*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『マダガスカル 3』(2012)感想その1。

ライオンのアレックス、シマウマのマーティ、カバのグロリア、キリンのメルマンはアフリカを出発し、故郷ニューヨークに戻ることにする。彼らはモンテカルロのカジノにいるペンギンズを捜しに行き、そこで騒動を起こしたせいでデュボア警部率いる動物管理局に追跡されてしまう。逃げ惑う彼らの前に運良くサーカス団の列車が現われ、乗り込むことに成功するが……。
(シネマトゥデイ)



感想その1。(まとまらなくて長くなりすぎたので分けます)


『1』『2』ではわりと重いテーマと主人公4人組の成長をたどる物語でしたが、『3』はそういうところが一切、なし!(笑)
気持ちいいくらい、エンタテインメントに徹した作品でした。
シリーズ初の3Dだったということもあって、アクションシーンを見所にしたという面もあるのでしょう。
トリロジーのおそらく最後を飾る、シリーズ最高傑作だと思います。
わたくしには技術的なことはよくわかりませんが、「絵が動いている」のを見ているだけで、こんなに楽しくて気持ちいいと思ったのは久しぶりです。

ご都合主義と言えばそうなんだけど、ツッコむ隙もないくらい(笑)。
劇場にいた子どもさんたちが、90分間スクリーンに身を乗り出して食い入るように見ていたのが印象的でした。親御さんも子どもさんも同じシーンで大笑いしているのを見てると、子どもがいる時間帯に映画館に来てみるのたまにはいいなーなんて思いました。

ワンシーンごとがものすごく作り込まれていて、かつプロットの面では説明の省き方がうまい。なので、あっけなさを感じたりおいてけぼり感を味わったりということがないのがすごいです。
泣きながら刈り込んだんだろうな…ノーカット版とか出たら何時間でも見ますよ、わたし。

サーカスのシーンはなぜか涙が出そうでした。見た目の華やかさのわりには実はキャラクターたちが何をしているのかはよくわからなかったのですが(笑)、夢を見ているみたいで気持ちが良かったです。
ケイティ・ペリーの"Firework"の歌詞が似合います。人生応援歌なんですね。
「自分が薄っぺらい紙きれみたいだと感じたことはない?」
「あらゆるドアが閉じているのは、たぶん自分自身のせい」


以下、ネタバレ。結末に触れています。




『3』では、『1』『2』でそれぞれの悩みを克服して、少し大人になった4人が、落ちぶれたサーカスを助けるはめに。あんなに恋い焦がれたふるさと、NYの動物園に帰ってきたけれども、もうそこは「大きくなりすぎた」自分たちが納まりきれない場所になっていました。

イントロは『2』からの続き。
モンテカルロに行ったままアフリカに帰って来ないペンギンズとチンプス(メイソンとフィル+「親指」のチンパンジーたち)。
待ち焦がれていたアレックスに、マーティとメルマン、グロリアが誕生日プレゼントしてくれたのは砂で作ったジオラマのマンハッタン。でもアレックスたちはかえってホームシックが募ることに。4人はペンギンズを追いかけていくことにしました。
(アレックスの夢に出てきたワープドライヴ搭載のペンギンズの飛行船と、正の字が笑いました。よくドラマなんかで刑務所で囚人が壁に書いてるやつ。)

■以下、笑ったところ、楽しかったところ。

・なんと言っても冒頭のど迫力カー・チェイスシーンでしょう。
このシーンはドリームワークスやパラマウントが公式に配信しているものをYouTubeでも見られるので、わたくしが戯言をくだくだ述べるより、ネタバレを気にしない方はぜひごらんください。

『マダガスカル3』本編映像4(日本語吹き替え)
http://youtu.be/UHO4crCUaFw

「Madagascar 3 - "Car Chase" Clip」(英語)
http://youtu.be/zpHLNPsUY9c

日本語吹き替えはペンギンズの隊長と新人がアンタッチャブルが降板して、代わりにNHKのTVシリーズを当ててらっしゃる声優さんに変わっていました。
タレントさんたちもわりとうまいと思っていましたが、やっぱりプロの声優さんはうまいですねえ。(えらそう)

英語版は全部聞き取れないのですが、コワルスキーの開発した「スペシャルエンジン」のことろは日本語脚本はいろいろと配慮した表現になっていますね。隊長は「New killer reactor」と言っているように聞こえるのですが、それでも意味わからん(笑)。
あとコメント欄でペンギンズのRV車のナンバープレートに「EAT CAKE」と書かれているのが皆さん受けてらっしゃるのですが、これも意味がわからない(泣)。なになに、なんて意味なの。とんでもない意味なの?単にチンプスの変装が「ベルサイユ国王」だから「Let them eat cake.」の「EAT CAKE」かと思ったんだけど違うの?

軽快なずんどこジマー節に乗ってのカー・チェイスシーンは『ザ・ロック』のショーン・コネリーとニコラス・ケイジのそれを思い出してしまいました。


見たばかりでまとまらないので、後半へ続く!(おいおい)
[PR]
by n_umigame | 2012-09-19 23:06 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/16843895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。