*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

E.クイーンのジュブナイル『見習い探偵ジュナの冒険』カヴァーイラスト、アップ!

d0075857_10554384.jpg
見習い探偵ジュナの冒険
幽霊屋敷と消えたオウム
エラリー・クイーン/作 マツリ/絵 中村佐千江/訳
ISBN 978-4-04-631588-5-C8297
定価(税込):734円
名探偵エラリー・クイーンの助手ジュナは、幽霊屋敷の調査を始めるが、女の子がいたり、オウムが消えたりと不可解な現象が続く。同じころ町で起こったにせ札事件も気になっていたが──!?
(画像・内容紹介とも、角川つばさ文庫公式サイトより)

誰、このイケメン。


というわけで、こちらの記事でもご紹介しましたように、クイーンが「エラリイ・クイーンJr」名義(貸し)で書いたジュブナイル、「ジュナの冒険シリーズ」が、角川つばさ文庫から刊行です。
同シリーズのほかの作品も出るのかどうかは、見ている限り、現時点では不明ですが、できれば全部出て欲しいですね。早川書房から出ていたものが今手に入りませんし。

いわゆる国名シリーズに登場しているジューナとは別のキャラクターですが、角川文庫から新訳で出た表紙がアレだし、角川さんだし(2回)、表紙、どうなる こと かしら…と そわそわ ドキドキしながら待っておりましたけれども、わりとおとなしいですね?(どうなってほしかったのか)

ジュナの冒険シリーズに出てくジューナって、昔のジュブナイルということもあって、いかにも当時の大人受けしそうな、折り目正しい、適度な冒険をする男の子、という感じなのですけれど、今回の表紙は、ええ感じにいちびり、じゃなくて、どちらかというと国名シリーズの頃のエラリイが子ども時代ってこんな感じ? っていう、小学生のとき下手したらいじめられませんでした? じゃなくて、やんちゃそうでいいですね。
(エラリイの青春時代は暗かったそうですけど、そらあんた国名シリーズのとき20代でもあのいちびりっぷりで、中2(物理)の頃どんなんだったか想像しただけでもう)

自分も小学校3~4年生のときには大人の文庫本読んでましたので、今でも早い子なら、一足飛びに大人の文庫本に手を出すと思いますが、まだまだそれは、という子どもたちにも、これをきっかけに 沼に クイーンを読む読者が一人でも増えてほしいですね。
クイーンのイベントやら拝見していると、そして人のことは言えませんが、失礼ながら、やはり読者やファンが高齢化してきているようですので、ここらでいっちょ、若さはじける読者層にも広がっていってほしいと思います。
あの国名シリーズのときのエラリイって、子どものころや、せいぜい中学生くらいまでにクイーンを読んだ人には「かっこいい」と見えたり、少なくともあんまりアレコレ気にならないようですので、若さゆえに何かが見えない状態での読書も、ある意味大事だと思います。
のめりこめる深さも全然違いますしね。








[PR]
by n_umigame | 2016-07-26 23:08 | *ellery queen* | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/23333247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。