『世界の辺境とハードボイルド室町時代』高野秀行、清水克行著(集英社インターナショナル)


現代ソマリランドと室町日本は驚くほど似ていた!
世界観がばんばん覆される快感が味わえる、人気ノンフィクション作家と歴史家による"超時空"対談。
世界の辺境を知れば日本史の謎が、日本史を知れば世界の辺境の謎が解けてくる。

【小見出しより】
外国人がイスラム過激派に狙われる本当の理由 / ソマリアの内戦と応仁の乱 / 未来に向かってバックせよ! / 信長とイスラム主義 / 伊達政宗のイタい恋 / 江戸の茶屋の娘も、ミャンマーのスイカ売りの少女も本が好き / 独裁者は平和がお好き / 妖怪はウォッチできない / アフリカで日本の中古車が売れる知られざる理由 / 今生きている社会がすべてではない
(Amazon.jpより・書影も)
d0075857_16361727.jpg

いきなりですが、上の紹介文にあるような
「現代ソマリランドと室町日本は驚くほど似ていた!
世界観がばんばん覆される快感が味わえる」
という本ではないです。

どこかで見たようなタイトル(笑)と、『マッド・マックス』を連想するような山口晃さんの「奨堕不楽圖」に引かれて読んでみました。
対談本ですが、対談されているお二人の波長が合っていて、テンポが良くて楽しく、読みやすかったです。
お一方は、ノンフィクション作家の高野秀行さん。観光旅行などでは人がほとんど行けないような世界各地を訪れて、たくさん著作もある方ですが、実はわたくし、腰痛の本『腰痛探検家』しか読んだことがありません。
清水克行さんはNHKの「タイムスクープハンター」の監修もされていたという、中世史研究家で現役の大学の先生。こちらの方の本も未読です。


この本の誕生のきっかけは、柳下毅一郎さんがTwitter上でお二人の本の共通点を指摘されたからだそうです。帯にも「現代ソマリランドと室町日本、かぶりすぎ!」とありますし、タイトルもタイトルなのですが(私もこのタイトルに釣られましたし)、この本の主眼は「ソマリランドと室町時代、似てるねー!」「ほんとだすごいねー!」と言って盛り上がることではなく(それなら居酒屋でやってくださいという話です)、日本にいても「今」「ここ」以外の場所や時代にも思いを馳せてください、ということだと思います。

同じ時代を生きているけれども、日本以外の世界中の様々な国や人のものの見方、考え方。
同じ国に生まれたけれども、自分が生きている時代とは違う、とある時代の人々のものの見方、考え方。
自分に直接関係のない世界の情勢や、もう過ぎ去ってしまった、この世にいない人達のことも勉強することが大切なのは、自分の視野を広げて柔軟な思考力を養うこと、それに尽きるということが、この本からは伝わってきます。
それぞれに何か理由があったり、大した理由はなかったり(笑)しますが、それすらも、人間って全然考え方が違うこともあってすれ違うことも多いけど、逆に、所が変わっても時代がかわっても変わらないことは変わらないんだなと、にこにこしてしまうところもあります。
それをおもしろおかしく対談で語ってくださっていて、本当に爆笑した箇所も何カ所かありました。

それがたまたま、ソマリランドと室町時代だったということなのですが、ソマリランドにしても室町時代にしても、知識の対象として一般的な日本人の視野に入りにくい、エアポケットのような部分だと思うので、そこに光を当ててくださったことはありがたいと思います。わかりやすいですし。

本書の中で、高野秀行さんは、深刻な事実を重々しく伝えようとすると、その重々しさ、暗さだけで人は顔を背けてしまう。結局その問題や存在自体が丸ごと無視されてしまうので、そこに明るい面を見せて引き込むことも大事だと思うとおっしゃています。そういう意味では、笑いながらこの本を読んだ自分は、まんまとその策にはまったということですね。


本の内容については、雑学的にテーマがぽんぽんと飛んでいくので、興味を持たれる部分は人それぞれかと思います。

私の場合は、いちばん知りたかったのは、応仁の乱はなぜあんなに長い間続いたのかということでした。これは、足軽が戦争に参加するようになったこと、足軽が略奪部隊だったのではないかという説があることなどで、ある程度理解できるようにも思いました。足軽は、農村で食い詰めて兵隊にでもなるかとなった者が多くて、乱暴でなんら泥棒と変わることのない集団だったと。そんな集団がずっと都を荒らして回ると軍規は機能せず、いつまでたっても戦後処理ができませんよね。
これについては、表紙から『マッド・マックス』を連想したのも、あながち間違いではなかったです。

よく言われるあるあるネタに、京都の人が「前の戦争」と言うときは第二次世界大戦のことではなく応仁の乱を指すというものがあります。これは私もネタだと思っていた時期があるのですが、実際に年配の方に言われたことがあり、「ラピュタは本当にあったんだ!」みたいな気持ちになりました。
日本史上で京都が焼け野原になったのは応仁の乱以外にたえてなかったからですが、それだけ京都の人にとってはインパクトの強い戦争だったということでもあるのでしょう。

「外国人がイスラム過激派に狙われる本当の理由」なども、今などむしろ喫緊のテーマなのではないでしょうか。これも、なるほどなと思いました。
刀狩りや、徳川綱吉の功績なども、現在アメリカで銃の乱射事件で毎日のように人が犠牲になるニュースを見ていると、考えさせられることがあります。
刀狩りが失敗していたら、日本でも一般の家庭で銃器を所持しているのが当たり前の世の中だったかもしれません。綱吉も、どちらかというと暗君のイメージがあったのですが、これも新しい見方でした。

などなど、こうやって書くとテーマ自体は重いですが、それが楽しく読んですっとしみてくるように話してくださっています。

一つ、中世と言えばになりますが、「伊達政宗のイタい恋」のところで、清水先生が、大学で
「同性愛の話をすると学生は喜ぶんですよ、特に女の子が。」
っておっしゃってて、すみません先生すみませんってちょうあやまりました。私があやまることではないのですけれどもー!
あと先生、それ、一部の女の子だけだと思いますーーー!!

「同性愛には文化的な側面があって、男らしさや女らしさというものは歴史的に変化していくものなんだって学生にわかってもらうために、僕はこの話をする」と清水先生はおっしゃっています。


おすすめします。


[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/23307275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by n_umigame | 2016-07-20 00:07 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧