*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ケルン市警オド』青池保子著(プリンセスコミックス)秋田書店

d0075857_15371703.jpg
活気あふれる中世の大都市・ケルンの治安を守る市警たち。その若きエース・オドは、後輩のフリートも憧れる仕事のデキる男だ。しかしお偉方から厄介払いで命じられた人探しが大事件に発展し…!?
「修道士ファルコ」の人気キャラ「兄弟オド」の治安役人時代の物語。
(出版社HP・画像はAmazon.jpより)



『修道士ファルコ』のスピンオフです。

「ファルコ」が『エルカサル-王城-』のスピンオフなのに、さらにスピンオフ。海外ドラマみたいなことになってきましたが、面白かったです。
青池保子さんの作品は安心して読めますね。
ほかの漫画家の方の絵を見ていると、やっぱり絵を描くって体力なんだよなあと思うこともあり、ファンとしては寂しい気持ちになることもあるのですが、青池さんは安定しているように思います。
と言ってもわたくし全然長年のファンではないので、20年、30年と読んでらっしゃるファンから見たらやっぱりさみしいよ~と感じてらっしゃるのかもしれませんけれど。

主人公は、リリエンタール修道院でのファルコの先輩に当たる、兄弟オド。
俗世では屈強の騎士だったファルコと組んで、腕っ節の強さと、謎があるとついつい推理してしまい、正義感の強いところを見せては「未熟者をおゆるしください」と懺悔しつつ、それを繰り返して読者を楽しませてくれていました。
今回は、そのオドがまだ出家する前にケルン市で警吏をしていたころのお話です。

なのですが、今回の疑惑の舞台は修道院。
なんだかんだ言って平和で、良き秩序が保たれているリリエンタール修道院とは違い、本当にまずい修道院でした。「汝、殺すなかれ」ガン無視です。怖いにもほどがある。閉鎖的で陰謀うずまく修道院と言うと、ちょっと『薔薇の名前』の修道院を連想してしまいます。
オドはリリエンタールでも医療を担当していますが、薬草の勉強をするきっかけになったのがこの事件なんだろうというエピソードもあって、この先、オドが出家するまでどうつながっていくのか、それも楽しみです。
ペトルス修道士はちゃんと罪をつぐなったら、またオドと再会してほしいです。
青池さんのマンガは犬がかわいいのもうれしい。

ところで、最近読んだドイツのミステリー『ミルク殺人と夏の憂鬱』を読んで、この本を青池保子さんがコミカライズしたら何倍も笑えるだろうなあと妄想していました。
いつか叶うといいなあ。




[PR]
by n_umigame | 2016-09-21 00:07 | コミックス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/23500956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。