*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『孤高の警部ジョージ・ジェントリー』#15「ジェントリー汚職疑惑」; Gently in the Cathedral

※話数が合わないなーと思っておりましたら、このエピソードが#15でした。お詫びして訂正いたします。[2015.11.17.追記]



新婚のヘンダーソン警官は、立ち往生していた車輌に近寄るが、車内に死体を見つけてしまい銃殺される。しかし、警官の死は殉職ではなく汚職による自殺ではないかと噂される。一方、ジェントリーに恨みを持つラティガンが仮釈放される。
(AXNミステリー)


……え、ここで終わり!?Σ(;゚д゚)
こんなところで終わったら打ち切られた少年マンガみたいですよ絵的にも!

ネタバレありますが、もぐりませんのでご注意ください。



今回は見る前から気になっていたルイス警部の中の人こと、ケヴィン・ウェイトリーさんが出演。
登場の仕方がこそ泥風(笑)だったこともありますが、ひげもさで一瞬誰だか…って、こんなんばっかりだな、おい。
ルイス警部で主演される前は、『モース警部』や『ミス・マープル』でも警部のお供の部下役ばかり、しかもみんな誠実で実直そうな役しか見たことがなかったので、今回はどんな役柄かしらとどきどきしていましたが、登場の仕方がこそ泥風だったこともあって(大事なことなので2回言いました)うさんくささ大爆発。これまでの役柄から役者さん自体がミステリーとしてレッド・ヘリングになるということはあまりなかったです。
…なんですが、あんまり演技の変わらない人だなあと…。え、ハム役者だなんて言ってないですよ。ケヴィン・ウェイトリーさんはこれでいいのです。(キリッ

ロンドン警視庁から来た刑事がチンピラすぎて笑いました。
柄は悪いわ態度は悪いわうさんくさいわで、役者さんたち楽しそう(笑)。
アメリカや日本の刑事ドラマではチンピラくさい警官はよく出てくるように思いますが、イギリスの警官は基本丸腰だということもあって、無能という意味でダメ警官でも、カネに汚いとか平気で人を撃つとかそういう意味でダメ警官というのはめずらしい気がしました。自分が見ているドラマの絶対数がかなり少ないので、「や、イギリスの刑事ドラマでもこの手のダメ警官、けっこう出てますよ」というご意見もあろうかと思いますが。

物語冒頭から、ジェントリーは周到に練られた罠によって汚職疑惑をかけられるのですが、実際の所、いったい誰が黒幕だったのかよくわかりませんでした。
最初に殺された制服警官の部分もそうですが、わざと言い落としているというよりは説明不足で、全体的に脚本が荒いように思います。
1960年代後半で銃で殺されて自殺か他殺か判別つかない、というのは鑑識の精度としてどうなんでしょう。ここも裏工作があったということなのでしょうか。これがアメリカのドラマだったら、警官が殺されると仲間意識が強いので、草の根分けても犯人突き止める!みたいな展開になることが多いのですが、ドライでした。

おまけに関係者と思われる人物が全員死んじゃって、それもジェントリーとバッカスの銃から発射された弾が死体にぼこぼこ残っているわけですよね。
この後がとても心配です。
ジェントリーとバッカスも仲良く撃たれたものの、急所は外れたということでよろしいんですよね? あのあと死んじゃったとか言わないでー!!

しかし、大けがしてほとんど寝てないあのどさくさに、女性をナンパすることを怠らないジェントリーさんは立派だと思いました。(真顔)

こんなところで終わったらこれまでの渋い路線になんとなくギャグ臭を漂わせて終わってしまうことになるので、せめてもう1シーズン、続いてほしいです。(そんな理由かよ)
[PR]
by n_umigame | 2013-01-03 17:35 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/17557186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カクテキ at 2013-01-04 10:38 x
続いて欲しいと思いつつ、生き残った二人への嫌疑を考えると無理のような気もします。
でも、あんなでっちあげ捜査ができていたのですから女性弁護士が一声あげてくれればなんとかなってしまいそうな気もします。
バッカスが元気でいてくれるなら、たとえ会えなくても私は平気だよ…とへんてこりんな感傷に浸ってしまいました(笑)。
ルイス警部の人、殺し屋なんてミスキャストですよね。
銃持って駆けずり回る姿なんて見たくないです。
「ハサウェイ、止めろよっ!」とつっこみ待ちだったのでしょうか(違っ!)
私も銃の登場は違和感覚えました。
汚職はあったでしょうが、そのためにドンパチが出てくるのはちょっと…?です。
前のエピソードで「人を殺した」と泣くバッカスはやはりロンドン警視庁にはなじめないだろうなと思いましたよ。
Commented by n_umigame at 2013-01-04 21:56
>カクテキさま
ですよねー…シーズン6の制作は決定しているようですが、これどうやって続けるんだろうという心配もあり…さっぱり「あれはなかったことに」くらいのいきおいでシーズン6は始まるかもしれませんが…。
わたしも最近、「ばっかす…(だんだん、ちょっとは)立派になって…」と親戚のおばちゃんみたいな心境になってきています(笑)。

ケヴィン・ウェイトリーさん、やっぱりちょっと役から浮いてました…よ…ね? ;;
イギリスのドラマであんなバンバン撃ち合いってちょっとびっくりしました。
ハサウェイが止めてくれないからルイスが暴走するんですよね!そうですよ。
バッカスはロンドンに行きたがっているようですが、生き馬の目を抜くようなあんなチンピラ刑事に混じってうまく立ち回っていけるのか、わたしも疑問です。