『予期せぬ結末 1: ミッドナイトブルー』ジョン・コリア著/植草昌実ほか訳/井上雅彦編


(扶桑社ミステリー)扶桑社

意想外の設定と冴え渡るラストのひねり。
稀代のアンソロジスト・井上雅彦が贈る、海外異色作家短篇シリーズ、ついに始動!

第一巻では、異才ジョン・コリアの傑作集をお届けする。
皮肉な笑いと綺想あふれる作風で知られる名手の短篇から、未訳作と個人集未収録作を中心にセレクト。
犯罪者に待ち受ける意外な陥穽を描く表題作ほか、美食ミステリーのパロディ作「完全犯罪」、天使と
悪魔が恋の駆け引きを繰りひろげる「恋人たちの夜」など、犯罪と恋愛をめぐる珠玉の16篇を収録! 〈解説・植草昌実〉

収録短篇
「またのお越しを」植草昌実訳
「ミッドナイト・ブルー」田口俊樹訳
「黒い犬」植草昌実訳
「不信」植草昌実訳
「よからぬ閃き」植草昌実訳
「大いなる可能性」田村義進訳
「つい先ほど、すぐそばで」植草昌実訳
「完全犯罪」小鷹信光訳
「ボタンの謎」植草昌実訳
「メアリー」田村義進訳
「眠れる美女」山本光伸訳
「多言無用」伊藤典夫訳
「蛙のプリンス」田口俊樹訳
「木鼠の目は輝く」植草昌実訳
「恋人たちの夜」伊藤典夫訳
「夜、青春、パリそして月」伊藤典夫訳
(Amazon.jp)



早川書房から刊行されていた「異色作家短篇集」のようなシリーズが扶桑社から刊行開始されました。
作品集を読むのはまだ2冊目なのですが、ジョン・コリアはおそらく、一読忘れがたいといった印象を読後に残すタイプの作家ではなく、ぼんやりと、何を読まされたのかわからないけれども、なんだか変な話だったなあ、という、夢を見たような感想を抱く作家なんだなと思いました。

読み手である自分が、この手のお話に最近スレてきているということもあり、あまり「すっごいおもしろいもの読んだ!」という感動は起きませんでした。すみません。

ですので、各物語に配された前口上は要るのかしら、と思ってしまいました。
そこまで盛り上げるほどドラマティックな展開になるお話でもなければ、また、それが持ち味の作家でもないように思いましたので。
収録作の『眠れる美女』のように、場末の怪しげな見世物小屋の呼び込みの雰囲気を出すには相乗効果を上げていると思いますが、途中から前口上を読んでから本編を読むとなんだか萎えるような気持ちになってきてしまったため、前口上は読まなくなりました。これもすみません。

こういった短篇集が新たに刊行されるという企画は大歓迎ですので、続編に期待いたします。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/18995815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 縁側昼寝犬 at 2013-07-01 01:03 x
 そのご本は、4月に行われた翻訳ミステリーシンジケートのイベント「各社対抗ビブリオバトル」で扶桑社の編集者さんが出してました。前日夜、「明日、ビブリオバトルがあってね」と営業さんに言ったら、「お、はっぴ、着ていく? 着ていくよね」と言われて借りた、という社名入りのはっぴを着て、「うちはハヤカワさんや創元さんが版権を取った後の落穂拾いをしている」「前任者が30本くらい版権取って、異動した」とか言って会場から大爆笑されてました。
 ということで、まだまだ扶桑社からは短編集が出そうです。
Commented by n_umigame at 2013-07-01 19:53
>縁側昼寝犬さま
そうなんですよ、このシリーズ続刊が決定しているそうです。
ハヤカワの異色作家短篇集みたいな作家のラインナップでした。
文庫で手軽でいいと思っていたのですが、やはり早川さんや東京創元さんにめぼしいところは先にかっさらわれていた、ということなんですね…^^;
でもめげずにその30本を頑張って刊行していただきたいです!
by n_umigame | 2013-06-17 16:59 | | Trackback | Comments(2)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧