*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『オリエント急行殺人事件 : 死の片道切符』(2001)

アガサ・クリスティのベストセラー推理小説を現代風に脚色、アルフレッド・モリナ主演で映像化。イスタンブールを出発したオリエント急行の豪華な旅で、アメリカ人男性が殺された。そこで乗り合わせた名探偵ポアロが事件に挑む。
(TSUTAYA ONLINE)



ポワロ役にアルフレッド・モリナを配した現代版『オリエント急行の殺人』。テレビ映画だったようです。
ポワロ役の俳優さんは出演作品を拝見していると、一度や二度ではなくどこかで見ているはずなのですが、さっぱり覚えておりませんでした。すみません。

ある意味、”古典ミステリを現代版にしちゃえ魂”に火がついた先駆者的作品ではないかと思われますが、現代的なガジェットを使えば良い作品になるわけではないということを捨て身で教えてくれる作品でございました。
ポワロはノートパソコンを駆使して乗客の身元をあっという間に調べ上げてしまうし、「デイジー・アームストロング」から足がつくシーンは燃えさしの紙切れではなく、ラチェット宛てのビデオテープ。(大人の男性があんだけ足でがすがす踏んづけて再生できるのが驚きですが)
冒頭、ポワロは世界的な宝石泥棒ヴェラ・ロサコフ(グラマラスな美女であります)にプロポーズされますが、「名探偵と宝石泥棒なんてありえないよ」と言ったばかりに振られてしまいます。元々ヴェラ・ロサコフに別の事件でロンドンから呼び出されたということだったらしい。これが物語に関係あるのかと思ったら、まったくございませんでした。

ラチェットは、ヘビ柄のてろっとした開襟シャツにぶっといゴールドのネックレスをして、肩を大きく前後にゆすって歩くという、これ以上ないほど正しいチンピラでした。でもこの役者さん、出は少ないのですが(すぐ殺されちゃうし)なかなか良い感じです。チンピラくさい表情をしていないときはちょっといい人そうに見えるのは失敗ではないでしょうか。

ドラマ/ミステリ上の原作からの改変では、最後にポワロが二つの推理を繰り広げること。
それと、容疑者たちの「その後」を付け加えたことでしょうか。
人一人殺しておいて「これは正義だ」と安直に言い放ち、その後は幸せに暮らしました、めでたしめでたしという、アメリカ的脳天気さがしみわたる蛇足だったと思います。
ポワロが推理していない(調べただけ)上に、列車が走っていないとか、全体的に物・人含めて安っぽいというところが何ともかんともですが、90分間そんなに退屈しないのはクリスティーの原作に負うところが大きいと思います。

デヴィッド・スーシェの『オリエント急行~』を見た直後だったので、制作者や役者さんたちが一丸となって全身全霊を傾けたという、鬼気迫る感じはもちろん比べるべくもありませんが、原作がおもしろいということがひしひしとわかる作品ではありました。素材がいいからよっぽどひどいことをしない限り、まあまあ食べられるものになると申しますか。
そういう意味ではいかにも手抜きな作品でした。「ま、こんなもんでしょ」という制作者の姿勢が透けて見えています。

ドラマ化や映画化というのは二次創作なのですから、やはり原作への愛と敬意が入っているかどうかは視聴者にわかってしまいます。原作原理主義の人は何をどう作っても文句を言うのですから、そういう方々は横へ置くとしても、原作に対する深い読みや思い入れ、自分なりの解釈が、どれも真剣になされたものであるならば、それは必ず視聴者に伝わって一定の理解を得られるものだと思います。現代版アレコレを制作される向きには、ぜひ、形ではなく精神を引き継いでほしいと思います。

最初から期待しないで見たので、文句を言うために見たみたいな形になってしまい、申し訳ないですが。
でも、そんなにひどくはないですよ。
めちゃくちゃヒマなんだけど、なんか頭使わないもん見たいわーというときにはオススメいたします。(おいおい)
[PR]
by n_umigame | 2012-02-20 21:28 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/15460439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yuseum at 2012-02-29 22:06 x
これ、見ましたぁ。
自分のブログで触れるの、忘れてた〜。

そうそう、ノートパソコンを使うんですよ。
・・・それだけしか覚えていない(`・ω・´)シャキーン(笑)
Commented by n_umigame at 2012-03-04 20:25
>Yuseumさま
12人じゃなかったですしねー…なんか低予算で、いかにもやる気ねーみたいな作りでした。