「ほっ」と。キャンペーン

シャーリイ・ジャクスン、2冊

『くじ』(異色作家短篇集/早川書房)を読んだのを機に、『たたり』(創元推理文庫)の感想も。

サイコキラーが手当たり次第に人を殺していく作品は、一種のファンタジーです。「そんな人が現実にいるわけない、いたとしても、そういう人は特殊な人で、精神的に健常な自分とは関係がない」という「別物」の安心感があるからこそ、読めるのだと思います。(某人食い博士が大活躍する一連のシリーズも、いったい今何作目なんだと思うようなホッケー仮面ジェイソンくんも、そういうことなのではないでしょうか。)
しかしシャーリイ・ジャクスンの作品に登場する人物は、「おまえにもあるだろう、こういうところが。近くにいるだろう、こういう人間が。ないとは言わせないよ。」と、非常にリアリティを感じる嫌悪感をもって迫ってきます。

これは、嫌ですよ…。

『くじ』の表題作は、その内容があまりにもショッキングだったため、発禁になった時代があったそうですが、発禁になったのは、オチがショッキングだったからとか、そういうことでは、きっと、ない。
この、「できればふさいでおきたい人間の中の臭いものの蓋」を、開けて見せてしまったから、ではないでしょうか。
もう一点、シャーリイ・ジャクスンのこわいところは、不幸を振り払うように光にしがみつく人間を、嘲笑うような結末へ誘うことです。(「光」と表現しましたが、これもたいていニセモノの光だったりします。)

『たたり』は、スティーブン・キングが、ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』と並んでホラーの傑作と絶賛したという作品で、ホラーの体裁を取ってはいますが、これもやはり、単なるホラーではありません。もう、主人公の姉夫婦とか、読んでいて胃が痛くなるような不愉快さ。嫌な人間を描かせると、この作家さん絶品です。

サラ・ウォーターズの『半身』や、アガサ・クリスティの『春にして君を離れ』(これも痛い…。)などを読んだときも感じましたが、男性作家はこうは描きませんね。山岸涼子さんにも、「自分で自分の人生を切り開かなかったツケ」が回ってくる女性主人公に対して、苛烈すぎると思うような突き放した作品がいろいろありますが、こういうのを読んでしまうと、やっぱり男性の方がロマンティストだし優しいんじゃないかなあと思ってしまいます。

今、嫌なことがあって、明日会社や学校に行きたくない…と思っているときには、絶対にオススメしません。しませんが、何でもイージー・ゴー・ハッピーじゃ世界は安直に過ぎるということもウェルカム!というファイトとガッツのあるときは、この絶品「嫌な味」をお楽しみ下さい。

ところで、



この早川書房の異色作家短篇集、最初はシオドア・スタージョンだけを購入する予定でした。ほかにもおいしそうな作家が綺羅星のごとくラインナップされていて、読みたかったものの、いいお値段だからです。
エラリイ・クイーンの『盤面の敵』を読んで以来、スタージョンの文章にころりとまいってしまい、ほかにも読みたい!と探したのですが、そのとき(ほんの数年前)は『人間以上』(旧装丁…こわいんですこれがまた。)しかなかったのです。『人間以上』は予想どおり、これはすごい作家を読まずにいたわと反省。そして早速本探しネット行脚に出かけましたが、文庫1冊が○万円とか、ものすごいことに。確かに、コアでディープなファンを引きつけそうな作家です。これも予想すべきでした。

しかし、求めよ、さらば、与えられん。

その後、わたしの祈りが天に通じたのか、市場価値と合致したのか、スタージョンはファン垂涎の既訳作品はほぼめぼしいところは再刊され、それどころか未訳だった『ヴィーナス・プラスX』も出たりして、わたしを幸せアリ地獄につきおとしてくれました。
(『ヴィーナス・プラスX』はル=グウィンの『闇の左手』と並ぶジェンダーSFの基本テキストと言われているそうです。『ヴィーナス・プラスX』の方が個人的には好きだなあ。「越えがたい差異が存在し、それでもなお、それを越えて結ばれたい、という欲求だけがエロスを生む」(@内田樹さん)のだとすれば、だから、リバーシブルの性というのは、エロスの起動装置として弱いから、ということがあるのかもしれません。)

スタージョンが出るまでの間に、ロアルド・ダールとフレドリック・ブラウンが出て、これを読み始めてしまったのが運の尽き。以来ほとんど全部読むはめに…だって、おもしろいんですもの。

このシリーズで知った作家さんで、リチャード・マシスン、ダフネ・デュ・モーリアなどもヒットでした。
[PR]
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/3519441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by n_umigame | 2006-08-06 23:53 | | Trackback | Comments(0)

Welcome. 本と好きなものがたり。


by n_umigame
プロフィールを見る
画像一覧