*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ドクター・フー』第6話の 

ダーレクの「エイリアン・ファイル」@NHK海外ドラマHPの説明によりますと、
ドクターの最大の宿敵。遺伝子操作で憎悪以外のあらゆる感情を消されており、「抹殺せよ」と呪文のように繰り返す破壊魔。歴代のドクターも全員、このダーレクとの闘いを余儀なくされている。外側は、重装備のよろいになっており、中には、スカロ星の種族「カレド」が入っている。
実は構造上、今までは階段を登れなかったのが最大の弱点としてマニアの間ではジョークのネタになっていたが、今シリーズでは進化して浮遊できるように。その威力はますますパワーアップ!?

だそうです。
階段を登れなかったのか……今回は笑うとこないなーと思って見てましたが、あそこが、笑うとこだったんですね。
って、今回のシリーズから見始めたマニアじゃない人間にはわかりませんよ。

しかもあの中身のイカの塩辛は「カレド」とかいう種族だそうですが、じゃあ、ダーレクというのはなにを指すことばなんだ??
わかりました。『ドクター・フーオフィシャル・ガイド』を買えと。こういうことですね?
翻訳は『銀河ヒッチハイク・ガイド』の名翻訳者、安原和見さんですよ、もう買うしかないですか。確かに、どう考えても『銀河ヒッチハイク・ガイド』と、ファン、かぶってますよ。
[PR]
by n_umigame | 2006-10-15 01:49 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/4006662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。