*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『シャーロック』第2シーズン#1:「ベルグレービアの醜聞」

シャーロックとジョンは突然、バッキンガム宮殿に連れて行かれる。シャーロックの兄、マイクロフトが現れ、匿名の依頼人は「高名な方」で国家の一大事だと告げる。依頼内容は、性的サービスを提供し、「あの女」と呼ばれる女性、アイリーン・アドラーが持つ写真を奪うこと。ある若き女性の不名誉な写真だ。シャーロックは、王室を相手に自ら写真の存在を知らせてきていながら、なにも要求していないアイリーンに猛烈な興味を抱く。
(NHK海外ドラマHP)


祝!第2シーズン日本放送。この日を指折り数えて待っていました。
なのですが、今回はUK盤Blu-rayで先に見てしまったため、英語字幕を見ながらの鑑賞で理解できていなかった部分を補完するのが主な目当てでした。

以下、感想はその「抜け」を確認した部分、それから英語字幕で持った感想が自信がなかったので保留していた部分などがメインになります。
UK盤を見た感想はこちら

全面的にネタバレしていますので、ご注意ください。











・第1印象は、僭越ながら「ううーん、やっぱり翻訳むずかしいですよね、今回」でした。英語で見ていると、わたくしのような素養のない者でも、シャレだとわかる部分がてんこ盛りでした。シリーズ1よりパワーアップしている(制作者さんたちが自らのオタクっぷりをさらすのに遠慮がなくなったとも言います(笑))分、なおさらだろうと思います。
・なので、ちゃんと英語として理解している方が見ると「ああっ、そこは、確かにそうなんだけどそうじゃないのギギギギギ(;`皿´)」みたいなところが、きっと山盛りに。
NHKの海外ドラマの日本語脚本チームの方は、昔から本当に優秀なお仕事をなさっていると、満腔の敬意を払うものでありますが、その言語にしか伝えられないニュアンスや概念ということは絶対にあるので仕方ないですよね。

・UK盤で特に「??????」となったのは、ミステリーの部分でした。
Bond Airと007便はもちろんシャレだろうということはわかったのですが、軽いシャレでは済まされない様子でしたので。
で、日本語吹き替えで見ても、やっぱりミステリー(謎解き)部分は「??????」でした(笑)。
・シャーロックのマシンガン推理の部分はおかげさまで全部理解できました。
(お兄ちゃんが言ったように「女にほだされていいとこ見せたかった」せいかどうかはわかりませんが、理解者(と友達)が少ないシャーロックが、ジョンが現れていかによろこんでいたかを見るにつけ、そうではないとも言い切れないところがなんともかんとも。)
・メインの部分は、まず飛行機の座席のことだということ、そこから便名を推理して当てたこと、そのあたりはおもしろかったのですが、いきなり風呂敷広げたエスピオナージュな展開がやっぱりよく理解できませんでして。

・要は、爆破テロの動きがあることを察知したイギリス、アメリカ両国の情報機関は、数年かけて死体をてんこもり集め、それをジャンボジェットに乗せて飛ばせてテロリストの裏をかこうとした。
アイリーン・アドラーが国防省の職員からパクった情報を携帯電話に入れていて、アイリーン自身はそれが何を意味するかわからなかったんだけど、シャーロックをうまいこと乗せて謎を解かせた。
ところがテロリストとつながっているモリアーティにその情報がリークされ、英米の情報機関の数年間の努力は水泡に帰した、とこういうことですよね。

・で、思ったことをつらつらとなのですが。
・まず、CIAのやり方がまずすぎないか。
事実上の犯罪者のアイリーンに対してならともかく、無辜の民間人に対してあんな暴力(ジョンを撃ち殺すと脅したり、ハドソンさんに暴行を働いたり)をふるってまで謎解きをさせるとか、携帯電話を奪おうとするというのが筋が通らない。マイクロフト、つまり英国情報部ともつながっているなら、穏便にすませる方法がいくらでもあると思うんですが。スパイは目立っちゃだめですよね。
・それから、数年かけて集めた死体は腐らんのかとか。
・シャーロックも「パイロットはどうするんだ?ああそうか自動操縦だ」って言っていますが、ジャンボジェットって、離陸は自動操縦でできるんですか。途中でパイロットはパラシュートで脱出する予定だった?
・とかとか、詳細がわかってみると、ミステリー部分に関しては「策士、策に溺れる」みたいなツッコミどころ満載な印象でした。

・「バチカンのカメオ」のところはセリフまんまでしたね。で、やっぱり意味不明です。

・「子どもの名前はヘイミッシュにしたら?」と唐突にシャーロックとアイリーンの間に割り込むジョン(笑)。ワトソンのミドルネームはガイ・リッチー版でも「ヘイミッシュ」と名乗っていましたが、このドロシー・L・セイヤーズの解釈は定番ということなのでしょうか。
・個人的に「ヘイミッシュ」というとロバート・カーライル主演のドラマ『マクベス巡査(ヘイミッシュ・マクベス)』を思い出します。^^ テリアのジョックがかわいいのです。

・ジョン…あんた…。とっかえひっかえすぎ(笑)。いや、シャーロックのせいで長続きしてない可能性に3000点ですが(笑)。

・クリスマスパーティーのシーンは、UK盤ではジョンの目の動きや表情にばかり気を取られてましたが、レストレードもモリーを気遣っていることがよくわかりました。
モリーも本当にいいコ。こんなけなげな女の人、なかなかいないよシャーロック。
シャーロックの周りは本当にいい人ばかりですね。
それに気づいたときに、シャーロックに弱点ができてしまった、というのは深い解釈だと思いました。
「終わらない人生も、壊れない心もない」というマイクロフトお兄ちゃんのセリフが刺さります。

・レストレードは妻子持ちなのになんで221Bのクリスマスパーティに来てるの?と思ったら、そういうことですか(笑)。
出は少ないけど、今回もレストレードはいい仕事してくれました。

・アイリーン・アドラーの解釈ですが、ホームズを愛している男性の解釈だなあと思いました。
・その点(?)、サー・アーサー・コナン・ドイルはホームズのこと愛してなかった(笑)ので、冷静だなあと改めて思いました。
役者さんは圧倒的にgooなのですが、恋愛とは呼べないかもしれないけど、自分を初めて打ち負かした女としてのThe woman、というオチにならなかったのがちょっと残念です。
とくにラストシーン、首を切られそうになるシーンですね。UK盤を見たときは、あれはアイリーンの最期に見た幻だと思っていたのですが、いただいたコメントで、どうやらそうではないらしいと知りまして。
シャーロックをひっかきまわしたつもりだったけど、結局命を救われてるんじゃん、みたいなオチって、やっぱりどうなのかなあと。
・でも、制作者さんたちはホームズを愛してるんだから仕方ないですね(笑)。

・今回は細かいところのネタ拾いだったので、ツッコミばかりになってしまいましたが、萌えにつきましてはUK盤の感想も見ていただけると幸いでございますv
[PR]
by n_umigame | 2012-07-23 18:10 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/16443462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yuseum at 2012-07-23 20:37 x
にせみさん、こんばんは(^-^)/
いやぁ、第1シーズン終わって第2シーズンが始まるまでの「4日間」が長かった(笑)

今まで4話見てきて感じたのですが、連作短編みたいな感じでテンポよく話を進め、視覚的にも訴えるものがあるから、まさに目が離せませんね(^^)

今回はビリー・ワイルダー監督の「シャーロック・ホームズの冒険」のオマージュと聞いて、あぁ〜なるほどね、と思いました。
・シャーロックの推理したものはマイクロフトの計画だった。
それを優先して話を作ったから、ミステリー部分はツッコミどころ満載になったのでしょうf^_^;)
そして、ラストシーンはワイルダー監督とは逆のシーンにしたかった、そうで。
なるほどね〜(^^;;

「バチカンのカメオ」は…、よく分かりませんね(・_・;
次回がバスカヴィルだから、としか考えようがない~(・・?))
次回を見てない状態のYuseumが少し調べて想像するには。
おそらく、「バチカンのカメオ」事件があって、そこでジョンとシャーロックは暗に危険を示す時に「バチカンのカメオ」と合図することにしよう!と決めたんです、多分。
…語られざる事件だから、視聴者には特に示してない(苦笑)
Commented by n_umigame at 2012-07-23 21:11
>Yuseumさま
こんばんは~(´∀`)ノ
ええ~たった4日が「長かった」なんて言ったら去年の夏から待ってたファンがケータイの着メロ「ステイン・アライヴ」に変えちゃうぞー。
でもお気持ちはとってもよくわかります^^

このままどんどんパワーアップしていきますので、S2E3のラストでまたお茶の間で転がり回ってください(笑)。で、よろしければまたYuseumさんのご感想も聞かせてくださいね~♪

S2のUK盤のコメンタリーはまだ見られてないのですが、S1でも「先行作品はすべて正典と考えた」とおっしゃってましたので、正典だけでなく、二次創作系も詳しい方のほうが楽しめるドラマですよね。だからぜったい、Yuseumさんにはオススメだと思ってました(笑)。

「Vatican cameos!」ですが、英語圏のファンの間でも意味わからん、となったようでした。正典で未解決事件としてちょろっと触れられてるんですよね?ジョンのブログでもそう言っているそうですが、結局「?????」みたいです^^;
あの金庫の仕掛けは元ネタは「ソア橋」かと思ったのですが、いかがでしょうか。
Commented at 2012-07-23 22:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_umigame at 2012-07-27 19:50
>鍵コメ まりおさま
見ましたよ~。らばQさんはほぼ日参サイトさんなので^^
走りきったあとの笑顔が美しいですよね。