*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『マダガスカル』シリーズOSTのオススメ


d0075857_21193574.jpg

元々ハンス・ジマーの楽曲のファンだったのですが、『マダガスカル』は最初そうとは知らず、久しぶりに買ったサントラでCDでした。
日本盤が出てなかったけどUS盤が安くあまぞんさんで買えるので気にしない。
日本ではサントラCDって売れないのでしょうかねえ。CD自体が売り上げが落ちてるでしょうが、このサントラは本当にいいですよ!


d0075857_21195434.jpg

左は「1」の裏面。
右が「2」、出ているCDも「2」です。すでにペンギンズの人気具合が伺えます。

「1」はエンディング・クレジットで監督たちが音楽についても熱く語っていたのが印象的でした。
エンディング・クレジットのトリの楽曲は、ペンギンズのテーマ曲"Whacked Out Conspiracy"でした。
最初クライムジャズをイメージして作曲を依頼して、最終的に古典的な探偵ものの音楽に落ち着いたとか。
ペンギンズってけっこうレトロなクールさで、海外の評を見ていて「1940年代のクライムものを想起する」という感想もみかけたのですが、納得でした。
マダガスカルのテーマ曲でもある"Zoosters Breakout"も好きな曲です。「2」以降はこの楽曲のアレンジがたくさん使われています。
短い曲ですが"The Foosa Attack"も好きです。このシーンはペンギンズ大活躍ですが、この曲から"Whacked Out Conspiracy"の流れがカッコイイ。

「2」のサントラは通しで流していても違和感のない一枚です。映画の方もですが、サントラもテンションが上がって密度が濃くなっていることがわかります。
残念なのはけっこう収録されていない曲があることです。
ペンギンズが飛行機を不時着させるシーンの曲などが入っていません。ここの曲も好きなのですが~。

d0075857_21201085.jpg

「3」のライナーノーツ。ここでもペンギンズの写真。おそろいのシルクハットと赤い蝶ネクタイ、かわいいですよねvvv
「3」は全体的にアレンジとマッシュアップで構成されていて、サウンドトラック、という感じの一枚です。
"Rescue Stefano"~ケイティ・ペリーの"Firework"の流れは映画のクライマックスシーンのコンボなので、何度聞いても鳥肌が。

日本の音楽CDと比べてもリーズナブルなお値段(現在どれも1000円前後)なので、お得だと思います。
ファンの方には絶対オススメです。
[PR]
by n_umigame | 2013-03-21 21:59 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/18395201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。