*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

字幕版・映画版ペンギンズ"The Penguins of Madagascar"公式トレーラー


 ペンギンズはアニメ映画ですので、基本的にやさしい単語でゆっくり目に話していると思うのですが、英語ヒアリング難民にとって字幕があるととってもありがたいです。

 こちらの英語・フランス語字幕つきトレーラーは、Twitterのフォロワーさんから教えていただいたものです。改めてありがとうございます!




 憚りながら、自分のメモ代わりに訳してみました。
 無断翻訳ですので、注意されたら取り下げます。

 以下拙訳ですが、おかしなところや誤訳もあるかと思います。お気づきの点があればこっそり教えてやってくださいませ^^
(すでにTwitterに投下した方、ぼろぼろ勘違いやら誤訳やらやらかしてました…申しわけありません)


 長くなりますので、たたみます。










 ※上記の字幕を参考にしていますが、一部文法的におかしいと思ったところなどは訂正しています。ご了承ください。


ナレーション:When the world need saving, it will take the most elite team on Earth.
Skipper, Kowalski, Rico, and Private.

世界に救助が必要なとき、世界で最も優秀な精鋭部隊が必要だ。
(それは)隊長、コワルスキー、リコ、新人である。


隊長:We're the elitest of the elite. Up high! Oh, hey now!
Okay, boys, this is it. The mission we've been preparing for our entire lives.

隊長:われわれは精鋭中の精鋭だ。ハイタッチ! おい、こらこら。
いいかみんな、ついにこのときが来た。われわれ全員の人生(命)をかける覚悟が必要なミッションだ。


Classified:Remain calm, penguins. You are now under the protection of the North Wind.

Classified:落ち着くがいい、ペンギンたち。きみたちは今やノース・ウィンドの保護下にあるのだ。


隊長:Private, dibble me.We're not going anywhere with you. We don't even know who the heck you are.
C:The North Wind is an elite undercover inter-species...
An elite undercover inter-species...task force.
Dedicated to ... help... helping ...Dedicated to...Dedicated to helping animals who can't help themselves.
Whoo!

隊長:新人、dibbleだ。
われわれはおまえとどこにも行くつもりはない。おまえが一体誰だかすら知らないんだぞ。
C:ノース・ウィンドとは、異種間の機密を扱うエリート… 異種間の機密を扱うエリートの特殊部隊で…身を…たす…助けるために…身を…身を、自らを救うことのできない動物たちを助けるために捧げている!
ううううう!


コワルスキー:Skipper, we've got to be five miles up. That pretty limits our options.
隊長:I make my own options.

コワルスキー:Brilliant move, Skipper. But now we seem to be outside the plane.
隊長:I'm kindda got caught up in the moment. Well, hindsight's 20/20.
新人:Oh, why don't we catch that plane.

コ・パイロット:Bird strike! Log it.

コワルスキー:隊長、すでに高度5マイル(8047m)に到達しました。われわれの作戦のまさに限界です。
隊長:わたしはわたしの作戦で行く。

コワルスキー:すばらしい手段です、隊長。しかし飛行機の外に出てしまったように思えますが。
隊長:いわば調子に乗ってしまったんだ。まあ、後悔先にたたずだ。
新人:あ、あの飛行機に乗せてもらえばどうです?

コパイロット:バードストライクだ。(航空)日誌につけとけ。


隊長:Now we're talking. Let's get to work.
コワルスキー:400 meters. 300 meters.
隊長:Speak American, Kowalski.(※2)
コワルスキー:Sorry, sir. 218 yards.

隊長:そうこなくっちゃな。仕事にかかれ。
コワルスキー:(高度)400メートル。300メートル。
隊長:わかるように話せ、コワルスキー。
コワルスキー:申しわけありません。218ヤード。


S:Okay then. It's clear what we need to do next.
K:That's feels right.

隊長:よしと。じゃあ次にわれわれがすべきことははっきりしているな。
ぼよんぼよん
コワルスキー:しっくりくる!


※2:上記の字幕ではThink American, Kowalski.(アメリカ人のことを考えろ)となっているのですが、Speakと聞こえること、前後の流れ、ペンギンズはたぶんアメリカ人(笑)なことから、Speakとしました。



[PR]
by n_umigame | 2014-06-15 19:59 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/20812655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。