*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『小鬼の市』ヘレン・マクロイ著/駒月雅子訳(創元推理文庫)東京創元社


カリブ海の島国サンタ・テレサに流れついた不敵な男性フィリップ・スタークは、アメリカの通信社の支局長ハロランの死に乗じて、まんまとその後釜にすわった。着任早々、本社の命を受けてハロランの死をめぐる不審な状況を調べ始めたスタークは、死者が残した手がかりを追いかけるうち、さらなる死体と遭遇することになる──『ひとりで歩く女』のウリサール署長とウィリング博士、マクロイが創造した二大探偵が共演する異色の快作。解説=福井健太
(出版社HP)



これまで読んだマクロイの作品が、本格ミステリの性格が強いものやオカルティックな作風のものばかりだったので、正直ちょっと面食らいました。
発表年は1943年。
なるほどなあ…という感じではあります。

以下、読み終わった方向けの完全ネタバレですので、ご注意ください。

















解説にもありましたが、『シャレード』や『北北西に進路を取れ』みたいな、ヒッチコックのサスペンス映画のようでした。
戦時中のお話で、スペイン内戦のことなどはわたくしは教養程度の知識すら乏しく、その辺りのことを知っているともっと楽しめたのかもしれません。

あえてジャンル分けするとすればスパイ小説ということになるのかもしれませんが、犯人を解明する部分は論理的で本格ミステリっぽいものの、やはり「うん、マクロイさん、ナイス・トライ。」というのが率直な感想です。
「板についていない」感じが読んでいる方がちょっと気恥ずかしいのですよ(笑)。

あと、帯や解説が絶賛ネタバレですね(笑)。
ウィリングがなかなか出てこないので、途中から「まさかと思うけど、これ…」と思いつつ読んでいたらそうでした。
先行するイメージがあったので既訳を全部読んでいる読者にとってはそれが叙述トリックとして機能しつつ、「マクロイさんはベイジル・ウィリングというキャラクターをどうしたかったのか」と読後全身でツッコミました。

「板についてない」感じがするのは、このウィリングのキャラクターのせいもあるかもしれません。
キャラクターにぶれがあるように感じて、ずっと違和感がぬぐえないんですよ。
人間は複雑な生き物ですからあまり類型的なのもどうかと思いますが、純文学ならざるエンタテインメントのキャラクターですから、ざっくりとでもいいので、決めてほしい。
理系にするのか文系にするのか。体育会系にするのか文化会系にするのか。文武両道のキャラクターもいますが、やはり「どれかと言うとこれ」というイメージを決めてもらえる方が読者はすんなり受け入れやすいです。
器用貧乏という言葉もあるように、八方美人は誰の友達でもないように、教養があってスポーツ万能で美形でスタイルが良くて…みたいなキャラクターが魅力的とは限りません。
短所は長所の裏返しでもあるので、そこをいかに魅力的に見せるかが作家(やあらゆるクリエーター)の腕の見せ所なんじゃないかと思います。
例えば、シャーロック・ホームズがあんな欠落したところの多いキャラクターでなければ、今に至るまでこんなに人気があったかどうか。

エラリイ・クイーンがまさしく器用貧乏・八方美人的な意味で、キャラクターの造形失敗しちゃったんだなと常々思っている身としては、あまりその轍を踏まないでほしいです。
(クイーン・パパはあんなにステキなのにねえ…)(うるさいよ)
ただ、既訳作品を読んでいても、ウィリングってあんまり個性がないキャラクターだなと思っていたので、自分が知らなかっただけで、すでにしてそうだったのかもしれません。

でもやっぱりマクロイが好きなので、新刊が出たら絶対読みます!
ウィリングの次作も今回みたいなやんちゃウィリングみたいですが、付き合うよ、やんちゃウィリングに。
どこまで行くのか見届けるよ、とりあえずギセラさんと出会うまでは!

巻末の著書リストを見ると未訳の作品がまだ20作近くあるようなので、今後もコンスタントに邦訳が刊行されることを期待しております。
[PR]
by n_umigame | 2013-02-04 20:29 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/17760816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。