*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『名探偵モンク 7』最終回おまけ+エミー賞候補

最終回についての書きはぐったコネタを記しておきます。
ネタバレにつきもぐります。












モリーとディッシャーの件ですが(笑)。

モリーは本当にすばらしい人で良かったですね、モンクさん。と号泣しつつ見ていたのですが、可愛いしやさしいし素直で聡明でしっかりしていて言うことナシ!という感じでした。
特に、自分の父親世代くらいのモンクさんに、きちんと自分のすべきことをし、自分の人生を歩むように諭すシーンは、涙が出そうに。
モリー自身の資質もあったでしょうが、すばらしい里親に恵まれたということでもありますよね。

大きなくくりでは脚本にいろいろと難癖つけたくなるのですが、モンクさんの決め台詞のひとつである「天賦の才です。難儀なね」を逆手に取って、「そんなふうに考えてはいけない」と言ってくれたモリー。
この人がいてくれたらモンクさんの残りの人生はだいじょうぶ、と勝手に安心していまいました。

ランディ・ディッシャーくんですが、「いきなり署長!? だいじょうぶか!?」と思われる向きも多かったと思いますが、わたくしもその一人です(笑)。
ですが、ドラマの方の脚本も手がけたリー・ゴールドバーグによるノベライズ『名探偵モンク モンクと警官ストライキ』に、次のようなシーンがあります。

ディッシャーの警官としての才覚に懐疑的なモンクとナタリーに、警部が言うのですが、

「ランディは思いやりがあって人好きがする。威圧的でもないし、礼儀もわきまえている。人は自然とランディに心を許す。たとえガードを固めておくべやつでもな」
「それがランディの生まれもった才能だよ」


そう言う警部に、ナタリーは彼は事件を解決したことがあるのか?と聞きます。
警部は、
「ないとしたら、おれがランディをそばにおいて右腕にすると思うか? あいつの事件解決率や有罪判決を勝ち取った確率はみごとなもんだ」
「知らなかったわ」
「知るはずがない。きみは警官じゃないんだから」


と警部は続け、ディッシャーの解決した事件は世間の注目を集めたり、派手さはないけれども、確実に事件を解決に持ち込んでいると説明します。(この本の感想は、当ブログでも過去に記事にしましたので、興味のある方はこちらからどうぞ。→

警部のディッシャーに対する信頼の厚さがにじみ出るセリフで、最終回で栄転が決まったディッシャーの頭を自分の子どもにするようにくしゃくしゃなでるシーンを見て、このノベライズのシーンを思い出してしまいました。
そんなわけで、安心して良さそうです(笑)。

アメリカの警察は自治体警察で、自治体によって階級や組織が微妙に違うようなのですが、だいたい小さな警察署の署長の階級は警部から警視が該当するようですので、一階級昇進して警部になり、地方警察の警察署長になったと考えると、そんなに無茶振り人事ではないように思われますが、いかがでしょう。


NHK海外ドラマのスタッフブログによりますと、エミー賞にはトニー・シャルーブがまたコメディ部門の主演男優賞にノミネートされたとか。
また、オリジナル作曲作詞賞に、最終回のエンディングで流れた"When I'm Gone"がノミネートされたそうです。歌っているのはオープニングを歌っているランディ・ニューマン。
受賞すると良いですね。
ちなみに、このオープニングテーマの"It's a Jungle Out There"も、モンクの声の吹き替え・角野卓造さんの声に似ていて、角野さん自身も「あれ、おまえが歌ってるんだろ」とよく人に聞かれたそうです。似てますよねえ、声。

When Im Gone - Randy Newman (YouTube)
[PR]
by n_umigame | 2010-07-24 14:31 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/11611034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まりお at 2010-08-01 01:24 x
録っておいた2回分、今一気に観ました。爽やかな涼風って感じのラストでしたね。それぞれが幸せに向かってゴー! 
(唯一の気がかりは、やはりディッシャー新署長。赴任先にフロスト警部がいて、二人の迷推理で周りは大迷惑…そんなスピンオフドラマも観たいけど、疲れそう。)

良質のドラマが、にせみさんの感想&解説のおかげで何倍も楽しくなりました。ありがとうございました。 にせみさんもこの夏、さらなる幸せをゲットしてください!
Commented by n_umigame at 2010-08-02 18:26
まりおさん、モンク・ラストランおめでとうございます。
細かいところはいろいろとツッコミたい気がしてうずうずしますが(^^)まあまとまった方だと思いました。だらだらと長いばっかりで見る気が失せる上に結局オチてないドラマシリーズよりは、なかなか良い引き際だったと思います。(←上から)

言いたい放題の感想文に長のおつきあい、本当にありがとうございました。今年の夏の幸せはもう少しスイカが値下がりしてくれることだけでもういいです(笑)。