*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『リディック』(2004)

ジュディ・デンチが好きなので、あー出てるんだーとぼんやり見るともなしに見ました。(この人のセリフ回しにはいつもほれぼれ。)
ついでに、あーカール・アーバンも出てるんだーと途中で気が付きました。
『ピッチ・ブラック』(真っ暗)という作品の続編らしいです。

主人公は、5つの惑星から指名手配されているチョー凶悪な殺し屋ということになっているらしいのですが、何と申しますか、体は確かにむきむきですが、顔が人なっつっこそうな顔なので、あんまり凶悪そうに見えない上、けっこう情に脆いし動物好きだし、どこがアンチ・ヒーロー?という感じでした。
(ネタバレ→)流刑星の囚人たちをエサにしているケダモノを手名付けるところなんて、『風の谷のナウシカ』でも何か見たぞコレ。 という感じで。そう言えばむかーしのアニメ『コブラ』にも、(ネタバレ→)日が昇ると惑星の半分は灼熱地獄となり、即死。 というお話があったような。これもコブラが囚人を逃がす話じゃなかったかなあ。
悪役も、単純に悪役でした。「けっこう情にもろい殺し屋vs.単純な悪役」ではやはりお話としては限界が。どっちも「うわ、こいつ、アブねー……」というヤバさを感じさせてくれないのでした。

重量を感じる宇宙船とか、アクションシーンはそれなりに楽しめますが、物語は、オチが………。ええんかあんたらそれで。宇宙一邪悪な軍隊ならそこでぺこぺこしたらアカンがな根性見せたらんかい。という感じでした。(ネタバレ→)リディックの、偶然ボス椅子に座っちゃって、ふと気が付いたらみんな頭下げてて「え、何、俺? 俺次のボスっすか?」と言いたげな表情がますます、リディックのお人好しっぷりがだだ漏れでした。いやしかし、この人にサラリーマンは向かないだろう…。
[PR]
by n_umigame | 2006-09-09 23:49 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/3754510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。