*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ルイス警部 ドラマの舞台裏』~#5:「芸術のいたずら」

『ルイス警部 ドラマの舞台裏』

全世界5億人の視聴者を13年間魅了し続けた、モース主任警部とルイス。そして2006年、ルイスが警部となって戻ってきた。ハサウェイを相棒に新たな難事件に挑む、「ルイス警部」の舞台裏をたっぷり紹介。
(チャンネル銀河)


#1~#4まで放送が終わってこのタイミングでなぜメイキング?と思いつつ、見てみたら納得です。
けっこうネタを割っちゃってます(笑)。

ルイス役とホブソン(検視医さん)役の二人以外は全員『モース』には出ていなかった役者さんだったので、気を使われる面もあったのだなあとか、役者さんのご苦労がしのばれる部分もかいま見れました。

ルイス役のケヴィン・ウェイストリーが、このドラマに対して…あるいはドラマ『モース』に対しても、強い自負があったことも伺えました。
やっぱりこれくらいでないと役者なんて務まらないんだろうなあと思ったり。
『モース』についてもちょっとコメントがありました。あの感動的な最終回、モルグでモースにルイスがお別れするシーンについては何かちょっと言いたかったことがあるようでした(笑)。制作者は「どうしてもあのシーンは撮りたかった」とおっしゃっていましたし、視聴者や原作のファンとしては、あのシーンは大成功だったと思うのですが。

ちょっと見る目が変わったのが、ハサウェイ役のローレンス・フォックス。
素(す)ではたいへん愉快ないちびり(関西弁)だということがわかって好感度赤丸急上昇中(死語?)です(笑)。びっくりしたのが、『ドクター・フー』のローズことビリー・パイパーが奥さんだということ。ハサウェイだけを見ていたら度肝を抜かれたところですが、このメイキングを見てなんとなくわかる気がしてしまいました(笑)。『ミス・マープル』の「シタフォードの謎」にも出ていたらしいのですが記憶に残っていません。あまりにもイギリスの役者さんにありがちな顔で(おいおい)。お父さんはやはり俳優のジェームズ・フォックスでRADA出身というサラブレッドなんですね。

そんないちびりのローレンス・フォックスが、毎回(1~4)「ちょっとした恋をする」ルイスに対して「あんなダサいおっさんが恋なんて。ハサウェイに恋させてよ。あ、もちろん女の子で」と言っていたのが大笑いでした。



#5:「芸術のいたずら」

図書館の職員レジ・チャップマンと、美術学生のネル・バックリーが遺体となって発見される。2人の死に関連があることを示唆する要素が数多く見つかるも、真相はなかなか見えてこない。事件の謎を解くカギは、人との意思の疎通はあまり上手にできないが、絵を描くことや記憶することにかけては天才的な能力をもつ青年フィリップが握っていた。はたして、ルイスとハサウェイは彼の記憶をうまく引きだし真相を導き出せるのか。/出演:ケヴィン・ウェイトリー、ローレンス・フォックスほか/原作:コリン・デクスター/英/字幕/2008年
(チャンネル銀河)


ほかのことをしながら見ていたせいか、筋が頭に入りませんでした。すみません…。
「図書館で殺人事件」というのが楽しいなあと思ったのですが、今ひとつ乗り切れませんでした。

前回のラストで本物のコンビニなったー♪とにこにこ見ていたルイスとハサウェイは、上司のイノセント主任警視から「そこの熱血コンビ」と呼ばれていました(笑)。
あと今回はルイスの「ちょっとした恋」がなかったですが、ホブソンのバースデイパーティに招かれたのがちょっとそれ?(「それ」って何だ)「誰か連れてきてもいいわよ」とホブソンに言われて「相手がいない」「セクシーなハサウェイは?」と言われてちょっとムッとするルイスがかわいい。
職場ではファミリーネームで呼び合ってるのに、パーティだとファーストネームで呼んでるのがいいなあv

しっかし、オックスフォード大学のボードリアン図書館って蔵書数約600万冊なんですね。二年前のドラマのデータなので今はもう少し増えているかもしれませんが、だいたい日本の国立国会図書館(東京本館)と同じくらいですよ。(日本の図書館の総蔵書数は世界の中でも低くはないみたいですが[1]、公共図書館がベストセラーを鬼のように複本買いしてたりするので、物理的な数ではなくて純粋に書誌数で調べたらどうだろな、これ。)
一大学の蔵書数がこれってすごくない?と思って調べたら、ハーバード大学の図書館は1530万(@wikipedia)で上には上が…。(因みに世界最大の図書館・アメリカ議会図書館の蔵書数は2800万冊以上。これでTwitterのつぶやきを全部集めたり電子図書館が大々的に稼働したらすごいだろうなあ。不景気はお互い様のはずなのに、彼我の差に唖然となります…)

[1]「世界各国の図書館蔵書数ベストテン」(日本著書販促センター)http://www.1book.co.jp/002655.html
[PR]
by n_umigame | 2010-11-09 17:00 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/12233403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。