*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ルイス警部』 #17「遠い日の悲しい出来事」; Old, Unhappy, Far Off Things

オックスフォード大最後の女子校マチルダ・カレッジで、ダイアナ・エラビー教授の壮行会を兼ねた同窓会が開かれる中、卒業生で大学職員のポピーが殺害される。校内でも同級生の間でも評判の悪かったポピーに恨みを持つ人物は多そうだ。10年前に同校で起きた少女暴行事件との奇妙な共通点が浮かびあがる中、第2、第3の殺人が立て続けに起こる。当時の捜査に間違いはなかったのか。そして今回の事件と何らかの関係があるのか。
(チャンネル銀河HP)



今回からシリーズ5に入りました。
シリーズ4の「なんだかなー」な物語展開に比べて、以前の水準に戻った感じです。物語自体に引き込まれる感じでした。


以下ネタバレにつきもぐります。














禁煙プログラムを聞いているらしいハサウェイ。禁煙しようとは思っているんですね。
でもまったく成功してないです(笑)。むしろ我慢した分だけ反動が出ている気が。
注目の髪型は、ソフトクリーム部分だけやめてました。

オックスフォード大学最後の女子カレッジで殺人事件発生。
スーパーマーケットでお買い物中のルイスのところにハサウェイが知らせにやってきますが、ハサウェイはなぜルイスがスーパーにいるって知ってたんですか。においでわかるんですか。

この女子カレッジは10年前に仮装パーティで事件があり、その二日後にルイスは妻がひき逃げにあって捜査から外れた(外された)という、ルイスにとってはつらい思い出の残る場所でした。しかもカレッジでの事件は事故としていったん処理されたものの、ルイス自身はずっと何かがおかしいと感じていたという、刑事としても因縁の場所でした。
「だから気をつけてあげてね」とハサウェイに耳打ちするホブソン。すっかりチームになってきた感じですね。
昼間っからパブでビールをあおるルイスとハサウェイ。(仕事中ですよね。モース警部のころから思っていましたが、イギリスではこれはありなんでしょうか。)
流れからルイス因縁の事件の話に。
「(話したのは)ホブソンだな」と言うルイスに「強引に聞きました」と嘘をつくハサウェイ。やさしい嘘つきですね。でもルイスにはばれてる気がします(笑)。

5年前に警察を退職し、かつてのルイスの部下だったアリのところへ聞き込みに行くルイスとハサウェイでしたが、少し遠巻きに遠慮がちにしているハサウェイがなんかかわいい。
アリから積極的にアプローチされるルイスですが、アリも次の犠牲者に。
実は警察を退職後も10年前の事件を独自に捜査して、秘密を知る人物を恐喝して小金を巻き上げていたという。
前夜会ったばかりのかつての部下が残酷な方法で殺されて動揺し、ホブソンに乱暴な口のききかたをしてしまうルイス。あとで謝ったときに、ホブソンは「いいのよ」と言ってくれましたがルイスは「きみにはだめだ」と。ルイスは身近な人を大事にする人ですね。

事件はまたまたどろどろの男女関係に起因するものでした。
2番目に殺された人は、犯人が自分を見られたかもしれないと思ったから、ということでいいでしょうか。それにしても殺す必要があったのかどうか。
アリは脅迫してましたから、ある意味自業自得な部分もあるのですが、相当ひどい殺され方をしたみたいで、このアンストッパブルな人殺し具合を見ていると、犯人はもうすでにこのころから正気を失っていたのかもしれませんね。





ところで今回びっくりしたのですが、ルイス!いきなり急激にお年をめしてませんか?
まあ中の人のケヴィン・ウェイトリーさんが、このシリーズ5時点ですでに還暦。めでたい。めでたいんだけど、やっぱりショック。年を取ると声帯も加齢により声が出にくくなるそうですが、60そこらでそんなことになるかなー(泣)まだ早すぎるよー(泣)イギリスの役者さんたちお元気だから、60なんてまだまだまだー!!
とりあえず次回、元に戻っていますように…。

今回も見知った顔が出てらっしゃいました。
ダイアナ・エラビー教授役のジュリエット・スティーヴンソンさんは、ミス・マープル版『無実はさいなむ』でグウェンダ役だった役者さんですね。グウェンダも一番つらいときに自分を見放すような男と婚約して、あげく殺されるというさんざんな役でしたが、つくづく男運のない人ですね…(あくまでドラマの中でですが)つーか男を見る目がない人ですね…(あくまでドラマの中でですが)
BBC「シャーロック」のサラことZoe Telfordさんも。

下着のチェーン店を知らないと言って「そんなことも知らないの」と言われ、バニヤンの『天路歴程』を知らないと言ってルイスに反撃するハサウェイとか、二人の漫才は健在ですが、今回はちょっとじーんときたところが。
10年前の事件を「変だと感じていた」というルイスの一言だけで、一から証拠品を洗い直すハサウェイ。徹夜して捜査の指針になるヒントを見つけ出してくれたハサウェイをじっと見つめるルイスですが、ルイス一瞬泣きそうになったでしょ。恥ずかしくないから言ってごらん。なのに「ありがとう」って言わないんですよね。言わなくてもハサウェイはわかってくれてると思ってるかもしれないけど、「言わないとわからないわよ」ってホブソンにも言われたじゃないの、ルイスー。
[PR]
by n_umigame | 2012-04-30 00:02 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/15794798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 縁側昼寝犬 at 2012-04-30 23:06 x
告白すべきことがあります…。この回、我が家のHDDレコーダーはぱんぱんでして、冒頭23分のみ録画をして、終了しておりました。(号泣)
ああああ、見たかったですぅぅ。特にルイスと小姑ハサウェイのコンビに磨きがかかり、ホブソンのナイスフォローとか、もう素敵すぎなシーズンなのに。しかもチャンネル銀河ってあまり同時期に再放送しないんですよね。うわぁぁん。(壁に頭をごつごつぶつけて反省中)
 ルイスの、誰に対しても愚直なほどの誠実さが好きです。
Commented by n_umigame at 2012-05-01 12:22
>縁側昼寝犬さま
同じことを、わたくし、「ミニスキュル」と「ミス・マープル」でやりました…しかもどちらもシーズン最終回。再放送の見込みナッシン。号泣しましたよ(泣) 
あの途中までは録れてるというのがまた傷をえぐりますよね…。
そのときに教えていただいたことですが、HDDは容量の半分を超えると不安定になるそうですので、気をつけましょうね、お互いに…。

「ルイス警部」は、今のシリーズの放送が終わったらまた1から集中放送するみたいですので、次こそ見られますよ!
シリーズ5まで来ていろいろと文句も言ってますが、全体的にクオリティは高いですよね、このドラマ。
本国では今年次のシリーズを撮影しているようですので、まだまだ楽しみです。
Commented by カクテキ at 2012-05-04 10:02 x
ルイスの声、へんでしたよね。
出てきてすぐ「あれ?」っと思ってその後も違和感ずっと消えずに集中できませんでした。
加齢のせいにするにはまだまだお若いので、風邪か何かで喉の調子が悪かったのだと思うことにします。
雪が残っていたりと寒そうでしたから(笑)。

10年前の事件に心の決着がついていないルイスに応えてあげるハサウェイ、それにこそばゆく反応しているルイス、いいシーンでしたね♪
もちろん、ホブソンの気遣いも。

ところで、ハサウェイ。
髪型戻す気ないようですねっ!(怒)
Commented by n_umigame at 2012-05-04 22:13
>カクテキさま
ルイスの声、変でしたよね!あとで見直しましたがやっぱり変でした(泣)気になって次の回は速攻で見ましたが、直っているようでした?
直っていましたよね。
確かに、この回は寒そうでした。

回を追うごとに、名コンビ+ホブソン+イノセント、みたいなチームのフォローと連携が(漫才的な意味で)(おい)見事になっていきますよね。
今後も楽しみです~♪

ハサウェイの髪型、失敗タンタン部分だけへちゃげてましたね(笑)。
わたしは見慣れてきました(笑)