、アースカラーの洋服の人たちがとても似合います。

前回の感想の最後に名コンビ誕生みたいな書き方をしましたが、いわゆるバディもののように「俺はおまえに背中を預けられるぜ!」というような美々しい関係ではなくて、ジェントリーもバッカスもお互いにいつ足下をすくわれるか、いつ寝首をかかれるかわからないようなあやうさをはらんでいて、でもきっと大丈夫、という不思議な安心感のある関係が、緊張感があって甘すぎずいいですね。

2回目もとてもおもしろかったのですが、これを見始めるとテレビの前から2時間動けなるのが難点であります。
[PR]
by n_umigame | 2010-05-01 21:52 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/11040103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 縁側昼寝犬 at 2010-05-03 20:09 x
 昨日、美容院に歩きで向かっていたら、どこぞの塀にウサビッチ(身長約5センチ)が紐付きでひっかかってました。携帯についていたアクセサリーが道に落ちていたらしく、親切な誰かがそのままにするのは忍びなくて、持ち主に回収されることを祈って塀にひっかけたみたいですが、燦々と陽が降り注いで日焼けしそうなウサビッチでした。

 バッカスの".....and?"には私も大爆笑しました。あの言い方、スケベ丸出しですよね。^^ まったく教育のし甲斐のある奴だ、はっはっは。

 私も2時間、テレビの前から動けないのは厳しいです。ちょっと目を離すとストーリーが分からなくなる心配があるので、困ったもんです。ε=( ̄。 ̄;A フゥ… でも予想よりも面白いし、幼心の君でもあるので許します
Commented by n_umigame at 2010-05-05 14:57
身長約5センチの紐付きウサビッチ…おそらくそれはストラップですね。
元々ストレスリリーサーとして発売されたグッズがストラップとしてリニューアルしたそうで…。わたしも買ったのですが、ウサビッチのストラップは「大きすぎる」か「細工が細かすぎ(て壊れやすい)」ので結局つけるのは断念したです…
...ρ(..、)

ジェントリーさんは録画で見ているので、CMとか飛ばせばいいのですが、もしかしたらニコラのCMが流れるかもしれないじゃない!? .゚+.(*°∇°*)゚+.゚ と思ったらうかつに飛ばせず結局2時間はりつきで見てしまっています。
IMDbを見に行ったら、次のシーズンもなんとなく準備に入っているような書かれかたでした。「妻を殺した犯人を捜す」(実行犯は割れてるけど)というのはモンクさんと同じなのですが、これがサブプロットとしてドラマを牽引していくのでしょーか??
しかし…このネタ、ドラマで多すぎな気がします。世の男性陣はそんなに自分の嫁に死んで欲しいんですかね~?( ̄ロ ̄lll) 失礼しちゃいますね~。返り討ちにしちゃえ~(おーい!!)。