*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ねこたん。』2 大橋つよし著(講談社コミックスマガジン)講談社

猫が昼寝したり、雑談したり、日向ぼっこしたり…あとたまに探偵したりする漫画です。
天然少女のカワイイ悩みって…? 所長、モデルになる…?? 基本ゴロゴロ、たまに探偵。ねこの探偵“ねこたん”がおかしな悩みをゆるっと解決します。『エレキング』の大橋つよし(ツヨシ改め)が描く、くすっと笑える不思議な日常物語。
(Amazon.jpより)


少年誌に移動されてから大橋節がややマイルドになったかな、と思っていた1巻でしたが、うっかりしたのか、計画通り(ニヤリ)なのか、2巻から大橋節が戻ってきています。
とは言っても、『けものへん』のように露悪趣味丸出しでファンもちょっと引いちゃった、などということはないので、安心してください。

なんだかんだでマンガは紙の本の方が読みやすいので、今回も紙の本で購入しました。(電書みたいにいいところでフリーズして「イーーーッ!!」ってなってしまうこともありませんし、バッテリの残量を気にする必要もありませんし。)
今回も、カバーをめくったところにあとがきがあって、ファンへのお得情報なども掲載されているので、やっぱり紙の本ならではの良さがあるのはいいな♪ と思いましたです。

ラーメン好きの女子高生の名前が「小池さん」だということがわかったり、1巻でも『ロッキー4』ネタがありましたが、小学生どころか若い人おいてけぼりだろというネタが平気で入ってくるところも相変わらずで、楽しいです。
シュールなネタもパワーアップしています。

1巻にひとつづつは入るのかな? というミステリーネタが、今回はシャーロック・ホームズのアレでひっくりかえりました。
ちょっと怖いネタ、ほろりとするネタも大橋節で健在です。
あと、大橋先生、バットマンお好きですね(笑)。

4コマ漫画で、特に何が起きるというわけでもないのに、何回でも読めて、まったりとこの世界にひたっていると気持ちが良い作品です。
あー、もっと大橋先生の新作が読みたい。
『アエラ』で連載されていた英語ネタ4コマもコミックスにまとめてくれないかしら。




[PR]
by n_umigame | 2015-12-20 18:35 | コミックス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/22684057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。