*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『キャッスル : ミステリー作家のNY事件簿』#1:「新コンビ誕生」

NHK海外ドラマHP↓
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/castle/index.html

海外ドラマNAVI↓ ※第一話が無料で見られるようです。
http://dramanavi.net/special/sp-58-castle/



人気ミステリー作家のリック・キャッスルは刺激の無い日常に退屈しスランプぎみ。そんなとき、異常な殺人事件が2件続けて発生。最新の被害者は若い女性で、全裸の遺体はバラとヒマワリの花で飾られていた。女性刑事ケイト・ベケットはすぐにキャッスルの小説の模倣と気づき彼のもとを訪ねる。“模倣犯は人気の証し”と調子にのるキャッスルにベケットはイライラ。犯人の選んだ作品に納得がいかない彼は警察に捜査協力を申し出る。

【声】ネイサン・フィリオン…加藤亮夫, 【声】スタナ・カティック…湯屋敦子, 【声】スーザン・サリヴァン…鳳芳野, 【声】モリー・C・クイン…羽飼まり, 【声】ジョン・フエルタス…堂坂晃三, 【声】シーマス・デヴァー…菊本平, 【声】ルーベン・サンチャンゴ・ハドソン…小原雅人, 【声】タマラ・ジョーンズ…平野夏那子, 【声】スティーブン・J・キャネル…堂坂晃三, 【声】ジェームズ・パターソン/ケア・ダレー…長嶝高士, 【演出】ロブ・ボウマン, 【脚本】アンドリュー・W・マーロウ
(NHKネットクラブ)


はい、というわけで、あんなに前からチェックしていたというのにバタバタでプレミア放送もすっかり見はぐり、本放送になってしまいました。

なぜそんなに気になっていたかと申しますと、『SHERLOCK/シャーロック』の大成功を受けてアメリカでも現代版シャーロック・ホームズのドラマ化など盛り上がりを見せる中、なぜ、自国のステキミステリをかえりみようとはしないのか。
具体的に申さば、現代版エラリイ・クイーンを制作しようと誰も言わないのか。
もうもう、ずーっとそう思っていたのですが、そこへ、「NY在住の売れっ子作家で市長とかとコネがあって好奇心からNYPDに茶々入れつつ事件を解決する探偵」のドラマがあると言うではありませんか?

この設定、クイーン・ファンが見過ごしにできようかいやできん。

そんなわけで、楽しみにしておりました。

第1回は、キャラクターの紹介重視で、事件そのものは一ひねりで終わって感がいなめませんが、今後どうなっていくのか見守りたいドラマではございました。
また、エピソードの最後に挿入される音楽がいいなv と思っておりましたら、2回目以降も最初と最後にあるようで、これも楽しみ。

すでに日本でもシーズン2までDVDも出ていますが、TVでぼちぼち見ようと思います。

1回目を見た感想では、キャッスルの娘のアレクシスがかわいいのでお気に入りです。
あと、お母さんも(笑)。
[PR]
by n_umigame | 2012-10-04 22:29 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/16932085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。