*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『名探偵ポワロ』シーズン11#2「鳩のなかの猫」

中東の王国ラマットで革命が起き、アリ殿下が殺される。殿下は亡くなる前に親友のイギリス人、ローリンスンにあることを依頼していた…。
数か月後、イギリスでは名門女学校、メドウバンク学園の新学期が始まる。アリ殿下の婚約者だったラマットのシャイスタ王女も転入してきた。ポワロは知人のバルストロード校長に後任者選びの助言を求められ、しばらく滞在することに。そんななか深夜に体育教師スプリンガーが殺される。(NHK海外ドラマHP)


今シリーズ、これのみ原作途中でほっぽりだしてあるのですが、「王子」とか「女子校」とか出てきたくらいでひるんでちゃいけませんな! アガサ・クリスティーですから!
これすごくおもしろかったです!
クリスティーは誤導(ミス・ディレクション)の名手ですが、この回も本筋と関係のある殺人とそうでない殺人を厳密に見分け、整理し、順序立てるポワロの鋭い頭脳と推理が冴える回でした。

原作ではなかなかポワロが登場しないのですが、ドラマではイントロ部分を非常に巧く換骨奪胎し、必要なところは効果的に見せ、そうでないところは上手にカットして絶妙な早めのタイミングでポワロを登場させ、絵的にもテンポもすばらしいできでした。

ポワロの、ほんの小さなことまで見落とさない目、また五感をいつも働かせて全身がセンサーになってあらゆることを記憶していることがわかる見せ方もすばらしかったですね。
最初は素人探偵を小ばかにした態度を隠そうともしなかったケルシー警部が、どんどんポワロを見る目が変わって敬意を払い始めるところもよかったです。お互い「仕事で勝負」なプロフェッショナルです、という感じで。

終わり方も、初期の頃のこのドラマシリーズを思い起こさせるような爽やかで心温まる、ユーモアあふれる終わり方でした。

一つ、不満というか、疑問に思ったことは、アガサ・クリスティーの作品にしては殺害方法が残酷だなあということです。槍で串刺しとか珍しいですよね?殺されるシーンもけっこうリアルな感じで(悲鳴をあげないとか)「ひいいぃぃぃいい!!」となりました。お食事中の方はご注意ください。

もう一つ、不満というか、疑問に思ったことは、
↓以下、ネタバレです。









かつて情報部員だったというジュリアのお母さんですが、そんな危険な人物が女子校に紛れ込んでいたら、死んだはずだったとしても一度は疑ってみるのが定石なのではないかと思いました。
何人も犠牲者が出てから「やっぱりあなただったのね!」とか、そんな”東西防御率の低い探偵ワースト1★金田一耕助かファイロ・ヴァンス”みたいなこと言われましても。

ただそうすると事件は始まる前に終わってしまうわけでございますが(笑)。


ところで、いきなり”「覚悟はいいか」「もちろん」握手!”に萌えた人! はーいはーい!!
いやいやまったく、そんな話ではなかったのですが、このシーンだけでおなかいっぱいになるところでしたよ、危ねえ。(危ねえのはアンタだよ)
[PR]
by n_umigame | 2010-09-19 18:43 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/11945066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yuseum at 2010-09-20 18:46 x
「鳩猫」の原作は、思っていたより面白かったので、以前にせみさんが途中でほっぽり出したと聞いて、「ありゃ?」って思っていましたw

第一の殺人は、原作では銃殺なんですよ。だから、槍で串刺しにはびっくりしました(・0・)
第二の被害者は、原作ではヴァンシッタート先生だったのに、(それも殺されているのに、)このドラマではヴァンシッタート先生カットされているから、どうなることかと思いましたが。。。
殺人未遂にすることで、○○先生を救ったんだ〜、と納得しました。死んでも殺人犯だったら、救いがないですから・・・と、ちょっとネタバレ(^^ゞ
Commented by n_umigame at 2010-09-20 20:06
「鳩猫」(この言い方カワイイですね!*≧▽≦*)、読んでいたときの気分が「王子」とか「女子校」ではなかったのだと思われます…。よ、読みます。

あー…銃殺ですか。だったらまだクリスティーらしいです。今時のミステリ作家だったら「槍で串刺し」もありなんでしょうが、ちょっと違和感を感じていました。
未遂で終わった先生のところも良かったですね。