*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

mt博2015@KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)

■mt EXPO 2015 at KIITO(カモ井公式サイト)

■マスキングテープの博覧会「mt博」、神戸で開催中「mt EXPO 2015 at KIITO」16日まで(神戸新聞)

まもなく閉会となりますが、カモ井のマスキングテープ博覧会「mt博」に行ってまいりました。
d0075857_10221638.jpg


場所はKIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)。 旧・神戸市立生糸検査所。神戸税関の道路をへだててお向かいにあります。
d0075857_1030732.jpg

KIITOは近代洋風建築の素敵な建物で、初めて入りました。(神戸税関は建物が美しいことで有名なのですが、こちらも入ったことがなく。税関も一度は入ってみたい。昔、祖父がここで何か仕事をしていたことがあったらしい。)

ご覧のように、ポップで可愛いマステでデザインされていました。入る前からわくわくします。


さてここで白状いたしますが、わたくし、完全にマステ、なめてました。

マスキングテープが好きで、自分ではけっこう持っている方だと思っていました。ですが、自分ごときが「好き」と言って良いほど好きではないということを、当日会場で思い知りましたね。
もう、心から、「すみませんでした」、と。

そのディープなお話は追々にすることとしまして、会場の様子です。
d0075857_1040162.jpg

会場入り口付近。

d0075857_10402071.jpg

入場案内。わかりにくいのですが、右下に小さく「入場まで2時間待ってネ❤」的なことがさらっと書いてありました。次からもっとでっかく書いてお願い。

d0075857_10423033.jpg

このような整理券番号シールを渡されるのですが、結局列に並んで待つのであった。
見ていると、番号が先なので、と通されている方もあったので、もしかしたら離席してもだいじょうぶだったのかもしれません。
はい、入場までに2時間待ちましたとも。

会場内の様子。

d0075857_10451878.jpg

8万個のマステのオブジェ。
吊すのたいへんだったろうなあ。
オブジェの向こうに霞んで見えている行列は、なんと、レジ待ちの列(の一部)です。自分が並ぶ頃には長蛇の列がドラゴンの列くらいになっていて、1時間50分並びました。またほぼ2時間やないかい。

d0075857_104842100.jpg


d0075857_10511358.jpg

仙台の七夕みたい。行ったことないけど。


d0075857_10515069.jpg

床にも一面マステ。


d0075857_10521960.jpg

クルマにもマステ。ミニ可愛い。


d0075857_10544853.jpg

日本各地、世界各国で開催されたmt博のポスター。このポスターを見ているだけでも楽しい。

以下、一部ご紹介。

d0075857_10561715.jpg


d0075857_10562759.jpg


d0075857_10563951.jpg


d0075857_10565590.jpg


d0075857_10571033.jpg


d0075857_1059221.jpg


このポスターの縮小版が、ガチャガチャの当たりくじでもらえるようになっていたようです。

当日は、カモ井製マステの即売会のほか、マステを使って缶バッジやノートを作れるワークショップやガチャガチャ、壁に貼れる新製品の紹介などもありました。

壁に貼って使う新製品。宇宙柄キレイ。
d0075857_1113093.jpg



当日の戦利品。これだけで3000円ほど。本当はおこづかい2000円までの予定だったのですが、やはりオーバーしてしまいました…。誘惑に負けた。これでもしぼりにしぼったのですけれども、神戸限定柄とか言われたら買うよね!買うよねーーー!!
d0075857_113647.jpg


しかし自分のお財布の口がゆるいことを棚に上げて申しますが、当日会場でお見かけした猛者の方々は、
こんなものではなかったのです((((;゚Д゚)))))))


ここから先は怖い話になりますので、心臓の弱い方はお帰りください。トイレに行きたい方は我慢せず先にすませてきてください。


そもそも来場者の気合いが違うことを、入場待ちで並んでいるときに知ることになりました。
列に並んでいる方と少しお話したのですが、岡山と滋賀からいらしたとか。ほかにも遠征組は多かったらしく、デザイナーさんやバイヤーさんも来場されているらしく、通訳付きで団体で来ている方も。

まあプロの方はさておくとして、わたくしを震え上がらせたのは、一般の方々ですよ。

まず、入るときお買い物かごを渡されます。
わたくしは上の写真程度なので、かごの底のすみっこの方にちょこんとかたまっている感じだったのですが、レジ待ちで並んでいる人の中にはかご2コ持ち3コ持ち当たり前、しかもそのカゴからマステ山盛りであふれているではありませんか。
わたしのコレだけ、たったこれっぽっちで3000円ほどなんですよ? いったいおいくらお買い上げされたのか、レジでお会計聞いているだけでスリル満点★ いやわたしのお財布じゃないし、みなさんきっとお金持ちなんで、わたしが心配することではないのでしょうが、でも、ねえまって。マステに2万3万当たり前て。カード買い当たり前て。

待ってる間にレジが2種類あることに気づいたのですが、なんと、量り売り専用のレジ台が。
マステ、量り売りで買うんだ…?
ここはお肉屋さんか。確かに、限定マステ「肉」てあったけど。あったけどーーー!!

しかし、この程度で驚いていてはいけなかったのです。

ガチャガチャのところまで列が近づいたときに見ていると、「混雑時には10回までにしてください」とかガチャ機に貼ってある。「そんなに何回も回す人いるの、ははは、すごいねー」とか思いつつ見ていたら、確かに1回2回でやめる人はほとんどおらず、みなさん最低でも10回は回しているのです。
震えながらさらに見ていると(恐ろしくて目が離せなくなってる)、1000円札を2枚両替して(2000円分)終わったと思ったらまた2枚両替して(さらに2000円分)、見ている間だけで40回(4000円分)はガチャったお嬢さん。しかもそのお嬢さん、すでに同じくらいガチャったあとだったようで、でっかい紙袋にぎゅう詰めになっている、中身を取り出したあとのガチャのカプセルがどえらいことになっていて(それ全部持って帰るんだ…?)、もう、
こんな顔(゚Д゚)で見つめるしかなかったです。

もちろん、ガチャった方々も、かご2個持ち3個持ち当たり前。
カートを引いている人もめずらしくない。
飛び石の祝日だったので、最初は遠方からの旅行ついでに来場されたのねくらいにしか思っていませんでしたが、ごめん、戦利品を収めて帰るためだったんだ。
それ、すっごく見慣れた風景。どこでとは言わんが。


***

というような、歴戦の猛者に混じって子犬のように震えながらレジ待ちしている間に、いろいろなことが見えてきました。
mt博やカモ井さん神!な方には不愉快な内容かと思われますので、ここでお帰りくださいませ。

いや、おまえの口の悪さは知っておる。という方のみ、以下からお入りください~。












まず、初日だったこともあるでしょうが、待ち時間ですね。
入場待ちは、会場内の混雑緩和のために仕方がないなと思いました。けれどもレジ待ち。
すでに何度も開催されていて、これだけ人気があるイベントだということは事前にある程度把握できているはずです。にも関わらず、レジ待ち2時間弱はないだろうと。これだけのキャパシティと動員数のある会場に、レジが5台しかありませんでした。先だって行った「マグリット展」のミュージアムショップは、この何十分の一くらいの列でしたが、そこが確かレジ4台でした。(商品のバリエーションはマグリット展の方がはるかに多いですが。こちらは言ってもマスキングテープとそれに類するものだけですからね…。)
今どきお金を払うお客さんを2時間待たせてクレームにならない商売ってめずらしいんじゃないかなと思います。某ランドやシーならいざ知らず。(あそこはそれも楽しむ覚悟で行くところですし)

デパートの催し物会場などでも長い列になることがありますが、さすがに客商売のお手本とされることも多いデパートでは、レジもとても機能的で合理的な配慮がされています。フロント(対面)と精算スタッフを分けていたり、列整理の専任スタッフがいたり。「平日はお客さんが少ないからレジを増やさない」という言い訳はデパートでも美術館でも成り立ちますから、やはりお客さんの捌き方は比べてしまいます。

わたくしは初参加だったので、mt博がどういうイベントなのかも知りませんでした。「博覧会」と言うくらいだから展示と、即売会があるのだろうなという程度の認識しかありませんでした。
で、2時間待って、やっと入れる、というときに、男性がかごを渡してくれたのですが、”お待たせしました”のひとこともなく、かごを渡されてどうしたらいいのかとまどっていると、言われた一言が「まっすぐ。」。まっすぐ会場を進めということらしいですが、ほかに言い方あるやろと。
しかも、たまたま前の方がその方のお知り合いだったらしくて、その人とおしゃべりするのに気を取られていて、いかにも面倒くさそうでした。
さすがに感じ悪い接遇だなと思いましたね。服装から会場のマネジメントの責任者の方だろうと思いますが、マネジメントの問題が(あとから思えば)にじみ出ている印象でした。

おそらく、駅から徒歩20分というちょっと不便な場所でひっそり開催しても、黙っていても、来場者が上述したような贅沢なお金の使い方をしてくれることに慣れているのでしょう。イベントとしては面白かったのですが、商売としては殿様商売だなあと思ってしまいました。

フォローのために言うと、レジスタッフさんはとても感じが良かったです。ちゃんと「たいへんお待たせしました」と言ってくれました。仕事も速いし笑顔も素敵で、ここにきてやっと癒やされました(笑)。
ですので、運営、マネジメントの問題ですね。

マステ8万個の展示についても、気になることがありました。
当日は小さいお子さん連れの方もけっこう来場されていましたが、小さい子どもたちは当然、展示の中を歩いたり走ったり、マステを持ってぶらぶらさせたりといったことをしていました。大人でも中に入っている人がいました。そういう構造だし、それができちゃうのです。
また、確かに、そういう誘惑にかられるオブジェでもありました。
そこへスタッフさんたちが子どもたちに「入らないで!」と注意していたのですが、展示に入るな、触るなという注意書きが、壁際に貼ってあるB5かA4程度のモノクロの地味なものしかないのですよ。ワイヤーで手を切るかもしれないので危ない、とか、それだいじなことなんじゃないのですかと。
壁際は当日ご覧のような大行列で壁の注意書きを見ろと言われても、行列で暇もてあましてる人くらいしか見てなかったでしょうし、もし行列がなかったとしても、あのサイズと地味さでは、壁の注意書きには気がつかないでしょう。
これも管理の問題です。

mt博初心者だったので、その程度のことで文句を言うなと言われてしまえばそれまでですが、でしたら、殿様商売や安全管理の杜撰さに気づく前に帰れるようなレジシステムを、せめて考えてほしかったと思います。

また行きたいかと問われると、やっぱり、ちょっと考えちゃいます。
カモ井製のマステしかないわけだし(当たり前ですが)、マステを買うだけなら、さまざまなメーカーさんが出しているものを、通販でゆっくり選んで買うこともできますからね…。
マステ好きさん同志で会ってお話できたり、ワークショップやガチャなどのイベントにどうしても参加したい方、限定品がなんとしてでも欲しい方、そんな方向けのイベントなのだろうなというのが、感想まとめです。


~追記~
いろいろ見ていたら、なんと、転売目的でいわゆる”爆買い”する人がいるようですね。
そこまでしても欲しいという需要があるから転売屋がいるということなのでしょうが、知りたくなかった…。
落ち着こうよ…。
[PR]
by n_umigame | 2015-11-12 21:18 | 日々。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/22494879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。