*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『ドクター・フー』 第11話

今回は"BAD WOLF"という言葉の伏線が見え見えの回で、(今回以前にも子供がTARDISに落書きしてドクターに消しなさい、と叱られていたエピソードがありましたが)いよいよ次回でそれが何だったのか明らかになる(のであろう)という感じでした。

場を持たせようとしたのか、役者の契約上の問題か(13回つったら13回出番がないと困る、とか)、このエピソード、ほんとに必要? とちょっと思わざるをえない展開でございました…。

だって、マーガレットはおセンチだし、ローズとミッキーの痴話喧嘩は長くて、せっかくジャックも入れて4人になったかと思ったら別に大活躍するわけでもなし、ドクターとマーガレットの会話から、「正義の味方」は「正義」でありえるか、というなかなか核心的なテーマだとも思ったのですが、これも消化不良で。
…ま、クリストファー・エクルストンのコミカルな演技を楽しむ回だったということで。(あと、ウエールズの人にはけっこう笑えるところがあったのではないかと思われます)

次回は泣いちゃうかも。

↓以下、ネタバレ。



しかし、この、個体が物理的に維持できなくなると生まれ変わる、というのは、どっかで見たな…と思っていたら、『超人ロック』ですよ。
[PR]
by n_umigame | 2006-11-18 18:07 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/4204676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。