*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『判事ディード : 法の聖域』3月17日からスタート

マーティン・ショウが『孤高の警部ジョージ・ジェントリー』でプチ・ブレイクしたおかげか、このドラマもAXNミステリーで全話放送されることに!
やったー。
製作年代からいくと、「ジョージ・ジェントリー」より少し前の作品のようです。

伝統的な英国の法廷を舞台に、人間味溢れる切れ者判事が正義の判決を下す!
マーティン・ショウ主演、BBC発の本格法廷ドラマをAXNミステリーで日本独占初放送!

本作は、イギリスBBCで2001年~2007年に放送された英国法曹界を舞台にした法廷ミステリー。

伝統的な赤いローブと"かつら"を身にまとった、英国ならではの法廷シーンと、古いルールやしきたりに捉われることなく、正義のために闘うジョン・ディード判事の一匹狼的スタイルは、平均で680万人を超す視聴者を惹きつける大ヒットTVシリーズとなった。
その本格法廷ミステリーの傑作が、いよいよAXNミステリーに登場する。

主役のジョン・ディード判事を演じるのは名優マーティン・ショウ。
AXNミステリーで大人気のTVシリーズ「アダム・ダルグリッシュ警視」や「「孤高の警部 ジョージ・ジェントリー」や、1980年代に日本でも放送された「特捜班CI☆5」などでも立て続けにヒットを続ける人気俳優だ。
今回、彼が演じたジョン・ディードは、格式と伝統を重んじる英国法曹界において、我が道を貫き、誰もが昇進のために使うコネや、ゴマ摺りなど見向きもしない切れ者判事。それゆえ、周囲に敵を作ってしまうことも多いが英国法曹界の革命児とも呼べる人物だ。また、高潔でハンサム、さらにはユーモアがあってチャーミング、といったキャラクターで女性関係も華やか。
マーティン・ショウは、艶やかにジョン・ディードを演じ、本作放送時、BBCがWebサイトで行った「最も素晴らしいTV俳優」に輝いた。

見応えある法廷シーン、日本と英国法廷のシーンを見比べるのも本作をより楽しめる醍醐味。
「判事ディード 法の聖域」AXNミステリーで日本独占初放送!


というわけで、またマーティン・ショウが女性にモテモテの役ですよアミーゴ・ミオ?
Twitterでマーテョン・ショウの代表作として紹介されていたのが「孤高の警部 ジョージ・ジェントリー」と「特捜班CI☆5」で、そのタイムラグっぷりにべっくらしました。
若い頃と年を取ってからブレイクする俳優さんというと、日本で言えば…水谷豊?

そんなわけで、英国の水谷豊、マーティン・ショウのドラマをまたしても拝めることを祝いましょう。
末筆ながら、水谷豊、マーティン・ショウ、それぞれのファンの皆さまからの「違うだろゴラあ!!」という胸のうちに対しておわび申し上げます。

あああ楽しみだなあvvv
[PR]
by n_umigame | 2011-02-13 20:38 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/12868461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 縁側昼寝犬 at 2011-02-14 22:45 x
 nisemiさま、こんばんは (* ̄0 ̄)/

 マーティン・ショウに恋して幾星霜。やっと新たなシリーズが見られるとあっては、ドキがむねむねします。
 「プラクティス」に代表されるアメリカの法定モノとは違って、ヅラ&ローブの重厚な雰囲気と判例重視のイギリスの裁判を垣間見られるのを期待しております。
 でも彼は、水谷豊ではない、と思います。たまたま日本では放送されているドラマが数本しかない、ってだけで、ここは特大フォントで「マーティン・ショウは、あんなねっとりした演技ではないです!」と叫びたいところです。(ああ、水谷豊ファンを敵に回したかも)

 しかしAXNミステリーの紹介文にある「高潔で(中略)女性関係も華やか」って、何か矛盾してませんかね。いずれにしても、うーーーん、羨ましい。
 3月のAXNミステリーは「判事ディード 」も楽しみですが、「ミレニアム」の続きも楽しみです。(*ノノ)  
 
 えーっと、愛するエロエロ侯爵ことジェロームさんと、モニカ・ベルッチが共演した映画ですが、どうも今年のカンヌ国際映画祭に出品されるようです。ジェロームさんがタキシードで赤い絨毯の上を歩く可能性アリですよ。カンヌに行かなきゃ。
Commented by n_umigame at 2011-02-14 23:17
>縁側昼寝犬さま、こんばんは~♪
おっと、そうでしたね。なぜか日本に紹介されたタイミングだけが水谷豊なのであって、マーティン・ショウ自身が水谷豊ではないですよね!(と言うか若いときの水谷豊のドラマってほとんど覚えてないんですが)
『ジョン・ディード』も楽しみですが『名探偵ポワロ』の「三幕の悲劇」で主役のデヴィッド・スーシェを食いまくっていたマーティン・ショウも早く日本で見たいです!!
「高潔にして女性関係も華やか」……「女たらしの騎士」てことですかねえ?(←それフォローなのか)

先ほどIMDbを見に行ったら、ジェロームさんが写真つきのページになってて驚きましたよ今までなかったのに!
なぜだ急に。久々に写真をまじまじ見ましたが、ジェロームさんって、口がエロいですねやっぱり!!!(*≧д≦*)=3 せっかくの数少ない公式写真なのによりによってジジイコスプレの写真を混ぜとくって、どういう…。
カンヌに出品されるなら日本でもミニシアター系でかかるでしょうか。エロ侯爵とモニカ・ベルッチ姐御なら、しかもレイトですかね?(←決めつけすぎ)
続報お待ちしておりますv