*さいはての西*

fwest.exblog.jp
ブログトップ

『名探偵モンク』 第7話

今回はおもしろかった!
プロットも脚本も良かったですし、ドラマの部分、トニー・シャルーブの細やかな演技(表情)などなど、全体的にバランスが良くて、文字通りテレビにかじりついて見てしまいました。

「食べてないじゃない」
「さっき食べたんだ。洗面所で」

…大笑い(笑)。

モンクにそっくりな潔癖性のモニカのご主人が、実は(以下ネタバレ反転)統合失調症 というのは、考えようによってはイタタと思いましたが…。(モンクは緻密な推理と謎解きが得意な古典ミステリの探偵タイプだと思うのですが、古典ミステリのいわゆる”名探偵”って、現在から見たら軽度の(あるいは重度の?)精神疾患だと診断されても不思議ではないのではないかと思われるキャラクター、けっこう多いですよね…。『アクロイドを殺したのは誰か』という本を読んでいて、そうだよなあ…としみじみと思ったことでもありましたが。)
どんでんがえしがちょっぴりご都合主義くさいけど、まあいいや(笑)。

それにしても、トゥルーディの役者さん、きれい……vvv 初めて初期のころのトゥルーディを正面から見ましたが。聡明そう、というのがまたいいですね。
そして、クローガー先生は毎回そんなに出が多いわけでもないのに、なぜ、こんなにいい味を残すのでしょうか(笑)。
[PR]
by n_umigame | 2006-11-18 18:22 | 映画・海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fwest.exblog.jp/tb/4204741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。