*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『テレビジョンエイジ』1978年10月号; 未来への逃亡者ローガンズ・ラン&エラリー・クイーン

古本屋さんで偶然見つけたものです。
いつブログのネタにしようかしらと思っていたのですが、またドラマ『エラリー・クイーン』を見る機会がごろんと転がってまいりましたので、いそいそと出してまいりました。

じゃん。

d0075857_16481195.jpg


何これ。

『テレビジョンエイジ』だそうです。
それ以上聞かないで下さい。わたくしも存じません。

表紙タイトル左上に「外国テレビ映画の専門誌」とあります。
奥付によると、四季出版新社という出版社から1978年の10月に発行されています。
表3に雑誌コードがついていますので、雑誌(逐次刊行物)だったようですね。
中を見ると、海外ドラマのファン雑誌のようですが、紹介されているドラマがどれも知らないものばかり。唯一広告ページにある『スター・トレック』はさすがに知っていますが、「レナード・ニモイ、若っかー」という感想しか出てきません。すみません。

中に、「秋の新番組特集」として、『エラリー・クイーン』を写真を多用して紹介されています。

d0075857_16575462.jpgd0075857_16581189.jpg


「秋の長い夜をハイ・センスなミステリー・ドラマで……そんな願望にピッタリなのが『エラリー・クイーン』。(中略)折しもCOPブームの真っ直中とあって、時の利あらず……1シーズンでキャンセルを余儀なくされた。しかし、アンチCOPのへそ曲がりファンには至って評判の良い作品だった。(後略)」
とあります。
文章が1970年代風で、読んでいて笑うところじゃないのに吹き出しそうになりましたが、つまり、同時代の海外ドラマ専門の(?)ライターさんの意見としては、このドラマは刑事ものに押されたということなんですね。
で、「アンチCOP」(すごいなこの表現)は「へそ曲がり」と思われていたんですね。
いやー、すごいですねー。(←棒読み)

d0075857_17102886.jpg

d0075857_17105916.jpg

[PR]
by n_umigame | 2010-05-10 21:41 | *ellery queen* | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/11087549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yuseum at 2010-05-11 04:49 x
にせみさん、こんばんはー。
変な時間に目覚めてしまったので、ドラマ「エラリー・クイーン」に関する一連の記事を読んでました\(^o^)/
いやあ、2005年のミスチャン未放映の作品群もなかなか面白そうですね。
Yuseumがスカパー契約したのも、このドラマが放映されていたことがきっかけだったなあ。
(あの頃は何度か再放送してくれていたけど、また放映してくれないかなあ。)

このテレビジョンエイジは、なんかすごいですねw
Yuseumも「アンチCOP」になるのかな(^_^;)

あっ、枕元に積んである『ミステリの女王の冒険』。パラパラとしか読んでないので、読まなくちゃ(^^;;
Commented by n_umigame at 2010-05-11 23:31
Yuseumさん、おは…こんばんは(^^)。
すごいですよね、「アンチCOP」。「「アンチCOP」てアンタ」て感じで、初めて読んだときはゲラゲラ笑い転げてしまいました(笑)。
『ミステリの女王の冒険』は、シナリオ集なのですがやはりラジオドラマのようにはすらすらと読めませんでした。おまけにやはりけっこう重量級のミステリになっていて、これを映像なしでこなれるまで読むのは一気読みしないと難しいかもしれない、と思いました。

2005年頃はそう言えば何度か再放送がありましたね。また放送してくれるといいですね…今度は全話。