*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

黄金の脚のアスリート

新幹線の中で寝るの、気持ちいいですよね。
特に平日早朝のオヤジ列車、もとい、移動中のビジネスマンでいっぱいの車内は静かで快適です。
夜の場合はどいつもこいつも靴を脱いで脚を投げ出し、ビールをかっくらっていびきをかいているうえ、ときおり「うう、うう…」とうなされているような人もいて、これが1時間続いたら車掌さん呼んであげようと思ったりするので、あまり快適とは申せませんが。しかも、「あっ寝過ごした!うわー、「起こして」って頼んどけばよかったなあ!」て隣にたまたま座ったわたしはあんたの何だ。という人もいらっしゃいまして。
ふつうに公共マナーをわきまえておられるおじさまもいらっしゃいますが、宮沢章夫さんは、車内販売の女性に「おい、ビール!」とか言うビジネスマンを見て、車内販売の女性は台所にいる自分の妻か、だったら「半分自宅号」とでも呼べばどうだ、と書いてらっしゃいました。

「半分自宅号」もまああれですが、早朝のオヤジ列車の対極にあるのは、盆暮れの帰省ラッシュ時の車内です。

昨日は買った本を読もうと読み始めたものの、隣の隣の席の、ナイス・ガイ☆が、観察しているとおもしろくって、ちらちら横目で見てしまいました。

てけてけてけてけてーーーっと車内を博多方面へ走っていったかと思えば、今度は自分の座席を通り越して東京方面へ折り返し、んーゼッケン1番、順調ですね。そうですね。これはいい線ねらえますよ。
そしてやっと座って水分補給、寝るのかと思えば、自分よりひとまわりは巨大なぬいぐるみをはぐはぐかじりながら
「きゃっ♪きゃ♪きゃっ♪きゃ♪」
「うーうー、んふー!」
「まんまんまんままんまんままんまん(←以下エンドレス)」
「◯〓※*&∇Å♪♪(←表現不能だが何か歌(?)らしきもの)」
ご機嫌さんですね。
タオル地のぬいぐるみ、ずず黒くなってますね。きっと、大のお気に入りですね。
イルカかと思ったらネズミですね、それ。なんかシュールなぬいぐるみですね。
でも伴走のお母さんの方がもうバテてきてらっしゃいますよ。
ほら、お隣の、軍艦じゃんけんに夢中の小学生の姉弟連れのお父さんが、見かねてあなたをあやしてくれてますよ。
通ってきた道なんですね、お父さん。
それもあるけど見てておもしろすぎ? そうですね。わたしも思わず読書が止まってしまってます。
しかしちょっとくらいあやしたからって、この男の走りをもう誰にも止められませんよ。
とうとう、品川から京都まで、フル走行でしたね。
すんばらしいスタミナです、推定2歳未満のワンダフル・べいべー。
将来は黄金の脚のアスリートになっているかもしれません。
後世、畏るべし。
あなたが降りたあとは水を打ったように静かな車内でした。
d0075857_16324083.gif

[PR]
by n_umigame | 2006-08-13 16:00 | 日々。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/3567728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。