*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

山道製菓所「つじうら」、再び。

一部の皆さま、お待たせいたしました。

今年もいただいてしまいました、富山県の素敵なお菓子「つじうら」。
平敦子さま、毎年毎年申しわけありません。ありがとうございますvvvvvv 今年もおいしゅうございました!

「つじうら」とは、練った飴や砂糖菓子の中に、占い箋が巻き込まれているお菓子でして、これが楽しいのなんの
そんなわけで、今年もご紹介いたします!

年明けに最初に引いた3つに意味がある伺ったので、今年の最初の3つはこれでした。
そのいち。

d0075857_2145253.jpg


「万事が思いのままに」
L(>∇<)」よっしゃああ!!!

じゃあね、じゃあね、ドラマ現代版エラリイ・クイーンでお願いします!(おおい)

そのに。
d0075857_2172069.jpg


「気長にやるがよい」
……。はい、気長に待つよ!!

そのさん。
d0075857_2181165.jpg


「好いたお方と添へなおる」
よし、まず「好いたお方」を作るとこからだー!!(うわあああん)

その他のラインナップ。

d0075857_21114070.jpg


「きっと添えます」
「おもはぬうれしいことが」
「約束してもよろし」
「あなた一人がたよりなのヨ」
↑最後の一文字が「ヨ」なのが、お座敷遊びっぽい(笑)。

「うれしい返事がくる」

うーむうーむ、なんか良いことばっかり書いてあるぞ? いいのかしらいいのかしら。
…と思って、今日食べたやつには、

「もうひとふんばりなのよ」

だからなぜ語尾が「よ」なのか。(笑)

ちなみに昨年のはこんな感じでございました。

こちらのサイトさまで、金沢の辻占の紹介とともに、こちらの富山県の「つじうら」も紹介されていました。
たいへん美しい写真付きのサイトさんですので、よろしければどうぞv
「ボテキンパラダイスかわら版」vol.26

この富山県のものもちょっと艶っぽいなあと思うものがありましたが、金沢のものはもっとストレート!!
上記のサイトさんによると、明治時代の「謎かけ本」や「都々逸集」から採用されているとか。
艶っぽいものがあるのも納得です。
わたくしが知っている都々逸→「三千世界の 鴉を殺し ぬしと添い寝が してみたい」(Wikipediaより)たぶんこれだけ(笑)。
[PR]
by n_umigame | 2012-01-10 21:25 | 日々。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/15250005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。