*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ゲルマニア』ハラルト・ギルバース著/酒寄進一訳(集英社文庫)集英社

 1944年ベルリン。ユダヤ人の元敏腕刑事オッペンハイマーは突然ナチス親衛隊に連行され、女性の猟奇殺人事件の捜査を命じられる。断れば即ち死、だがもし事件を解決したとしても命の保証はない。これは賭けだ。彼は決意を胸に、捜査へ乗り出した…。連日の空襲、ナチの恐怖政治。すべてが異常なこの街で、オッペンハイマーは生き延びる道を見つけられるのか?ドイツ推理作家協会賞新人賞受賞作。
(Amazon.jpより)



 Twitterに流れて来て気になったので、読んでみました。
 「買った」というツイートは見かけるのに、感想をツイートしている人をあまりお見かけしないな…と思っていたら、納得の読後感(笑)。

 読みやすいのですが、読後、良い意味でも悪い意味でもあまり何も残らない。そんなあっさり味でした。

 以下、ネタバレです。犯人も割っています。












 ナチ政権下のことをエンタテインメントで語るということが、ドイツでは非常に難しかったであろうということは、想像に難くありません。訳者のあとがきでも触れられていますが、ここ数年でやっとそういった作品が、ドイツでも増えてきているそうです。
 今、日本でこの作品の翻訳が出た意義は、やはりここなのかなと思いました。
 この作品で一番興味深く読めたのは、ミステリー部分でもキャラクターのドラマでもなく、このナチス政権下、第二次大戦時のベルリンの人々の様子だったからです。年端もゆかないヒットラーユーゲントの少年たちが主人公をこづき回すシーンや、強制収容所送りになる前に自殺してしまう人など、読んでいて暗澹たる気持ちになります。

 物語は、ナチス親衛隊(SS)大尉フォーグラーが、元殺人課の警部であるオッペンハイマーのところへ事件の捜査の依頼にやってくるところから始まります。名前からも伺えるように、オッペンハイマーはユダヤ人です。(「原爆の父」と同じファミリーネームですね)国外脱出を試みたこともあるのですが、出遅れてしまい、第二次大戦下のベルリンにとどまざるをえなくなってしまったのです。妻がいわゆる"アーリア人"だったため、強制収容所へ送られるのは目こぼしされていますが、戦況が悪化していく中、日々様々な迫害と差別に怯えながら、つらい生活を余儀なくされています。
 そういったユダヤ系の人々の苦悩や戦時下の生活の苦労などは、読んでいて改めてとても考えさせられましたし、ミステリー小説の仕掛けとしても、ほかの作品にはない緊張感を生んでいると思います。

 ただ、もったいないのは、この設定を生かし切れていないところです。

 例えば、SS大尉フォーグラーとオッペンハイマーが、イギリス軍の空爆によって地下に生き埋めになるシーンがあります。わたしだったら、ここでいろいろ立てますね、フラグ(笑)。敵同士って古今東西燃えるシチュエーションじゃないですか。友情でも愛情でも敬意でも敵意でも、いくらでもドラマを盛り上げる感情が使えそうですよね。
 そういうせっかくの美味しくなったであろうシーンなのに、フォーグラーとオッペンハイマーのキャラクターがぼんやりした味なため、盛り上がらないのですよ。個性が弱くてぶつからないのです。人と人がぶつからないところに、ドラマは生まれません。
 フォーグラーの方がオッペンハイマーよりひと世代以上は若いのだろうということはわかりますが、二人の年齢がまずわかりません。顔立ちとか背格好とか癖といった、キャラクターのイメージをつかむためのデータが圧倒的に足りないということもありますが、もっと言うと、そういうデータの有無をさっぴいても、魅力がないのですね。

 オッペンハイマーに至っては、クライマックスの尋問シーンでは容疑者を殺しそうになるとか、刑事として優秀だったのかどうかか、まず疑問。最後の方で「俺が真犯人を捕まえないと女性たちが次々犠牲になる」とか口では言ってますが、人間としての女性に敬意を払っているように見えない。捜査も、刑事魂に火がついたぜ!という感じではなく、SSに生殺与奪権を握られてるから仕方なくという印象の方が強い。そもそも、いちばん身近な女性である奥さんを大事にしているようにあまり見えないし、女癖が悪そうなところもマイナス点。戦争終わって自由の身になったら浮気しそう。
 フォーグラーも、SS内部で出世したいという野心はあるけど前線の方が好きだと言ってみたり、ユダヤ人に対して理解があるのかないのかも、よくわかりません。単純にナチス=悪玉の図式で描きたくなかったのかもしれませんが、それにしても薄っぺらい気がします。
 出は少ないですが、オッペンハイマーの助手をつとめてくれる、親衛隊情報部の隊員ギュットラーの方が魅力的です。若はげギュットラーくん可愛いです。


 ミステリーとしては連続猟奇殺人もので、娼婦に梅毒をうつされた男が女性に八つ当たりして殺して回るというお話です。切り裂きジャックですね。なので、「いまどき?」と思いました。コピーキャットというくらいなので、シリアルキラーものはそもそも似ています。

 語弊をおそれずに言うと、大量殺人を扱うエンタテインメントも、ある意味確信犯的コピーキャットです。
 ジャンル小説では先行作品へのオマージュやパロディも芸の内だと思っているので、切り裂きジャックがネタとしていかんと言っているのではありません。手垢のついたネタであればあるほど、いかに自分の作品として昇華させるか、そこを読者は見たいわけです。
 その点、この作品は、やはり弱いと思います。
 ミステリー小説の文法を、とてもまじめに守って書いている。そんな印象です。
 例えば、最後のどんでん返し(どんでん返ってませんが)も、ちょっと読み慣れた読者なら「真犯人こいつじゃないな」ってわかるわけです。それで主人公が単身乗り込んで危ない目に遭って助かって…と、定石を踏むのはいいのですが、上述したようにキャラクターに魅力がないので、そうですかそうですか、という感じで筋を追う楽しみしかなく、ドラマとして盛り上がらないのですね。
 とてもきちんとできあがっているのですが、セオリーどおり平均点を取ったテストの回答例のようでした。
 お行儀の良いまとまった作品よりも、ちょっとくらい破綻や矛盾があっても、この作家にしか書けないだろうな、この人の本おもしろい!と思わせる勢いがある作品の方が、わたしは好きです。
 特にデビュー作なのですから、多少荒削りでもその方が初々しくて良いと思います。

 続く気満々なので、キャラクターや時代背景の説明をしないで済む次回作以降、作品世界に厚みができて、豊かになっていることを期待しています。とりあえず次回作が出たら読んでみたいです。
[PR]
by n_umigame | 2015-07-11 18:18 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/21941278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。