「ほっ」と。キャンペーン

『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』ジェフリー・ブラウン作/とみながあきこ訳(辰巳出版)

すべてのスターウォーズファンに贈る笑って泣けるユーモアブック。

ダース・ヴェイダー(父)&ルーク・スカイウォーカー(息子4歳)、銀河の彼方で繰り広げる父と息子の日常ストーリー

”もしも、ダース・ヴェイダーが子育てに積極的だったなら”
シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは、反乱同盟軍の英雄たちと戦うべく、銀河帝国軍を率いる。だが、そのまえに、まず4歳の息子、ルーク・スカイウォーと
遊んでやる必要がある・・・
(Amazon.jp)


帯によると「ルーカス・フィルム公認 暗黒卿の子育て絵本」だそうです。

まったく、なんですか、この父子萌え狙い撃ち絵本は!
けしからんですね!!(*゚д゚*)=3
翻訳が出る前からあまぞんさんでストーキングしていた甲斐があったというものですよ。

わたくし、映画は一応全作品見ているものの、スター・ウォーズサーガには詳しくないのです。
が、それでもこれは笑って笑って、最後の一ページはほろりとさせられました。

まず、絵が良いですね。
マーカーと色鉛筆を使ったようなタッチで、わざと塗り跡を残してあるのですが、画面全体に丁寧に書き込まれていて、あたたかい印象が、このほのぼのとした内容と合っています。

内容は、たぶんファンだったら倍笑えるんじゃないかなと予想します。
ダース・ヴェイダーのしゃべり方がまったく彼らしいのも笑えますが、けっこう親ばかで息子に気を使っているところがかわいい反面、ケンカしてきたらちゃんと事情を聞く(むやみに息子の肩を持たない)とか公平なところも意外で(笑)、愛されてるアンチ・ヒーローだなあと思いました。
ときには一人になりたい、というダース・ヴェイダーも、作者の方が子育て中のご様子で実感がこもっています。シングル・ファーザーのダース・ヴェイダーはさらにたいへんなことでしょうね(笑)。

そんなダース・ヴェイダーに気を使う帝国軍のみなさんも愉快です。

一番ツボだったのは、誕生日プレゼントを自分でラッピングするヴェイダー卿(←すごい不器用)です。

SWサーガファンはもちろんのこと、子育て絵本としてもおすすめなんじゃないでしょうか(笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/15937072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by la-panda at 2012-05-29 23:37
これ入ってきて速攻ゲットしました!画がかわいいの!
Commented by n_umigame at 2012-06-01 22:41
>la-pandaさま
かわいいですよね!絵がいいんですよね~♪
by n_umigame | 2012-05-28 22:24 | | Trackback | Comments(2)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧