*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『はたらく細胞』1~4巻 清水茜著(シリウスKC)講談社

d0075857_19023795.jpg
(画像はAmazon.jpより)

d0075857_19030784.jpg
白血球、赤血球、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞…etc.人間の細胞の数、およそ60兆個! 彼らは皆、体の中で休むことなく働いている! 体内に入ってきた細菌・ウィルス・異物には徹底抗戦! そこには細胞たちの知られざるドラマがあった!シリウス新人賞出身の清水茜が描く、細胞擬人化ファンタジー!
(公式サイトより・画像も)
■公式サイト(試し読みできます)→



4巻が出たので1巻から読み直していたら、しみじみハマり直しました。

ハマり直したのでネットで著者のインタビューを読んだりしました。

お若いのに(まだ22歳でいらっしゃるそうです)今どきめずらしくカラーもモノクロも全部アナログで描いてらっしゃると知り、Kindleで買ったのですが紙の本で買い直そうかとまで思っている始末です。アナログで描かれた原稿は見開きの効果などが電子書籍だと台無しになってしまうのですよね。あと書き込みが細かいので、Kindleだと文字がよく見えないところもありまして。
アナログの人のペンタッチって、やっぱり好きだなあいいなあと思いました。描き直しがきかないし、何というか、その漫画家さんの独特の色気みたいなものが伝わってくるように感じます。この漫画家さんも、ペンタッチがエロい。(絶賛してます)エロいぞ。(絶賛してますよ)

1巻から通しで読むと、3巻辺りからちょっとネタ的にも息切れぎみで、絵もやや描き込みが浅くなってきていて、このまま5巻に行くのはちょっと心配な面もなくはないですが、ずっとおもしろいです。
思わず爆笑してしまうところはやはり1~2巻に集中しているのですけれども。
「あーーーーーーーサッパリした」は何度読んでも笑ってしまいます。

著者の清水茜さんは、インタビュー記事などによると医療系がご専門だったわけではなく、元々高校生の妹さんが「生物」の授業がもっとわかりやすくておもしろいといいのに、と言ってアイデアを出されたところから始まったのだとか。それをマンガの専門学校の卒業制作(?)に出したところ、連載が決まったそうです。
読み切りバージョンでは話の展開上、白血球(好中球)さんが死んでしまうオチだったそうで(まあそうでしょうね…白血球の寿命は通常半日くらいだそうですし)、それを編集担当さんが、この白血球さんがいいのでメインキャラにしましょうと言ったので、メインになったそうです。
編集さん、GJ。
わたしもメインの白血球(好中球)U-1146さんが大好きですよ。仕事熱心すぎて回りからちょっと引かれてるけど、だがそこがいい。「1146」という番号は「良い白」との語呂合わせなのかな? クールで熱く、かっこいいですね。
免疫系ではキラーT細胞がまんま海兵隊で、それも笑いました。うん、軍隊似合う(笑)。

話の展開とか画面の見せ方が、かなり映画を見ている人なんじゃないかなと思わせるので、ハリウッド映画とギャグ漫画が好きな方には迷わずオススメいたします。

お若いのに『八甲田山』もお好きだそうで(わたしですらちゃんと見たことないよ)、4巻の「出血性ショック」回は、これ、そうかも…と思いました。寒いのがリアル(笑)。
…と笑っていますけれど、わたしこの「出血性ショック」回の赤血球ちゃんに不覚にも涙が出そうになりました。

特に医療の専門ではないということもあって(途中から医学監修がつくようになったようですが)、知識として間違っている部分もわりとあるようです。
素人目にも、うーん、これは一般の人に誤解を与えるような表現なので、もう少しこうだったらよかったのになと思う回もありました。
ですが、もしこれを読んで、笑って、人体や生物に興味を持つ小中学生がいたら、それで結果オーライなんじゃないかと思います。マンガに描かれていることを鵜呑みに信じる人はすでに科学者ではないですし、科学者にも向いていません。
理系の人材の前途が危ぶまれている日本で、マンガという日本らしいメディアがきっかけで、将来の有望な人材が育つきっかけになれば、それはもう大手柄なんじゃないでしょうか。こまけーことをぐちぐちと文句を言う前に、一歩踏み出すきっかけを作ってくれていると考えれば、功罪を考えれば「功」の方が大きければ、それでいいと思います。
と言っている自分はもう自他とも認める右脳派ですけれども。すまん。


しかし、改めて、自分の体を大事にしてあげようと思いました(笑)。
24時間365日休むことなく働いたり戦ってくれているのですものね。
赤血球ちゃんと好中球さんについ思い入れが強くなってしまうのは、ここ2年でもともとあった貧血が悪化していろいろと自分でも調べたりしたことと、治療の影響で好中球が健康な人の3分の1から9分の1以下になってしまった時期があり、体内で起きていることを考えるとほんとにやばかったんだなと、個人的な体験も通して思うことでありました。
これ、病院の待合室に置くといいですよ、ほんと(笑)。

しかし、4巻ではとうとう頭部に大けがをしてしまったこの細胞たちの世界=体の持ち主である人は、いったいふだんどういう生活を送っている人なんでしょうね(笑)。だいじにしてください。

5巻も楽しみです。
楽しみすぎて本誌のサイトを見に行ったら、今連載を再開する準備中みたいです。
待ってますー!!







[PR]
by n_umigame | 2016-12-26 00:02 | コミックス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/23740754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。