『批評理論入門 :『フランケンシュタイン』解剖講義』廣野由美子著(中公新書)中央公論新社

d0075857_16524865.jpg

批評理論についての書物は数多くあるが、読み方の実例をとおして、小説とは何かという問題に迫ったものは少ない。本書ではまず、「小説技法篇」で、小説はいかなるテクニックを使って書かれるのかを明示する。続いて「批評理論篇」では、有力な作品分析の方法論を平易に解説した。技法と理論の双方に通じることによって、作品理解はさらに深まるだろう。多様な問題を含んだ小説『フランケンシュタイン』に議論を絞った。
(Amazon.jpより・画像も)



メアリ・シェリーの『フランケンシュタイン』を例に取って、『フランケンシュタイン』とはどういった構造でどういったテクニックで書かれた小説かを分析した「小説技法篇」と、小説はどういう切り口で読むことが可能かという方法論で洗い出す「批評理論篇」の、二部構成になっています。

こうやって紹介すると無味乾燥なお勉強本のように聞こえるかも知れませんが、これがめっぽうおもしろい本で、読んでいる間わくわくどきどきしました。文学を専攻する大学生であれば、遅くとも2年生まで、できれば高校生くらいまでに読んでおきたかったと思う本でした。
でももちろん、大人になってから読んでもエキサイティングです。
(あんまりおもしろかったので、同じ著者の『嵐が丘』バージョンも買ってしまいました。『嵐が丘』はロマンス小説を読まない自分にとってのオールタイムベストのロマンス小説なのです。)

メアリ・シェリーの『フランケンシュタイン』は、当時流行したらしい手記(手紙)形式で書かれた小説だということもあって、最初はとっつきにくいですし、主人公のヴィクター・フランケンシュタインがひかえめに言ってもクズなので読んでてイライラしますが、少し読み進めるとぐいぐい読めておもしろいです。
ミステリー好きの方には、この手記という手法に、「信頼できない語り手」問題がすぐ頭をかすめると思いますが、この本でもその旨指摘されています。
未読の方はできれば『フランケンシュタイン』を先に読んでおくと、本書でフランケンシュタインのクズっぷりをクールにズバズバ斬っていく様に首がもげるかとおもうほど頷け、一粒で二度おいしい仕様となっています。


それにしても、メアリ・シェリーには何をどうすればこんなカスの主人公を創造できるのか、聞いてみたかったですね。狙ってできあがるキャラクターじゃないと思うんですよ。
メアリ・シェリー自身の人生も当時としては波瀾万丈のもので、16歳のときに妻子ある男性と恋に落ちてかけおちして、次々と妊娠しては子どもを亡くすという体験をしているそうで、この悲しくも暗い経験が『フランケンシュタイン』という作品にも深い影を落としていることは間違いないでしょう。
『フランケンシュタイン』は次々と悲惨な死に方で人が死んでいく物語で、希望も何も残らない、すがすがしいほどの悲劇的なお話です。
ヘミングウェイの『日はまた昇る』と、”読み終わったときに呆然とするほどすがすがしい悲劇度”で自分の中ではツートップです。


ベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが、ダブルキャストでヴィクター・フランケンシュタインと怪物を演じた、ナショナル・シアター・ライヴの『フランケンシュタイン』を、どちらも見たのですが、この舞台を見る前にこの本を読んでおければよかったです。
NTLの舞台の方は人気売れっ子俳優さんのダブルキャストということもあってか、ヴィクター・フランケンシュタインのクズっぷりがあまり目立たない演出になっていました。
どちらかというとフランケンシュタインと怪物の、同じ手の裏と表のような関係性にフォーカスされた舞台だったと思います。




[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/23752212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by n_umigame | 2016-12-31 23:33 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧