『リアル・スティール』リチャード・マシスン著/尾之上浩司編

/伊藤典夫・尾之上浩司訳(ハヤカワ文庫NV)早川書房
人間同士のボクシングが禁止された近未来、リングで闘うのは人間ではなく精巧なロボットたちになった。しかし変わらないものもある。華やかな勝利とは裏腹の負け犬は今でも存在する。旧式のロボットを抱え、落ちぶれて金もなく窮地に追いつめられた元ボクサーの男は、起死回生の手段に打って出るが……
名作「四角い墓場」(『運命のボタン』所収)を改題した表題作をはじめ、ホラーからユーモアまでを網羅した、巨匠の傑作集(Amazon.jp)


映画公開に合わせて、『運命のボタン』所収の「四角い墓場」を改題・再録し、新たに編まれた短篇集です。
マシスンは短篇の方がおもしろいと思うので、これからマシスンを読もうかという方には映画の相乗効果でもっと読まれれるといいなと思います。

「リアル・スティール」
「四角い墓場」のタイトルで既読ですので感想は割愛。
今映画のオフィシャルサイトを見に行ったら、「こんなかわいい子、出てきてたっけ??」というキャストが…。

「白絹のドレス」
アンファンテリブルもの…かな? 
<マシスン+子どもが主役>のお話はいつもコワイのです。最後の一撃です。

「予約客のみ」
因果関係がよくわからなかったのですが、マシスンらしい一品です。

「指文字」
だんだんたまるストレスの怖さをじんわりと教えてくれる作品。

「世界を創った男」
ミスター・パラノイアの本領発揮かと思いきや…? SFオチということでよろしいのでしょうか。

「秘密」
これも最後の一撃もの。
脚注がなければ日本人にはオチがぴんとこない作品かと思うのですが、意味がわかったところでその重さが実感としてわいてこないのは、それもやっぱりわたくしが一般的な日本人だから…なのでしょう。
因みにこのオチは『聖☆おにいさん』でもネタとして使われていました…(笑)。

「象徴」
ディストピアもの…かな。

「おま★★」
原題は"F---"。それを知るとなおさら邦題が巧い!!(笑)
…え、何を想像してるんですか? ちっともエッチな話じゃないですよ?ええ。たぶん。
スラップスティックなSFで、大笑いできる一品です。ただしR18(笑)。

「心の山脈」
この短篇集の中では少し長めの中編小説。
なのですが、何を読んだのかいまひとつわかりませんでした。時間をあけてまたチャレンジしてみます。

「最後の仕上げ」
マシスンらしいオチの小咄的ミステリ。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/14857755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by n_umigame | 2011-10-31 19:01 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧