「ほっ」と。キャンペーン

『トラウマ恋愛映画入門』町山智浩著(集英社)

激しい愛、ヒドい愛、みにくい愛、恥ずかしい愛。そして素晴らしい愛。人生で経験するすべての愛がここにある。
心に爪痕を残す、決して忘れることのできない恋愛映画の極意を、貴方だけに伝授します。

オクテのオタク男はサセ子の過去を許せるか?★『チェイシング・エイミー』
ウディ・アレンは自分を愛しすぎて愛を失った★『アニー・ホール』Annie Hall★020
忘却装置で辛い恋を忘れたら幸福か?★『エターナル・サンシャイン』
愛を隠して世界を救いそこなった執事★『日の名残り』
女たらしは愛を知らない点で童貞と同じである★『アルフィー』
恋するグレアム・グリーンは神をも畏れぬ★『ことの終わり』
ヒッチコックはなぜ金髪美女を殺すのか?★『めまい』
愛は本当に美醜を超えるか?★『パッション・ダモーレ』
嫉妬は恋から生まれ、愛を殺す★『ジェラシー』
トリュフォーも恋愛のアマチュアだった★『隣の女』
不倫とは過ぎ去る青春にしがみつくことである★『リトル・チルドレン』
セックスとは二人以外の世界を忘れることである★『ラストタンゴ・イン・パリ』
完璧な恋人は、NOと言わない男である★『愛のコリーダ』
愛は勝ってはいけない諜報戦である★『ラスト、コーション』
幸福とは現実から目をそらし続けることである★『幸福』
最大のホラーは男と女の間にある★『赤い影』
キューブリック最期の言葉はFUCKである★『アイズ ワイド シャット』
結婚は愛のゴールでなく始まりである★『ブルーバレンタイン』
恋におちるのはいつも不意打ちである★『逢びき』
フェリーニのジュリエッタ三部作は夫婦漫才である★『道』
認知症の妻に捧げる不実な夫の自己犠牲★『アウェイ・フロム・ハー』
苦痛のない愛はないが愛のない人生は無である★『永遠の愛に生きて』

恋愛映画にちっとも興味が無い人のためのホラーより怖くてコメディより笑えてミステリーより謎でAVよりエロくてアクションより勇気が出る恋愛映画地獄めぐり!
(Amazon.jp)


『トラウマ映画館』 に続く、恋愛映画篇。
引用が続いて申し訳ないですが、この本のスタンスがよくわかるので、前書き「恋愛オンチのために」より引用します。

 人は何かを学ぶために練習する。失敗して学んでいく。しかし、人生そのものは何度も「練習」することはできない。それぞれが本番だから。人を愛することだってそうだ。何しろ相手がいることだし。
 実際、大部分の人にとって、ほんとうに深い恋愛体験は人生に二、三回だろう。たしかに何十もの恋愛経験を重ねる人もいるが、その場合、その人の人生も、相手の人生も傷つけずにはいない。そもそも、恋愛において、そんなに数をこなすのは何も学んでいない証拠だ。トルストイもこう言っている。
「多くの女性を愛した人間よりも、たった一人の女性を愛した人間のほうが、はるかに深く女性というものを知っている」
 恋愛経験はなるべく少ない方がいい。でも、練習できないなんて厳しすぎる?
 だから、人は小説を読み、映画を観る。予行演習として。
 もちろん、映画や小説には、恋愛のロマンティックな部分だけを見せるエンターテインメントもある。それは甘いだけのお菓子と同じで栄養がない。たまにはいいけどね。
(p.10-11)



 というわけで、「ロマンティック(なだけ)ではない恋愛映画」のついてのエッセイ集です。
『トラウマ映画館』はタイトル通り、一見トラウマになること間違いなしという怖い怖い映画についてのエッセイ集でした。
今回の本は、取りあげられている作品自体はそんなに怖い映画ばかりというわけではないのに、またしても読んでいる間中怖くて怖くて途中でやめることができませんでした。少しずつ読むことにしたのですが、寝る前に読むんじゃなかったです。

この中で観たことがあるのは『エターナル・サンシャイン』と『日の名残り』だけです。
『エターナル・サンシャイン』はジム・キャリーが主演と聞いていたのに、自分が持っていたイメージと全然違う、暗く寂しそうなキャラクターだったせいか、登場しているのに、しばらくジム・キャリーと気づかなかった記憶があります。監督のミッシェル・ゴンドリーは、ジム・キャリーが別の映画の撮影中にふと見せた暗い孤独な顔を見、あれこそが彼の素顔だと思い出演をオファーしたそうです。

未見の作品は、今回も、見たいけど見たくないという気持ちがぐるぐる渦巻きますが、中でも気になったのが『赤い影』と『アルフィー』、それから『めまい』。

『アルフィー』ってイギリスらしい皮肉の効いたコメディ映画だと思っていましたが、町山智浩さんの手にかかると、すごく怖い映画なような気になります。ジュード・ロウ主演でリメイクされていましたね。(こちらも未見なのですが)

『赤い影』は、あらすじだけ聞いていると、サスペンスのようなホラーのような、そんな筋立てなのですが、実際に観たら「何を見せられたんだろう」というような迷子になったような気持ちになるタイプの映画のようです。(系統としては…そうですね、『ウィッカーマン』(リメイクじゃない方)のような…想像ですが。)これも見てみたいですが、個人的になぜだかすごく怖い俳優としてすり込まれているドナルド・サザーランドが出ていて、やっぱり躊躇します(笑)。心身ともに何を見ても平気でいられるときにでもチャレンジしたいと思います。

『めまい』は、ヒッチコック作品のファンでもある漫画家の坂田靖子さんが、「ヒッチコック作品の中でもいっとービョーキがひどくて好き」と書いてらっしゃったのですが、このエッセイを読んで納得しました。
しかも「アメリカの良心」と呼ばれたという、現在で言えばヒュー・ジャックマンみたいにカッコイイくせにいい人すぎて泣ける俳優さんである(※個人の感想です)ジェームズ・スチュアートに、こんな役をさせるなんて、ヒッチコックってほんとうに、アタマおかしい。(褒めてます)


紹介された作品は、いずれも非常に「作り手の個人の影」が色濃く作品に落ちた映画のようです。映画のようにチームで制作する創造物になぜ個人の影が落ちるのか、ずっと謎で、今もその謎は解けていないのですが、やはりどうもそういうことがあるようです。

そのためか、読んだ方の感想を少し拝見しましたが、どの作品・エッセイにどういう感想を残しているかで、読者の方のあれこれも透けて見えるような気がします。
同じ映画を観ても、どこをおもしろいと感じるかはほんとうに人それぞれですが、この本で紹介されているような映画の場合は特に、うっかり感想を言ってしまうこと、あるいはその感想に共感を示してしまうことで、その人の抱えている問題も赤裸々になってしまうということがあるように思います。
おそろしいエッセイです。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/19670519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by n_umigame | 2013-09-17 21:27 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧