『泥酔懺悔』朝倉かすみほか著(筑摩書房)

お酒のせいなんですっ!!

泥酔せずともお酒を飲めば酔っ払う。酒席は飲める人には楽しく、下戸には時に不可解……。お酒を介した様々な光景を女性の書き手が綴った連作エッセイ集。

【目次】
無理(朝倉かすみ)
下戸の悩み(中島たい子)
初めての飲み会(瀧波ユカリ)
だめなことは、悪いことではない(平松洋子)
ザル女という噂(室井滋)
酒瓶にも警告ラベルを!?(中野翠)
名女優(西加奈子)
ひとりでお酒を飲む理由(山崎ナオコーラ)
下戸一族VS飲酒派(三浦しをん)
白に白に白(大道珠貴)
損だけど(角田光代)
(出版社HP)


webちくまで連載されていたものをまとめた本だそうです。
最後の角田光代さんのエッセイだけ書き下ろし。

酔っ払いの人がやらかした話を聞くのが好きで、そういった本が出るとちょこちょこ読むのですが、このエッセイ集は下戸の人のお話も入っています。
なので、あまり「酔っ払いの方々のやらかした話」を期待して読むと肩すかしをくらう内容でした。

作家さんが書かれているので下戸の方のエッセイもそれなりにおもしろいですが、やっぱり飲んでやらかした話の方が数倍おもしろいですね(笑)。

わたくし自身は記憶がなくなるまで飲んだことは一度もございません。たぶん。明るくていい酒だと言われています。たぶん。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/17177193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by n_umigame | 2012-11-16 21:33 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧