*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

日本盤DVD『SHERLOCK/シャーロック』コメンタリー感想めも

日本盤DVDが届きましたので、取り急ぎコメンタリーだけ見ました。
(UK盤でも見たのですが英語字幕を追いながらだったので^^;)

ランダムな感想メモ&本編のネタバレもありますので、もぐりますね。
そんなものでもお読みになりたい奇特なお方だけどうぞ。















コメンタリーも英語字幕ではやはり細かいところまで追い切れていなかったと思い知りました。
逆に言うと、日本語字幕で改めて見てみるととても新鮮で楽しめました(笑)。


第1話は制作サイドの3人、マーク・ゲイティス、スティーヴン・モファット、スー・ヴァーチューによるコメンタリーです。
やはり制作者、特にマーク・ゲイティスとスティーヴン・モファットが、子どもの頃からいかにホームズ物語を愛しているのかということがしみじみと伝わってきて、原典に対する愛と敬意にあふれた、このすばらしいドラマが仕上がった理由も納得のコメンタリーでした。

ホームズ物語はただの推理ものではなくて、ホームズとワトソンの冒険物語であり、なおかつ二人の友情を描いた物語なんだ、とおっしゃっていて、ジェレミー・ブレット版のホームズで、ワトソンを演じた役者さんが同じことを言っていたのが印象深かったです。
役を演じる俳優さんもそうでしょうが、やはり読み込めば読み込むほど「これはただの推理小説じゃないんだ」ということになっていくということなんだろうと思います。
スティーヴン・モファットは、しかもこれだけ何話もあるのに、二人の友情(affectionという言葉を使ってらっしゃいました)がわかるような言葉は『三人ガリデブ』にしか出てこないのがすごい、と。
うん、あのシーンはすごいと思います。初めて読んだときなんか、あのホームズのセリフと、それに対するワトソンの感想しか覚えてなかった(笑)。

以下、箇条書きで。第1話と第3話のコメンタリーがごっちゃになっています。
すみません。

・ベネディクト・カンバーバッチ(以下バッチ君)とマーティン・フリーマンが、才能があるという共通点をのぞいては正反対の役者だというのがいい。
・ホームズ物語を制作するにあたって、ホームズとワトソンの友情や関係性は、演じる役者同士の関係性も出てしまうと思ったから。むしろそこの基盤がないと、ホームズとワトソンの関係性が表現できない。
・バッチ君とマーティン・フリーマンはまたたくまに意気投合して仲良くなった。ので助かった。
・バッチ君はシャーロックとは正反対のキャラクター。ドジで(←2回も言われてたです(笑))人なつこくて優しい。マーティン・フリーマンの気難しいところと、お互いに自分にないところを補い合っている。
・ホームズ(シャーロック)とワトソン(ジョン)も、お互いの足りない半身みたいな関係だ。だから一見とても気が合いそうに見えないのに、友情を保つことができる。

マーティン・フリーマンは『銀河ヒッチハイク・ガイド』のコメンタリーで、ちょっと気難しそうな人だなあと思った覚えがあるので、なるほどそういう人なんですね。今回の『SHERLOCK』のコメンタリーでは控えめであまり話しませんでした。(←H2G2ではビル・ナイに「どうしてきみはいつもそうなんだ」とたしなめられてたのが萌えでした。甘えられるくらい親しい関係なんだろうなと思って。(←…))

・〔今回現代版ホームズを制作するに当たっては〕原典以外のすべての作品を聖典だと考えた。(←謙虚ですよね…。諸先行作品にとても敬意を払って話してらっしゃるのがよくわかりました。)

・モリアーティというのはアイルランドの名前。(そうだったんですか!初めて知りました)アイルランドの人がモリアーティを演じるのは初めてのこと。
・シャーロックも変わった名前だよね。記者発表で「シャーロックとジョン」て言ってるのに記事になったら「シャーロックとワトソン」って書かれてる(笑)。ジョンはありふれた名前だからね。

・シャーロックは(第3話で)一歩間違えていれば、自分もモリアーティになっていたことに気づく。でもシャーロックには心がある。僕らと同じように。
・ジョンは、礼儀正しい男だ。鋼のような強さを持っていて、自分を押し殺して人々に穏やかに接する。皆が彼を好きになる。
・シャーロックは、優しくさりげなく彼をたしなめてくれる人物と出会い、初めて人間らしくなれたんだ。(←シャーロックがどんどん人間らしくなっていくのを見るのも、このドラマの楽しみの一つですよね。)
・〔シャーロックは〕食べてくれる人がいない凄腕の料理人みたいね(笑)。もしくは笑ってくれる人がいない大物コメディアンみたいだ(笑)。
・骸骨の代わりにジョンが来てくれて、うれしくなって連れて行くんだ。(←そ、そうだったのか…!(爆笑))

・二人をお互いなんて呼ばせるかも議論した。「ホームズとワトソン」じゃ、寄宿学校の男子生徒みたいだよ。
・シャーロックのセクシャリティが問題になるんだけど、彼は脳以外の部位に興味がない。(←やっぱりな…。)
・シャーロックは支配的だけど、温かくて優しい笑顔を見せる。(←第1話のタクシーおっかけっこ後、ベイカー街221に帰ってきてジョンと二人で大笑いするシーン。確かにここ、いいですよねv)

・シャーロックの”依存症”は危険に対する依存。事件がないときは薬物もやってたかもしれない。(←ですよね。AXNミステリーで字幕版を見ていたら、「あなたはジャンキーだ」と出るシーンがあり、違和感がありました。junkieは薬物依存症(の人)の俗語ですが、addictionはもっと「依存」の対象が広い意味ですよね。)

・二人ともお金がないはずなのにしょっちゅうタクシーを利用するのは、原典がハンサムを使っているので、路線バスに乗らせるわけにはいかないから。なるほどなあ。わたしも「ロンドンのタクシーって初乗りいくらくらいなのかな、安いのかな」と思っていました。
・ジョンが銃を持っているのも、現代に合わせたことで無理があるけど、展開上持っているそうです。ロンドンの町中で銃を持ってたら違法だそうで。おまわりさんも丸腰なんですもんね。

・バッチ君、話長い(笑)。あと、アラン・リックマンのものまね、うますぎ。言われてみれば声質が似てるかもです。あと、26才まで名前書いた学生時代のシャツ着てた。
・マーティン・フリーマンが振ったギャグ(?)「じゃあ、結婚すれば?」(笑)。めいめいがずっと言ってるのがおかしかったです。「この役者さん、いい人だよ」と誰かが言うと、「じゃあ、結婚すれば?」ってつっこむのですが、最後が、マーク・ゲイティスがモリアーティ役のアンドリュー・スコットもいい人だよ、と言ったら「じゃあ、結婚すれば?」と言われて「うん、絶対する。約束だよ」。和気あいあいとしていて、とても楽しそうでした。
・撮影中にマーティン・フリーマンが、雪の日に滑って転んだそうで、「フリーマンが転んだ」という歌までできた、と言って歌い出すバッチ君。
・バッチ君は横顔に鋭さが足りないので、照明でなんとかしていた。
・逆にマーティン・フリーマンは丸さを強調されていたそうな。3話から撮影開始してだんだん髪を短くしていったんだけど、最後は「12才の子がいる。親はどこだ」状態だったとか。成分はマシュマロとか言われて(以上全部バッチ君発言)、最後にマーティン・フリーマンから「もう君のメールには返事しない」と言われていて大爆笑でした。
[PR]
by n_umigame | 2012-07-16 18:53 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/16364652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by れんか at 2012-10-10 16:38 x
はじめまして。お邪魔いたします。
シャーロック日本語版も出るのかーと地下鉄の広告をぼんやり眺めたいたのですが、内容がどうなってるかまで気にかけていませんでした(汗)
ところで、UK盤は、早々に購入して、バタバタと観ていたのですが、エピにかぶせるコメンタリーは観ていたけど、(字幕付いてました?)それ以外に記憶がないのです。あ、あとUncoveredと。EP1のかぶせコメンタリーは、ベネさんも参加してましたよね?
UK版と日本版、中身は同じなのでしょうか? ↑の話は観た記憶がないです><。
本編のリピート流し観は何度かやってたけど、コメンタリーまで繰り返してなくって。
私がうっかり全部見てないだけなら見直します。
あぁ、こちらにたどり着いて感謝です。手元にDVD持ってるのに観てないとこあったなんてオオバカだわ。ありがとうございます。
(ところで日本盤、高価ならしいですね~)
Commented by n_umigame at 2012-10-11 21:29
>れんか さま
はじめまして。コメントありがとうございました。
わたしも辛抱たまらず、結局S1はUS盤とUK盤と日本盤を持っている始末なのですが(^^;)、コメンタリーなど特典はすべて共通だったと思いますよ。
わたしはヒアリングに難ありで英語を読むのも遅いので、日本語字幕で大まかなところが理解できてから英語字幕で改めて見る、という流れが非常にありがたいのと、NHKの吹き替え脚本はいつも秀逸なのでそれだけでも日本語盤はありがたいのでした。
なので単純に値段というデータで比較すると高いですが、それが値段分だけのことがあると思えばトントンだと思います。日本盤が出るだけありがたいですしv
Commented by まい at 2013-12-13 13:05 x
初めてお目にかかります。
ひとつ教えてください<(_ _)>
コメンタリーを英語字幕で見たいのですが,UK版にはついているのでしょうか?
ネット情報では「UK版はついてなくてUS版についてる」とか「UK版にはついていない」とかまちまちで,どれを買えば英語字幕でコメンタリーを見られるのかと。。。
よろしくおねがいします。