*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

「ハーバード白熱教室」、書籍化

『これからの「正義」の話をしよう : いまを生き延びるための哲学』マイケル・サンデル/鬼澤忍訳(早川書房)

 「ハーバード白熱教室」NHK教育テレビにて放送中(2010年4月4日~6月20日、毎週日曜18:00~19:00、全12回)。金持ちの税金を貧者に分配するのは公正か。前の世代が犯した過ちについて、私たちにつぐないの義務はあるか。個人の自由と社会の利益はいかにして両立可能か──豊富な実例で古今の哲学者の思想を解きほぐす。アメリカ現代思想界の雄による、ハーバード大学史上最多の履修者数を誇る超人気講義。

推薦:宮台真司氏

1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか? 金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか? 前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか――。
つまるところこれらは、「正義」をめぐる哲学の問題なのだ。社会に生きるうえで私たちが直面する、正解のない、にもかかわらず決断をせまられる問題である。
哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。
アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。
ハーバード大学史上最多の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー、待望の邦訳。

■マイケル・サンデル
Michael J. Sandel
1953年生まれ。ハーバード大学教授。ブランダイス大学を卒業後、オックスフォード大学にて博士号取得。専門は政治哲学。2002年から2005年にかけて大統領生命倫理評議会委員。1980年代のリベラル=コミュニタリアン論争で脚光を浴びて以来、コミュニタリアニズムの代表的論者として知られる。主要著作に『リベラリズムと正義の限界』、"Democracy's Discontent"、"Public Philosophy"など。類まれなる講義の名手としても著名で、中でもハーバード大学の学部科目「Justice(正義)」は、延べ14,000人を超す履修者数を記録。あまりの人気ぶりに、同大は建学以来初めて講義を一般公開することを決定、その模様はPBSで放送された。この番組は日本では2010年、NHK教育テレビで『ハーバード白熱教室』(全12回)として放送されている。 (早川書房HP)


本で読むより実際の講義の様子を見る方が楽しいかもしれませんが。

「ニュースリリース」のページでも内容について読めます。
しかし、ハーバード大学の講堂、すてきですね~。
[PR]
by n_umigame | 2010-05-17 20:45 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/11129509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 縁側昼寝犬 at 2010-05-22 21:00 x
本が出るのですか。うーん、読んでみたいけど、映像の方が面白いと思います。…ちょっと本屋で立ち読みしてから、買うかどうか考えよう。

ハーバード大学の講堂、ステキですね~。伝統と誇りを感じます。NHK教育TVの番組を見ていると、学生もいろんな人種がいて、さすがアメリカ、しかもエリート校だと思いました。(☆∀☆)
Commented by n_umigame at 2010-05-23 20:40
はい、実際に講義の様子を見る方がいいですね~。あのサンデル教授と学生のやりとり・呼吸がいいですからね。
ハーバードの学生もよく見ると居眠りしてますが(笑)、おっしゃるように世界中から国籍・人種を問わず学生が来ていることが、この講義の様子ひとつでも伺えますね。東洋系の人と思える人も多いのに日本人らしき人がいないのが残念です。